NEW iOS14の新機能10選 知っておきたい便利・お役立ち機能
NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Ankerのサウンドバー Soundcore Infini ProがAtmos対応 HT-X8500の半額で登場

新製品

Ankerさんのオーディオブランド、Soundcore/サウンドコアから、TV向けスピーカーシステム サウンドバーの第3弾となる「Soundcore Infini Pro(サウンドコアインフィニプロ)」が発売になります。今回は、最近の主流となるサラウンドの音声フォーマット Dolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応していることです。価格も2万円程度と競合製品にあわせてきた価格ですね。Yamaha YAS-109やDENON DHT-S216あたりがガッツリ競合製品となりそうです。

Amazon初回セール情報
300個限定 3,000円分のAmazonで使用可能なポイント

Dolby Atmos搭載 2.1chサウンドバー Soundcore Infini Pro


オールインワンタイプのサウンドバー「Soundcore Infini Pro」はSoundcoreのサウンドバーInfiniシリーズの最上位機種です。Dolby Atmosに対応するサウンドバーで、立体感のあるサウンドを120Wの大音量で鳴らします。またコンテンツに合わせて3つのサウンドモードを搭載。ゲーム、映画鑑賞などそれぞれのシーンに適した音質調整を行い、テレビの薄型化により薄れてしまった本来を音を取り戻します。

Dolby Atoms搭載については注目です。これにより、水平方向のみではなく高さも含めた立体感のあるサラウンドを実現します。これは、先に挙げた2万円程度の競合製品には搭載されていない機能で、たとえば競合のDENONはDTS Virtual:Xの搭載にとどまっています。

Atmos搭載にこだわるとSONYのサウンドバーHT-X8500などを選択することになり、4万円程度となります。ちなみに、わが家は寝室でこれを使っていますが、Dolby Atmos効果はかなり高く、テレビ音声が迫力がある音になるばかりか、さらに包み込むようなサラウンド体験ができています。今回はこの体験がSoundcore製品で、HT-X8500の半額で体験できるとなるとこれはかなりお得感が高いです。

スピーカーの構成は、ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載しており、オールインワンタイプで120Wの大音量を実現しています。

Soundcore Infini mini、Soundcore Infiniと発売され、ついにInfini Proが発売されました。コロナ禍において、自宅にいる機会が多くなったこと、Netflixなどオンライン動画サービスでDolby Atmos対応作品が多くなってきたことなど、サウンドバー導入ニーズは高まっているでしょう。ぜひ最新の音声フォーマットを体感ください。Sony HT-X8500で体感していますが、かなりこのフォーマット対応は良いですよ。

Soundcore Infini Proの特徴と製品仕様

Soundcore Infini Proの製品の特徴は、以下の4つです。特に4K HDRパススルーについてはAnker側も特に大きく謳っていませんが、4Kテレビが当たり前となる時代に必須の装備となっています。ネジ穴に合うネジを探すのに苦労するので、標準で壁掛け用のネジも付いているのは壁掛けを検討している方にはうれしい付属品です。

  1. Dolby Atmos対応 臨場感のあるサラウンドサウンド
  2. 2.1ch のオールインワンサウンドバー ツイーター、サブウーファー、バスレフポートを2個ずつ搭載し、最大120Wの大音量を実現、Soundcore独自のBassUpテクノロジーを搭載
  3. シーンで選べるサウンドモード ムービーモード、音楽モード、音声モードの3つのサウンドモードを搭載
  4. 多様な入力方法 HDMI、HDMI ARC、光デジタル、AUX ポート、Bluetoothで接続可能。4K HDRパススルーとDolby Visionパススルーに対応

オーディオ出力 最大 120W (フロントスピーカー30W x 2、 サブウーファー60W)
サイズ 約930x120x61mm 重さ 約 3.3kg 無線通信方式 Bluetooth 5 Bluetooth動作範囲 約 10m
パッケージ内容
Soundcore Infini Pro、電源コード、リモコン、単 4 形電池 x 2、HDMI ケーブル、 壁取り付け用ブラケット x 2、壁取り付け用ネジ x 4、壁取り付け用テンプレート、 安全マニュアル、取扱説明書

価格的に競合となるであろうYAMAHA YAS-109は、Dolby Atmos対応はしておらず、DTS Virtual:Xに対応です。出力は120Wで同等。音声フォーマットのAtmosは、これからサウンドバーを買うならぜひ対応しておきたいですね。Soundcore Infini Proをオススメしておきたいと思います。

新製品
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました