NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
NEW ソニーストアでPS5を抽選販売 購入履歴優遇はあるべき 当選確率を高めるには
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Teclast P80 4G実機レビュー LTE対応の激安中華タブ Everbuying.net

実機レビュー

最近勢いのある海外通販サイトEverbuying.netさまよりTeclast P80 4G Phabletの提供を受けましたので、レビューしてみたいと思います。以前、8インチタブレットではAndroidとWindows10のデュアルブート端末、iWork8をレビューしていますが、それとの違いなどを見ていきます。

日本にはないジャンル 低価格+LTE+タブレット


正直なところ、表面処理などはまだまだ日本品質には至りませんが、スペック至上主義というか、機能てんこ盛りで勢いがあります。このサイズ、価格で、GPSにLTEをつけてくるなんて、まるでポケモンGOをやれと言わんばかりです。タブレットの形はすでに定型化されたのかありとあらゆる中華タブレットがiPad miniの縦長バージョン、白のプラスチッキーなものが非常に多くなっていますね。

今回は、スペックの比較対象に、重量・サイズともに近い以前紹介しているCube iWork8を選びました。

Cube 酷比魔方 iWork8Teclast P80 4G
価格11,000円程度12,000円程度
サイズ213x127x9.8mm210x122x8mm
重量346g310g
駆動時間?時間/3時間 動画再生時
バッテリー3300mAh– mAh
OSWin10 Home Android5.1Android5.1
CPUIntel CherryTrail AtomZ8300 1.44GHz MAX1.84GHzMTK MTK8735
メモリ2GB1GB
主記憶32GB16GB
ディスプレイ8インチ8インチ
解像度1280×8001280×800
カメラMain2.0MP Sub2.0MPMain2.0MP Sub0.3MP
Wireless802.11 a/b/g/n Bluetooth802.11 b/g/n Bluetooth 4

iWork8はデュアルブートなんですが、この手の端末にはなぜかLTE対応端末はありません。デュアルブートでWindowsまでSIMが刺さる端末が出てしまったら、きっと世界が変わるでしょう。そして、中国製品がその普及の鍵を握るし、起爆剤になると思います。そんなのがあったらSurface LTEが7万円とかするわけですから、3万円でも安いんじゃないですかね。

今回のTeclast P80 4Gは通信回線を持っているほかは、時代に対して貧弱なスペックとなっており、ポケモンGOの推奨環境を満たしておりません(動くかは別問題)。LTE側にコストがかかっているのでしょうけれど、メモリくらいは2GBくらい積んで欲しかった!

IMG_8019 IMG_8021
TeclastのLTE対応製品は、Androidくんに柄が入っている感じですね。Teclast T98 4Gもそうなっていました。開封の儀、毎回同じです。本体と充電用USBケーブル、USBチャージャーは付属しません。あとは説明書と検査証です。必要最低限、簡素ですね。

1469667782970577703
Teclast P80 4G Phablet

iWork8とくらべてサイズは同等。8インチタブレットのオーソドックスなスタイル。本体の質感はプラスチック感が高いですが、背面の少しマットな感じの、少しだけざらっとした手触りは割と不満はない仕上がりです。価格を考えると十分だと思う外観です。通信回線付きタブレットがこの値段でいいのかという感じです。

IMG_8024 IMG_8030

iWork8とサイズ感も同等、定番の形。

ちなみに画像にはありませんが、わが家の猛烈プッシュのKindle Fireタブレット7インチ比べると薄く画面は大きいです。Fireタブレットは通信回線なしの5,000円の端末で、これはこれでかなりオススメではありますが、弱点は弱点は通信に別途Wi-Fiが必要というところです。これを補ってくれるTeclasc P80 4Gはなかなかですね。

格安タブレットでLTE対応という魅力的

この端末の魅力は、低価格にして4G/LTE対応しているという点に尽きると思います。多少寝ぼけたスペックではあるものの、この価格帯で通信ができて大画面でWEBブラウジングできるのは価値があることですね。ストレージ容量は空き10GB程度/12GBとなっており、マイクロSDを追加することを考えれば、ストレージ容量はさして問題にはならないでしょう。

IMG_8027 IMG_8029

端末の背面にはカバー付きのSIM、SDカードスロットがあります。Teclast製品はここら辺の統一感というか思想がないのか、カバー付きの場合や直接スロットがむき出しになっているものなど設計がバラバラです。この端末はカバー付きということでSIMやSDカードが抜け落ちる心配もなくいい設計だと思います。

IMG_8035 IMG_8032

iWork8とツーショット。片やWindowsが動くデュアルブート端末。サイズ、重さともにほぼ同じです。価格も同じ。価格が安いので、用途によって端末が選べる時代が来ています。ふたつ持ってても何の不思議もない時代です。

カメラ性能はスペック表通りですが、画素数はあってもレンズが悪いのか写りが悪いため、日常的には使えないと考えてください。Instagramとか無理だとあきらめてください。

また、マイク、耳元にスピーカーがありますから、格安ドデカ通話スマホという使い方もあるかも。ちょっとでかすぎて想像するだけで笑えます。

Teclast P80 4G日本語化

もちろん、言語変更が可能です。Androidについても設定から言語を設定してください。ここら辺はAndroidの設定画面を見たことがある人なら簡単に設定が可能ですので、輸入端末だからという心配は一切ありません。

Teclast P80 4Gベンチマークテスト

AnTuTu BenchmarkとGeekbenchでの測定結果

atgna

性能はどうなのか。AnTuTu Benchmarkの測定値を確認しました。
AnTuTu:24,900 Geekbench3:470 / 1,150
現在の周辺デバイスのスペックと比べると低いと言わざるを得ませんが、たいていのゲームはできるレベルです。大画面でゲーム、いいですね! 最近はまっているのは、Hearth Stone/ハースストーンのマネと言われている、戦略カードバトルゲームの「シャドウバース」。キャラクターも日本人好みに調整されていて、大人でも楽しめる頭脳ゲームでおすすめです。

aaa

今回紹介したTeclast Tpad X80 Proは、Everbuying.netから購入可能です。

【参考】あわせてみておきたい格安SIM会社 ※速度参考値

LINEモバイル
圧倒的速度で、SNS料金も無料となるラインモバイルは現在最もオススメできるSIMになります。

DTI SIM 神SIM キャンペーン継続中!
人気急上昇中!半年ただで3GB使えます。東京駅前で6〜15Mbpsくらい。
IIJmio
格安SIMが3GB月額900円〜 東京駅前で上り下り20〜30Mbps。シェアプランもある!
楽天モバイル
+850円で5分までの通話料が無料 東京駅前で13Mbpsくらいでした。楽天カードを持っていればさらにポイント+1倍!
So-net LTE SIM
So-netは速いですね、東京駅前で26Mbps出ました。
DMM mobile
低速状態になっても、はじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行くバースト機能がいいです。SIMカードを複数発行してシェアするにも向いています。

Teclast P80 4G購入にあたって

毎度のことですが、「海外ガジェット」で紹介する端末は、海外での利用が前提で国内通信利用を推奨しません。海外旅行好きの方、海外出張の多い方には、渡航先でのWiFi通信端末として、SIMフリースマホは現地格安SIMの購入や、中国であればChina Unicomや北米であればZIP SIMで、現地の通話・通信、カーナビ代わりに活用でき非常に役に立ちます。海外では渡航先の認証(例えば技適、CE、FCCなど)を取得している端末をご利用ください。SIMフリー端末においては、使用国のバンド/周波数を確認する必要があります。

今回紹介したのはTeclast Tpad X80 Pro
Teclast P80 4G Phablet MTK8735 64bit Quad Core 8 inch WXGA IPS Screen Android 5.1 16GB ROM Cameras

Everbuying.netの買い方 クーポンコード・セールと購入方法
GEARBESTの買い方などの記事を書いてから、日本国内から海外ガジェットに興味がある人が多いことがわかりました。 ...

Everbuying.netの購入方法とクーポンについて

Gearbest クーポンと買い方 セール情報と購入ガイド【2017年8月更新】詐欺サイトじゃないよ
GEARBEST/ギアベスト(gearbest.com)の記事を書いてから、結構海外ガジェット情報に興味がある人が多いと...

Gearbest.comの購入方法とクーポンについて

輸入ガジェット

Gearbest.com、Everbuyig.com、aliexpress、Banggoodなど、海外輸入ガジェットを実際に使ってみてレビューしています。

購入方法、セール割引、クーポン情報などもありますが、実際にさわっていない端末をオススメするのはどうも気が引けますので、ちゃんと使ったうえで、どう使うのがいいのかなどお伝えできればと思っています。

今まで紹介してきた海外・輸入ガジェットは「輸入ガジェット」カテゴリでまとまっていますので、ぜひご覧ください。

実機レビュー 輸入ガジェット
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました