NEW iOS14の新機能10選 知っておきたい便利・お役立ち機能
NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Anker PowerPort Atom PD1レビュー 天国の軽さ 超小型GaN USB-C充電器 Apple純正1/4の重さに衝撃

ガジェット

モバイルバッテリー、充電器でおなじみAnkerアンカーさんよりついに発売となったAnker PowerPort Atom PD1を実機レビュー。元素のアトムをその名に冠したパワーポートの新シリーズは新たな充電器の未来を切り開く製品です。ゴルフボール大の大きさ、iPhone標準の充電器並みの大きさにして30Wの高出力が可能なUSB-C充電器となっています。従来のシリコン半導体から窒化ガリウム半導体を採用することで充電器の小型化が進みました。MacBook、パソコンの充電、iPad Pro、iPhone、Nintendo Switchの充電にぴったりですね。この革新的な大きさのATOM PD1果たして実力はどうでしょう。早速レビューしていきます。

※MacBook Proなどの充電には45W以上のものを使わないとかなり厳しい肌感です。

本レビューにあたりAnkerさまよりレビュー用製品を提供いただいています。

Ankerの技術を集結ATOM PD1はGaN採用の超小型充電器


Anker PowerPort Atom PD1の動画レビューもあります!

ATOM PD1の特徴はなんといっても圧倒的なコンパクトさ、軽さの中に、十分な電力提供能力があるという点です。パッケージからしてかなり小さい。従来のUSB充電器というとこの3倍程度の大きさはあったのでちょっとびっくりする小ささの箱で登場です。

従来のシリコン半導体充電器では高出力の電力を安全に提供するには大きなサイズとなってしまう欠点がありましたが、時代が変わりました。窒化ガリウム/GaN半導体では高出力でも小型化ができるんですね。今後いろいろな分野で応用が進んでいきそうな予感。Apple純正充電器も小型化される日も近いでしょう。

驚くほど小さいパッケージに入っているのは、本体と説明書、保証書のみ。簡素ですが必要十分。USB Type CのPower Delivery/パワーデリバリーに適合し、最大30Wで出力が可能となった小型の大物充電器です。

電力変換効率が飛躍的に向上したことで、充電器サイズも従来このサイズではiPhone、スマホ用の5W〜7.5Wレベルのものしか作れませんでしたが、30Wと4〜6倍の出力が可能となっています。サイズ感がiPhoneの純正充電器並みでありながらすごい高出力。

AnkerPowerPort Atom PD1

天国の軽さ ATOM PD1 重さはたったの53g 競合製品との比較

たったの53gでゴルフボールのような大きさ。軽くてびっくりします。今までの充電器はなんだったのか?と。実際に測定したところ54.4gでしたが、かなり軽いにはかわりありません。たったの53gという表現が似合います。

対応電圧はAC 100〜240Vとなっており国内電源はもとより海外の240Vにも対応。変圧器など不要でそのまま利用できますから、重さとあいまって、普段のモバイル用途でも、国内出張、海外旅行の荷物もかさばりません。

ちなみに、競合製品はどうなっているのかというと、まずはMacBook Pro純正充電器からみていきましょう。MacBook Proでは61Wの充電器が付属していますが、199gと重いし持ち歩きには向きません。

最近発売された45W出力のRAVPOWERのRP-PC104はコンパクトでびっくりしましたが、こちらは公称82gとかなり軽いのですが、今回のAnker PowerPortの53gからするとすこしだけ少しだけ重いです。ここらへんは考えようですが、100g以下でコンパクトなものであれば45Wでも30Wでも大差はなさそうです。

小さ過ぎるRAVPOWER 45WのUSB−C PD充電器が薄軽で神 RP-PC104
モバイルバッテリー、充電器でおなじみRAVPOWERさんより、45Wと高出力可能なUSB-C充電器RP-PC104が販...

新しいMacBookの純正充電器は29Wとなっていますから、そのままの性能で乗り換え、買い足しが可能です。追加で購入するのにもいい値段だと思います。

MacBook Pro純正は61Wの高出力ですが、さすがに199gでは普段の持ち歩きにはちょっとつらく、45WのRAVPOWER RP-PC104レベルの軽さになると携行が容易、30WのAnker PowerPort Atom PD1は53gで、すこぶる快適となります。当然、パソコンの充電も可能ですが、スマホレベルであれば30Wあれば十分で、パソコンをどのくらいの頻度で充電するかで、出力をどのくらいにするか決めればいいと思います。

ATOM PD1は53gで、MacBook Pro付属品の1/4の重さという衝撃の軽さ、純正の半分の出力ですが、30WでもMacBook ProやUSB-Cパソコン、任天堂スイッチの充電は可能です。携行性を取るか、充電の速さを取るかでしょう。

Ankerには従来サイズの2ポートのUSB-C&Aの充電器もありますが、これはこれでいいのですが、130gほどあり、ATOM PD1を見てしまうと霞んでしまいますね。

ATOM PD1の充電能力 この軽さにして十分すぎるパワー

iPhoneの急速充電をしてみる

ATOM PD1の充電です。テスターで測ったところ、8.4V-1.9A出ていますね。iPhoneは高速充電が可能なUSB-Cタイプのライトニングケーブルを使う必要がありますが、15Wで充電ができています。iPhone8以降は高速充電に対応していて0%から50%までを一気に30分で充電が可能となっていますので、iPhone付属の充電器はもうやめて、USB-Cの充電に切り替えたほうがいいですよ。

これこそ普段遣いのものなので、タイムイズマネーです!

※iPhone高速充電をする場合はUSB-Cのライトニングケーブルを使う必要があります。

待ってたぜ!MFi認証USB-Cライトニングケーブルが純正の半額以下で Anker PowerLine II爆速充電ケーブル3月発売
AnkerからついにUSB-C対応のライトニングケーブル/Lightningケーブルが発売されます。Appleから正...

またすでに3月上旬に発売がアナウンスされているAnker Power Line II USB-Cライトニングケーブルは1,500円程度で登場ということですからセットで使いたいですね。

MacBook Proの充電をしてみる

基本的にはスマホの充電30W近辺の電力で足りるものの充電にあっており、60W、90W必要なMacBook Proのようなものは充電も遅いもしくはできない場合もあります。

Apple純正、MacBook Pro付属の61W充電器ほどの充電はできませんが、1/4の重さで、30Wしっかり充電がされますよ。19.4V-1.47A、おおよそ30W出てますね。この大きさにして19Vも出るというのに衝撃です。こんなに小さいのに大物だ! なんですが、MacBook Proなどの充電だと絶対的なワット数不足であることは否めないので緊急品難敵措置と考えたほうがいいですね。

Anker PowerPort Atom PD1はUSB PD対応 製品仕様

サイズ 約35×41×55mm 重さ 約53g
入力 100 -240V ~ 1.2A 50-60Hz もちろん海外でも利用可能
出力 5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A(最大 30W)
パッケージ内容 Anker PowerPort Atom PD1本体、 取扱説明書、保証書
対応機種
※USB-C対応なら基本的に充電が可能です。なので任天堂スイッチユーザーに特におすすめ。
スマートフォン iPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus、Samsung Galaxy S9 / S9+ / S8 / S8+ / Note 8 / Note 7 Nexus 5X / 6P, LG G6 / G5, Pixel C / 3 / 2 / XL, Moto Z
タブレット端末 iPad Pro 12.9 インチ / iPad Pro (2018, 11 インチ) / iPad Pro 10.5 インチ / iPad 9.7 インチ
ノート PC  MacBook / MacBook Air (2018) / MacBook Pro 13 インチ/ MacBook Pro 15 インチ

注意 USB PD で 2018 年以降の iPad と全ての iPhone を充電するためには、USB PD 対応の USB-C &Lightning ケーブルをご使用ください。

ATOM PD1動画レビューもどうぞ。

Amazonギフト券でお得にポイントゲットする方法と種類
アマゾンのギフト券、みなさん一度は見たり使ったことがあると思います。コンビニでも売っていますし、人からもらったり、会社...

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました