BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Ankerのノイキャンヘッドフォン Soundcore Space NC,Vortexを続々投入 サウンドコア
NEW Soundcore Motion Q Ankerの大音量 完全防水対応Bluetoothスピーカー販売開始
NEW TaoTronics TT-BH07 低価格でも満足なタオトロニクスのBluetoothワイヤレスイヤフォン



【Amazon Fire7】2017レビュー 良いところ悪いところHD8との比較 常時携行に最適

気に入ったらみんなにシェアしてね

すでにお伝えしたAmazonのKindle fireの新型端末fire7およびfire HD8の発送が開始され、わが家にも届きました。初期のKindle fireタブレットはこちらの記事でも書いているように「実質3,990円の圧倒的低価格 実機レビュー」低価格を売りに、まずは売り出した状態だったのですが、当時は2015年。2年の歳月を経て生まれ変わった第7世代となったFire7はどのように進化を遂げたのでしょうか。実際に買って新旧HD8との比較をしています。

ついにKindle Fireタブレットを買うべき時がきた!実質3,990円の圧倒的低価格
fireタブレットの総合情報は上記ページにまとまっています。
【Fire HD8】2017レビュー 良いところ悪いところ fire7 16GB購入検討ならコッチ
fire HD8 2017年モデルのレビューはこちらの記事です。

本ページは2017年モデルのfire7タブレットの実機レビューです。

なんと10インチのFire HD10タブレットも30,000円から半額になってしまいました!
新型Fire HD 10★Amazon kindle fireタブレット1.5万円登場で激安3兄弟完成!

レビュー記事を追加! Kindle Fire HD10 2017レビュー FHDで15,000円は買い!仕事 動画 ゲームに激安対応 AmazonのiPadキラー

Sponsored Link

fire7は薄く軽くなって携行性向上!持ち出しやすい

Amazon公式Fire7タブレット詳細情報

開封の儀とかはもういらないでしょう。そんなものにページを取っていたも意味がありません。とくにFireタブレットは入っているものは毎回同じで、本体、充電用MicroUSBケーブル、5V-1.0Aの充電用電源アダプタ、クイックスタートガイド2種(文字なしの図式説明書と、多言語の取扱注意書)です。

さわればわかるので読む必要すらありません。さっそくですが、前モデルKindle fireタブレット7インチ2015年モデルとの比較です。
※最後の項目にKidle fireタブレットの前モデル比較表を添付していますので詳細スペックはそちらをご覧ください。

Amazon Kindle Fire 7の最新セール情報

Fireタブレット購入でAmazonビデオ770円クーポンプレゼント実施中

期間中のFireタブレット購入で、もれなく映像配信サービスAmazonビデオのストアでのビデオレンタルや購入で使える770円クーポンプレゼント。実質価格がさらに770円マイナスですよ!

対象期間:2017年8月16日(水)15時00分から2017年9月15日(金)23時59分(日本時間)

対象商品:Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB 16GB   Fire HD 8タブレット(Newモデル) 16GB 32GB

fire7の大きな変更点 サイズ 形状変更が効いてる

今回大きな変更は、サイズと重さです。左から、2017年fire7、2015年fireタブレット7インチのサイズ、重量のカタログスペックです。

新fire7 2017 旧fire7 2015
サイズ 192x115x9.6mm 191x115x10.6mm
重量 295g 313g

大きさはそれほど変わらないのですが、薄さ1mmと形状の変更により、かなりスッキリした印象に変わりました。左が2015年モデル、右が2017年モデルです。以前は、丸みを帯びていてなんだか野暮ったいイメージだったものがfire HD8タブレットのようスッキリした板状のものになり、かなり今っぽいタブレット形状に変更されています。

Amazon公式Fire7タブレット詳細情報

Sponsored Link

fire7の実サイズを測定してみた!

iPhone3Gだったものが、iPhone4のような直線的な形状に変更になったのに感覚的には似ているでしょう。手で持った感じもスッキリしており、1mmの違いではあるもののリニューアルされた2017年モデルの洗練感ははっきりと感じられます。

実際に薄さは9.6mmくらいで、以前の10.6mmからは1mmしか変わっていませんが、持った感じが全く違います。

重ねてみると2017年モデルは1mm長くなっていました。こちらもスペック通り191mmが192mmへほんのり拡大。長さは厚みに比べて感じ取れないレベルです。

fire7の重さは281gでカタログ値より14g軽かった!

なんと、カタログスペックは295gであり、今回は18g軽くなったということになっていましたが、わが家に届いたfire7タブレットは281gでした(何度も計り直しました)。カタログスペックよりも14g軽くとなっており、結果として2015年のfire7よりも2017年のfire7は32gも軽い結果となっています。

これは10%軽量化したということですので、結構大きな軽量化で、形状変更と相まって携行性が格段に向上していると感じます。(届いたものが295gだったらごめんなさい)軽量化と見た目がスッキリ。圧倒的に持ち出しやすいものとなったのが今回の変更点で一番いいところですね!

持ち歩いてもかっこ悪くないレベルに。以前はちょっと野暮ったくて値段が値段なのでその値段ならいいけど、みんなに見せたくなるほどでもなかったのですが、これだったら、持っててもレベルになっています。

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。