NEW Anker PowerHouse II 400発売 超絶容量108,000mAh超大容量バッテリー ポータブル電源
NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Spotifyを日本でつかう iPhone iOS篇

iPhone

前回のMac、Windows、Androidにつづいて、音楽サービスSpotify/スポティファイを日本で使う、iPhoneアプリ篇です。

Spotifyを日本でつかう Mac、Windows、Android篇
SONY Music Unlimited(ソニーの音楽定額視聴サービス)が2015年3月に終了し、4月からPlaySta...

前回の記事はこちらです。

北米App Store利用のためのアメリカのApple IDの作成方法


では早速ですがいつもの図になります。今日は右側の真ん中のところ、App Storeからアプリをダウンロードするところの説明です。

spo

日本のApp StoreではSpotifyのアプリは公開されていませんから(Androidは公開されていますので前回記事を見てみてください)、アメリカでApple IDを作ることになります。前回のようにVPNなどは使用しなくても大丈夫です。Apple IDを作る際にちょっと前まではAmazonなで売っている米国のiTunesカードを購入してコードを電送してもらいID発行とデポジットを一緒にするというのが主なApple ID取得方法だったのですが、最近は無料アプリをダウンロードするようにすると、クレジットカードやiTunesカードを求められることなくID発行が可能です。

米国Apple IDを発行する手順

WindowsのiTunes StoreもしくはMacのiTunes StoreまたはApp Storeを開き、下へスクロールしていくと右下に丸いアイコンで国旗が表示されています。これをクリックすると言語切り替えになりますのでクリックし、アメリカを選択しましょう。

スクリーンショット-2015-05-19-21.51.41

国のマークがあります。日本のマークになっていますから、これをクリックして国を選択し直します。

スクリーンショット-2015-05-19-21.51.50

国を選択した後は「無料のアプリ」(めんどうですからSpotifyを探して選んでしまいましょう)を選んで「GET」します。その際にApple IDの入力を求められます。

スクリーンショット-2015-05-19-21.52.11

「Apple IDを作成」を選んで、新規にアカウントを作ります。住所はアメリカの住所を入れてください。最近は便利なものでホワイトハウスの住所とかもネットでは調べられるんですよ。

クレジットカードの登録が求められますが、無料アプリをダウンロードするため支払いが「None」を選べます。これを選択し、アカウントを発行します。

無事Spotifyゲットで洋楽天国へ

IMG_3783

スポティファイはマルチデバイス対応ですから、iPhoneでもAndroidでも、パソコンでもユーザーIDは同じすでに前回取っているアカウントでログインしてつかってください。プレイリストは同期されます。VPNのトンネルベアはiPhone版もありますから、14日ごとにアメリカでログインしてくださいね。アカウントはどのデバイスでも同じですからどのデバイスでVPNしてもOKです。それではよい旅を!

Spotifyを日本でつかう Mac、Windows、Android篇
SONY Music Unlimited(ソニーの音楽定額視聴サービス)が2015年3月に終了し、4月からPlaySta...
【日本未導入】iTunes Radioを日本でつかう
一連のSpotifyシリーズの続きです。 日本でサービスが開始されていないiTunes Radioを聴く 前...
【更新】Apple Music★ついに音楽鎖国の日本でも音楽月額定額で開始されるのか!
【更新】Apple MusicはiOS8.4アップデートと同時に利用可能となるらしい、そしてApple Musicのラジ...

AWAアプリもお試しください。iPhone / Android 当然無料でダウンロードができます。

iPhone
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました