NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンMu6/ミューシックスレビュー SONY WH-1000XM3と比較 音質【クーポンあり】

ガジェット

ノイズキャンセリングヘッドフォン Mu6/ミューシックスは、クラウドファンディングサイトINDIEGOGO、Makuakで販売されていた話題のヘッドフォンです。ANC/アクディブノイズキャンセリングとアプリによるイコライザー調整、そしてワイヤレス充電機能とかなりの機能が低価格でありながら集約されて搭載されています。ノイズキャンセリングでワイヤレスヘッドフォンというとSONY WH-1000Xシリーズが思い浮かびますが、1/2に近い価格でどこまで本家に迫っているのでしょうか。なお、レビューにあたってはGenHighさんより製品を提供いただいています。

Mu6詳細情報 

年末商戦につき、3,000円OFF割引クーポン:N4QBDK2R(11月30日まで)


いろいろ相まって、どえらい安さに、、

BlackHouse限定の1,000円OFFの割引クーポン
コード:R5DA2OH9有効時間は2019年12月31日まで
現在、1,000円引きですが、さらに1,000円引きとなるクーポンコードをです!

色は、メダリオンブラウンとグラファイトグレーがあり、ソニーっぽい配色はグラファとグレーかな?

欲しい機能がてんこ盛りになったMu6/ミューシックス


高音質ハイブリッドノイキャン、Bluetooth5.0対応、ワイヤレス充電、アプリイコライザー調整と全部入りのワイヤレスヘッドホンというのが謳い文句の「Mu6」ミューシックス、さっそく開封していきましょう。

箱はかなり大きめでびっくり。マグネット吸着式の充電スタンドがかなりしっかりしており、これにセットした状態でパッケージされているため大ぶりな箱となっています。かなり中の梱包デザインにはこだわっていて、直接音質には関係ないものの好印象です。

パッケージ内容は、Mu6ワイヤレスヘッドフォン本体、充電スタンド用Micro-USB充電ケーブル、ヘッドフォン充電用USB-Cケーブル、収納バック、磁気ワイヤレス充電スタンドと日本語取扱説明書です。ワイヤレスヘッドフォンにありがちなアナログケーブル接続端子はなく、機器との接続はBluetoothのみとなります。


ベロア調の収納ポーチ付き。ちょっとB&O(バングアンドオルフセン)的なアクセントもついて全体に気が利いたパッケージングとなっています。

Mu6の音質 ANC/アクティブノイズキャンセリングとアプリ

Mu6を語る上でどうしても出てきてしまうのが、SONYのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォンのWH-XM1000Xシリーズでしょう。WH-1000XのM3、マーク3までバージョンアップしているANC搭載のワイヤレスヘッドフォンは、競合他社のベンチマーク対象となっている機種であることは間違えありません。Mu6もかなりWH-XM1000XとWH-H800を意識したデザインと機能になっています。

Mu6の重量は305g(実測310g)、WH-XM1000XM3は255gで50gほど重いですが、適度な重さでしょうか。すっごく重いとかそのように感じることはない、程よい重さです。

ノイズキャンセリング機能はヘッドフォン左にスイッチが付いており、ANCオン(LED赤)→トランスペアレンシー(LED青)→ANCオフ→〜 というようにモードが変わります。実際に試すと、低音側のゴーという音が綺麗にカットされるのがわかります。高音のサーというノイズは少し残ります。電車、飛行機などの乗車、搭乗にはもってこいの機能となっており、音楽再生をしない場合でもかなりきれいなノイズカットが期待できます。

トランスペアレンシーモードはヘッドホンユニット左右にあるマイクから外部音声を取り込みます。外の音をよく聞きたい場合はこのモードを利用すると車内アナウンスや周囲の会話を聞き取れます。

一時的に会話を聞く必要がある場合は、左側のユニットを手で覆うようにすると、音楽再生がミュートされ、マイクが効くようになり外の会話を取り込めます。手をはずすとノイズキャンセリング状態に戻ります。これは便利ですが、ジェスチャーも合わせて同様の機能がWH-XM1000XM3にも搭載されています。

イヤーカップは高級感のある高密度メモリーフォームを採用しているとのことで、かなり高いフィット感となっています。付け心地もよく安いヘッドフォンとは違います。WH-XM1000X3と遜色ないでしょう。音漏れもほぼなくいいと思います。

イヤーカップ内側(左のみ)に赤外線センサーが付いており、着脱を感知して音楽の再生を停止し、また装着すると再生が開始されます。これは便利ですね。

BlackHouse限定の1,000円OFFの割引クーポン
コード:R5DA2OH9
有効時間は2019年12月31日まで

ノイズキャンセリングで仕事に集中できる環境を手に入れよう

音楽再生をしない場合でも外音のノイズを除去できるので、静かに集中したいという場合にも有効です。ノイズのない環境を手に入れるということは、いまや情報が溢れる現在においては、お金で買ってもいい時代になっていると思います。

音楽を再生する機器を買うのは当然ですが、静かに過ごせるという快適さを手に入れることが可能です。ソニーに比べると価格が半分ということもありますが、ノイズキャンセリングされていると認識できる十分な性能でしょう。

音質はバランスが良く効きやすい音作りです。ただし低音は少し強めにブーストされているようですので、必要に応じてアプリ側から調整すればよいでしょう。アプリのイコライザーは曲によって変えてみましょう。

独自イコライザー設定やポピュラー、ロック、ジャズ、Hi-Fiの中からイコライザー設定が可能です。

「パーソナルEQ」機能を搭載しているとのことで、これは人それぞれの聴力を周波数別にテストした上で、Mu6が割り出した最適な音域イコライザーに設定できるようです。この機能はもう少しよく使ってみて追記します。

Mu6の充電スタンドは結構便利!

充電中はスタンド上部が青く呼吸をするようにひかり、演出がすてきです。

ワイヤレス充電スタンドはかなり頑丈な金属フレームで作られたオシャレな計上です。スタンドなのでヘッドフォンをそのままテーブルの上に置くと接地面積がかなり取るわけですが、充電スタンドであれば、カチッとマグネットで固定されてすぐ充電が開始されます。ケーブルの抜き差しの手間が省けるので、充電がかんたんです。直接USB Type-Cケーブルで、ヘッドホンに直接充電も可能ですが、スタンドが圧倒的に便利ですね。

ヘッドフォンの上部に端子とマグネットスタンドへの給電は、microUSBケーブルで行います。5V-1A出力以上のアダプターが必要です。

Mu6 ノイズキャンセリングヘッドホン詳細情報

仕事に集中したい人、海外出張が多く飛行機内で質の高い睡眠を取りたい人、新幹線や電車で外の音を機にせず音楽を聞きたい人、集中して作業したい人などさまざまな用途があるでしょう。

アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、耳へのフィット感もばっちり、ふんわりと耳を覆うイヤーパッドは快適です。「ダイナミック40mmドライバー」を採用とこだわりがあります。コーデックは「Apt-X HD、AAC」に対応しているので、動画視聴、高音質・高画質な動画視聴でも遅延はほぼないですね。見通し10m程度では接続が切れることもなく安定していました。

ノイズキャンセリング対応のワイヤレスイヤホンは、それほど多くの種類はありません。全体に高価なものが多く、SONY、BOSEといった名だたるメーカーの製品が多いカテゴリですが、Mu6/ミューシクスはその中でも1万円中盤ということもあり比較的手の出しやすい価格帯です。本格的なものはちょっと手を出しづらいけどこの価格帯なら! という方、アクディブノイズキャンセリングを体験してみたい方におすすめの機種となっています。

BlackHouse限定の1,000円OFFの割引クーポン
コード:R5DA2OH9 
有効時間は2019年12月31日まで

ANCタイプ:ハイブリッドANC
ドライバータイプ:ダイナミック40mm
周波数特性:20〜20000Hz
通話用マイクセル機能:CVCノイズキャンセル機能
対応コーデック:Apt-X LL/SBC/AAC
Bluetooth標準:5.0
Bluetooth到達距離:約10m
Bluetoothプロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
充電時間:2時間 再生時間:35時間(ANCオフ)24時間(ANCオン)
バッテリー容量:1000mAh

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました