NEW Anker PowerHouse II 400発売 超絶容量108,000mAh超大容量バッテリー ポータブル電源
NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

ハイガー産業スピンバイクで巣ごもり・リモートワーク在宅勤務の運動不足を解消

実機レビュー

新型コロナの感染拡大によってリモートワークとなった方も多いかと思います。ぼくもリモートワークで職場には4月の頭から行っていませんが、さすがにそろそろ運動不足感もあり、朝の始業時には駅まで歩くくらいはしたほうがいいのかなとも思っています。早期のコロナ収束はありそうにないので、もっと長期で運動する方法を考えましょう。

自転車を乗るにしても、それなりの距離を走らないと効果はないでしょう。信号で途中で止まらないとならなかったり、雨の日はできなかったり、夜は暗くて危なかったりする、そういうなかで、自宅でもできるスピンバイクや、ロードバイクを持っていたら三本ローラーがいいでしょう。

運動嫌いでもスピンバイクなら短時間で有酸素運動できる


ハイガー産業のスピンバイクは手頃な価格で高性能

もともとFEELCYCLEというスピンバイクで有酸素運動をするジムに通っていたのでエアロバイク、スピンバイク運動を行っていたのですが、これを自宅で再現できれば、いつでも好きなときに運動ができると思うわけです。

ぼくは腕立て伏せとか腹筋とか、ジョギングも好きじゃないし、運動するのも正直言って嫌いです。スピンバイクは自転車に乗る感覚に近く、軽めの強度で適度にはじめられるし、エアロバイクと比べてて強度が上げやすいのも特徴です。

エアロバイクではなくスピンバイクを買うのは?

FEELCYCLEのスタジオで乗るスピンバイクは当初はアメリカの老舗自転車メーカー「SCHWINN/シュウィン」のものでしたが、最近は黒の少し大振りなものに全て差し替えになっています。業務用のため高価ですが、最近は10万円以下でも手に入るようになっています。

一方で、ハイガー産業のスピンバイクは2万円程度から手に入る本格派のスピンバイクです。エアロバイクだと30分以上は使用できないなど制限がありますが、ハイガー産業のスピンバイクはベルトドライブでかつポジションがしっかりとれるのも魅力的です。

HG-YX-5006S HAIGE産業

HG-YX-5006Sは、HG-YX-5006の後継機のようです。フライホイール重量が8kgや10kgで比較的低価格なスピンバイク。黒のスピンバイクはフィットネスクラブのようでかなりいい感じです。バイクの負荷のかけ方は、摩擦負荷システムで、フライホイールにパッドを押し付け、摩擦で負荷をかける仕組みです。慣性が働く重量ホイールは重いほど負荷がかかります。

渦電流スピンバイク

eX5シリーズは、負荷調整が摩擦式だった今までのスピンバイクの負荷調整システムが「磁石」とそれが起こす「渦電流」となった死んたがスピンバイクシリーズです。負荷装置が接触していないため、音も静かなのが特徴です。

HG-Y800 HAIGE産業

HG-EX-5000 HAIGE産業

HG-Y800 HAIGE産業

耐荷重150kgまでとかなりの重さに耐えられる渦電流スピンバイク。業務・個人で利用できるハイエンド技術を備えたハイガーのフラッグシップモデル。渦電流無音負荷システムを搭載しています。

摩擦式スピンバイク

摩擦式のものは擦れる音がするのですが、渦電流式と比べるとかなり安いのが特徴です。2万円〜買えるので、エアロバイクを買うよりも、格安のスピンバイクを買うのがよいでしょう。

HG-YX-5001 ver.2 HAIGE産業

フライホイール13kgバージョン。格安モデルから比べると、ホイールが重くなるに連れ1万円程度ずつ高くなります。

HG-YX-5007 HAIGE産業

15kgのフライホイール版です。

ちなみに、ロードバイク用のビンディングもつけられます。ペダルを交換すれば本格的なトレーニングも可能ですね。FEELCYCLEのスタジオで利用できるクリートはLOOKのKEOが使われていますので、LOOK KEO互換のビンディングを付けておくのもよいでしょう。

これで、リモートワーク中のストレス解消や、巣ごもりで運動不足なんて方に。インドアフィットネスはじめてみませんか。

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました