NEW Anker PowerHouse II 400発売 超絶容量108,000mAh超大容量バッテリー ポータブル電源
NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C Max」がアレクサ対応に!2000Paの吸引力に向上

新製品

Anker/アンカーの家電部門、Eufy/ユーフィーのロボット掃除機RoboVac/ロボバックシリーズがついにAmazon Alexa/ アレクサに初対応しています。最大 2,000Paに吸引力が大幅パワーアップ、Alexa対応のロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C Max」が販売開始です。

RoboVac 15C Max

RoboVac 15C MaxはAmazon Alexa音声操作対応


今回の製品特徴はいままで吸引力アップや、アプリ対応などを行い順当に進化してきたRoboVacシリーズが、ついに音声操作可能になったところですね

「Eufy RoboVac 15C Max」は定評のある低価格ロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C」をアップグレードしたモデルで、ユーザーからの要望が多かったAmazon Alexa アプリでスキルに対応! スキルインストール後「EufyHome」アカウントと連携することで、Amazon Alexa搭載のデバイスに呼びかけることで掃除機の音声操作が可能となりました。機器に呼びかけるだけで掃除の開始や終了などの動作が可能です。今までアプリでも操作が可能でしたが、ハンズフリーで対応できるのは便利でしょう。

個人的には、音声操作についてはデバイスによって向き不向きがあると思っています。たとえば掃除機や照明、エアコンといったスマホ画面での操作を前提としていないもの、細かな背亭が不要なデバイスというのは音声操作との親和性が高いのでこういった機器のアレクサ対応はウェルカムですね。

Eufy RoboVac 15C Maxはパワフルかつ静音

電子レンジの稼働時と同程度の静音性でありながら、前モデル「Eufy RoboVac 15C」の1.5倍の最大 2000Paの吸引力を両立したというのが大きなポイントですね。

夜間や在宅時でもパワフルな掃除が可能ですということで、掃除の騒音からはある程度開放されるでしょう。それでも掃除の音はしますので、過信は禁物ですが、パワーもかなりアップしていますので、基本性能を上げながら前述のアレクサ対応と合わせて利便性が上がっています。

従来モデルと同じく約7.2cmの薄型筐体ですので、ベッドしたソファー下の掃除も可能です。そして、フローリングやカーペット等床の状況に合わせたEufy独自の吸引力を自動で最適化するBoostIQテクノロジーも搭載しているので、従来同様の掃除の基本はしっかりおさえられています。

RoboVac 15C Max製品の特徴・仕様まとめ

RoboVac15C Maxの機能の特徴をまとめておくと以下の5ポイントに集約されます!

Amazon Alexa 対応 Amazon Alexa に対応し、掃除開始・一時停止・再開・終了・充電ステーションへの帰還・位置確認を音声で操作が可能

最大2000Paの吸引力 前モデル「Eufy RoboVac 15C」の1.5倍となる最大 2000Paのパワフルな吸引力を実現

便利なアプリ機能 EufyHomeアプリから掃除開始・終了やスケジュール設定、モード変更等が簡単に実行可能

BoostIQテクノロジー 床環境に合った最適な掃除ができるEufy独自のテクノロジーを採用し、床状況に応じた最適な吸引力へ自動調整

高い静音性 一般的な電子レンジの動作時と同程度の静かさで、最大100分間の掃除が可能

入力19V = 0.6A、消費電力 40W、吸引力 最大 2000Pa、ダスト容器の容量 0.6L
掃除時間 最大100分、充電時間 約300-360分、サイズ 約 32.5 x 32.5 x 7.25cm、 バッテリータイプDC 14.4V / Li-ion 2600mAh

パッケージ内容 Eufy RoboVac 15C Max、専用リモコン(単4形電池を2本同梱)、充電ステーション、 AC アダプタ、清掃ツール、交換用高性能フィルター、サイドブラシ(×4)、 ケーブル結束バンド(×5)、取扱説明書、クイックスタートガイド

新製品
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました