Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

EarFun Free Pro 音質正直レビュー ノイズキャンセリング付き格安ワイヤレスイヤホン 低音が強め 歳取ってるときつい

2.5
ガジェット


Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/sidedish/sidedish.org/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

EarFun Free Pro(イヤーファンフリープロ)は7,000円程度で買える完全ワイヤレスイヤホンです。上位機種のEarFun Ari ProはANC(アクティブノイズキャンセリング)付きで8,000円程度で販売されていており、形状が異なります。EarFunは最近元気が良い中国メーカーで有名ではありませんが、BlackHouseでもEarFun製品のイヤホン、スピーカーをレビューしていますので、ぜひこの機会にご覧ください。今回はEarFun Free Proのレビューを行います。レビューに当たりEarFunさまより製品を送っていただきました。

EarFun Free Proは低価格でノイズキャンセリングが楽しめる


今回のレビューではEarFunのイヤホンを複数個一挙にEarFun Free Pro、EarFun Air、EarFun Air Proの3つを見ていきます。この記事ではEarFun Free Proを取り上げています。EarFun Free Proはドライバーサイズ6.1mmで6mmより少しだけ大きいサイズのドライバーを使用しています。アクティブノイズキャンセリング(ANC)つきの完全ワイヤレスイヤホンです。

早速開封していきましょう。内容物は本体、充電ケース、USB-C充電ケーブル、SMLのイヤピース+イヤーフック、説明書です。箱はEarFunシリーズ全体にこの価格帯では程度の良い箱に入っていますが、使用開始後は見ることはないので箱はそこそこで質感よし、くらいに思っておいてください。

本体形状はSoundpeatsなどで見られる四角い形状です。この形状は人により好みが分かれる形状ですね。従来型の柄のついたような形状のものもEarFunでは用意されていますので、そちらを選んでみてください。

EarFun Air 音質正直レビュー 5,000円以下で買える 高コスパ高音質完全ワイヤレスイヤホン
EarFun Air(イヤーファンエアー)は格安5,000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンです。上位機種のEarFu...
EarFun Air Pro 音質正直レビュー 2万円クラスを吹き飛ばす格安ノイズキャンセリングイヤホン ブランドは有名じゃないが買って悔いなし
EarFun Air Pro(イヤーファンエアープロ)は格安8,000円台の完全ワイヤレスイヤホン、ANC(アクティブノ...

開封から試聴レビューは動画にて、今後公開しますので、YouTubeチャンネルをご登録くださいね。

このモデルの特徴はなんと言っても格安でノイズキャンセリングがついていることです。なので外観についてはそれほど気にしてはいけないと思いますが、それでもケースの仕上げや本体の質感には気が行きます。音がいくら良くても日常的に使うものなので質感が低いものはNGだと考えています。実際に触ってみるとまずケース込みでかなり軽い印象です。プラスチッキーといえばそうですが、全体に質感は悪くありません。イヤホン本体自体も片耳4.1gなので重い時になることはないでしょう。

一つ気になるのは、EarFunイヤホンシリーズ全体を通して、左耳に装着したイヤホン本体のロゴの向きが逆になるというのは非常に気になります。音の問題ではなく、見た目が悪い。ちゃんと下向きに装着していても、はたから見ていると、あの人は左耳反対につけている? って思われるようなロゴの反対向きさ加減です。このあたりのデザインへのこだわりはイマイチと言えます。

一方でそれでいてEarFun Air Proはかなり音質もよく低価格製品なので、もっと売れてもいいレベルだと思いますが、やはりこちらも本文に書いてありますが、ロゴの向きが少し曲がって見えるため、こちらも気になりますので、デザイン面は今後の改善に期待したいところです。なんでロゴの向きが反対になるのか、これは日本では致命的かと思います。スジャータのトラックが右から見ると「ターャジス」になっているのとはわけが違います。


EarFun Airの音質は低音重視、ノイズキャンセリングはほどほど

結論から言うと、音質は悪くないのですが低音が強いです。全体のバランスを崩していると言えます。ぼくは40代の耳なので若い人の耳とは違うかもしれませんが、Amazonのレビュー欄も確認しました。低音が出てていいという人と、低音が強すぎるというレビューに分かれています。実際に確認して購入を検討すべきと思いますが、ぼくにはこれは合いませんでした。低音が強く感じない人にとっては、しっかりと設計されている製品ですので満足度は高いと思います。

マイクも付いていますので、テレカンにも問題なく利用可能ですので、そういった最近のテレワークにも役立ちます。

低音については向き不向きがありますが、それ以外の点についてまとめておきます。フィット感については結構いいです。遮音性は高めで、カナル型+イヤーフックによって耳に差し込んでくるっと回すとフィットします。これはいいですね。ロゴは左が反対向きになりますが、、、。

ノイズキャンセリング機能は、内蔵マイクで周囲の騒音を測定しドライバーから逆位相の音を出すことでノイズを打ち消す、アクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載しています。このキャンセリングは最大28dBのノイズの低減ができるわけですが、Apple AirPodsの5割程度の危機具合と思っていいと思います。SONY、Appleの背中は遠いと感じます。自宅などの静かな場所には問題ないですが、電車などで使う場合は、思っていたのと違う! ってなるのではなるでしょう。

ノイズキャンセリングモードは3つあり、アクティブノイズキャンセリング/外音取り込み/ノーマルモード(通常つけたときと同じ)の切り替えが可能です。外音取り込みモードは、比較的自然に外部の音を取り込むことが可能ですが、ノイズキャンセリング音がAirPods Proの5割くらいなので大音量で聞いていない場合には外音取り込みを使わなくても大丈夫です。

もう一度繰り返しますが、低音が強すぎますので、年齢が関係するかは不明ですが、40代半以降の方にはあまりおすすめできないと思います。中高音はクリアですが低音がやはり最大のネックとなります。

EarFun Air 仕様

今回紹介したイヤホンはEarFun Free Proです。ANCがついていないEarFun Air Proのレビューや、ANCがついているEarFun Air Proのレビューもありますのでぜひご覧ください。BluetoothはAAC対応でiOS、iPhone系は低遅延で問題ないです。Android利用者にはAAC対応がなければ、APT-X対応などがないのでSBCだけの対応となるで物足りなさがあるかもしれません。低音問題があるため、ANCがほしいのであればEarFun Air Proをおすすめします!

ドライバーユニット : 6.1mm径ダイナミックドライバー(複合振動板を採用)
イヤホン重量 : 約 4.1g /一個 防水規格:IPX5
電池持続時間:ノーマルモードでは約7時間(イヤホン)、約32時間(ケース充電込み)、ANCモードでは約6時間(イヤホン)、約27時間(ケース充電込み)
充電時間:約 1.5時間(イヤホン)、約2時間(充電ケース)
Bluetooth規格:5.2 Bluetooth動作範囲:15m
対応コーデック:AAC、SBC 周波数特性 : 20Hz~20kHz
Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP

タイトルとURLをコピーしました