iPhoneを高速充電する方法 地味!Apple純正USB-C PD対応Lightningケーブルがおすすめ

気に入ったらみんなにシェアしてね

iPhoneの充電時間について考えたことはあるでしょうか。いままで充電器を高アンペアのものにしたらいいよ、急速充電対応のものがいいよとか言ってきたんですが、通常のiPhoneのUSB Lightningケーブル/ライトニングケーブルでは8W(5.2V*1.6A)くらいの入力がやっとですが、さすがApple純正めっちゃ速いです。

iPhone 8 以降では高速充電機能があるんです。iPhoneを30分で最大50%まで再充電できるんですね。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

Apple純正のUSB Type-C Lightningケーブル

Sponsored Link

これ、何の変哲もないライトニングケーブル可と思われると思いますし、激安の200円などのLightning USBケーブルよりも価値があるのかと聞く方も多いでしょう。

でも、まったく激安のそこいらのUSB Lightningケーブルと比べちゃならんのです。

現在のiPhoneについているLightningケーブルは給電側のソケットが通常のUSBですので、USB-CのみのMacBook、MacBook Proには直接接続できないわけですが、このUSBケーブルはUSB-Cに対応し、MacBookなどのUSB-Cポートなどしかないマックとの接続に効果を発揮します。

でですよ、接続だけじゃないんですよ。ポイントはUSB PD対応で通常のUSB充電とは異なるんです!

USB PD対応は確認した方がいいと思いますが、現在はUSB−C対応でもPD対応ではないケーブルが多数あります。

こちらのケーブルは格安で1,000円以下でUSB-C対応ですが、PDには対応していません。ぼくも3本持っています。

さらに格安な500円以下のUSB-C対応 Lightningケーブル。こちらもPDには対応していませんが、激安です。用途によって使い分けるのがいいと思っています。

Sponsored Link


DeNAのライブ配信アプリ

USB PD対応のLightningケーブルはどのくらいすごいのか?

今までのモバイルバッテリーでは5V/MAX2.4A(12W)程度までの出力しかでず、任天堂スイッチ/SwitchやMacBook、MacBook Proなどの20Wを超える電力での充電が必要な機器は充電できない場合も多かったと思います。充電できたとしても、10W充電とか非力で、遅すぎでした、、。

Type-C PD(Power Delivery)に対応した充電器やケーブルでは、接続する機器に応じて電力供給がなされ、パソコン、Nintendo Switchの充電やパワーデリバリーに対応したiPhone(iPhone8,iPhoneXで対応!)、Androidの従来の倍近い速さで急速受電が可能となったわけです。

1枚目 MacBook Pro付属の60WのUSB-C充電器とiPhone Xの組み合わせ

これは強力に9V*2Aの18Wで充電されますので、5W入力の3.5倍、急速充電器の2倍近い電力で充電されているのがわかります。USB PDでは充電状況により出力が可変するようですので、一概にこの電力で充電が続くわけではないのですが、非常にパワフルなのはわかってもらえると思います。

2枚目 格安USB-C PD対応の充電器iVAPOとiPhone Xとの組み合わせ

65Wということになっていますが、9V*1A程度の充電となっています。電圧はありますが電流があまり上がらなかったようです。格安USB-PD充電器としてMacBookやSwitchなどの充電には十分使えます。若干発熱温度が高いと思います。

続いて、MacBook ProからLightningケーブルで接続してみます。

MacBook ProからLightning USB-Cで充電

これはApple純正のUSB-C Lightningで5V*1.9A程度9.5W充電という感じですね。通常のUSB急速充電器を使った場合よりも多少ですが、速く充電できます。

USB-C対応のApple純正Lightningケーブルしか現在はUSB PD(パワーデリバリー)には対応していないようです。充電器直挿し時の充電が非常に速いのが魅力です。純正品がいいなんて、そんなにいわないんですが、これは非常におすすめです!

USB-Cのライトニングケーブル1mバージョンの「MK0X2AM/A」がおすすめです。比較的安価な価格設定。

USB-Cのライトニングケーブル2mバージョンの「MKQ42AM/A」は1mのために2,000円も追加で出せないので1mがやはりおすすめでしょうか。

もしかしたら、PD対応となる激安ケーブル。評価がまだ溜まっていないので、本当に18Wで充電できるのかは不明ですが、可能であればお得です!後日レビューします。

Sponsored Link

iPhone Lightning USB-Cは50%まで一気に充電!

具体的にどのくらい速いのかを測定しています。iPhone Xと60WのApple純正USB-C充電器の組み合わせと、iPhone XとAnker PowerPort+にて充電した場合の比較です。通常の充電よりも100%までの充電が90分なので結構速く充電が完了しています。

格安Anker PowerPort+ USB type-C充電アダプター Nintendo Switch、新しいMacBook Proにオススメ
任天堂Switchも発売、iPhone8はUSB Type-Cに対応すると噂される今日このごろ...

Anker PowerPortについては過去にレビューしていますのでご参考にどうぞ。

何回か充電して時間をプロットすればもう少し精緻になるとは思いますが、傾向としてお知らせしますね。10%のところから20分経った時点で一気に30%充電するのがUSB-C PD対応のApple純正ケーブルです。

通常の急速充電は、おおよそバッテリー10%を10分で充電していたのですが、USB-C PDでは最初の50%くらいを一気に30分程度で充電してしまう感じになりますね。そしてその後は電圧が9Vから5Vへ落ち着いてきて、通常の?急速充電と同じラインになります。

90%以上はなかなか充電が進まず、10%上げるのに70分かかっていますので、ここらへんは100%にこだわりたい人以外は無視していただいて、残量が少ないところからの一気に充電するレベルが半端ないという認識でOKでしょう!

AirPowerは開発中止 iPhone 8、iPhone X以降をワイヤレス急速充電する方法 Qi(チー)無線充電のおすすめランキング
Apple AirPower/エアパワーは三代同時にワイヤレス充電が可能な魔法のパッドだった...

ちなみに寝ているときにこの機能って関係ないと思うんですよね。寝ているときはむしろ遅くてもいい。遅くていいならワイヤレス充電なんかがケーブルを挿さずにおすすめですが、急遽充電が必要になりそうなシチュエーション、たとえば会社で外出直前や、車で移動中に充電するってときに威力を発揮します!


USB-C Lightningとセットで威力を発揮するiMuto

これベストコンビだと思います。車ですぐに充電したいとき、電池切れからすぐに起動させたいときに超便利なのはこの組み合わせです。

iMuto/アイムートのUSB−CカーチャージャーとApple USB-C純正Lightningケーブルの組み合わせは最強です。あらためて本製品はレビューしますが、これはいいです!

銅合金のメタリックなひんやり冷たいボディ、9.2V*1.9Aで18W充電とこのサイズにして超強力!すばらしいです。

USB-Cのライトニングケーブル1mバージョンの純正ケーブルはかなり使いでがあります!

用途と場所に合わせて充電速度や、充電方法使い分けると電池切れを心配するストレスがなくなりますね。USB−C Lightningケーブルおすすめです!

Sponsored Link

純正の半額以下 AnkerのUSB-C爆速充電ライトニングケーブルが3月発売

これはやばい!もはやUSB-C PDライトニングケーブルは普及する運命に合ったとしか思えない。

待ってたぜ!MFi認証USB-Cライトニングケーブルが純正の半額以下で Anker PowerLine II爆速充電ケーブル3月発売
AnkerからついにUSB-C対応のライトニングケーブル/Lightningケーブルが発売...

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】アマゾンサイバーマンデー何が安い?Amazon Cyber Monday 2019年12月6日〜9日今年の締めくくり
NEW BlackView A80 Pro 80ドルの格安スマホ!AnTuTu99,700の実用スペック
NEW 大阪王将 羽根つき餃子が小麦粉ユニットが付いて調理簡単、安旨で最高 150円程度で買える

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む