ラッシーは牛乳、ヨーグルトと砂糖を1-1-1の簡単レシピは混ぜるだけでうまい

JA全農さんのツイートを見てラッシー(牛乳+ヨーグルト+砂糖だけ!)を作ってみました。JA(Japan Agricultural Cooperatives)の「全農」っていうのがなんだかイメージは付きづらいですが、一般人には、いわゆる農協 JAといっておけばよいでしょうか。JAグループの中で、農畜産物の販売や生産資材の供給といった事業を担う機能が全農なんですが、まあそんなことはさておき、ラッシーを作ってみましたよ。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

全農 JAのラッシーレシピは牛乳、ヨーグルトと砂糖でかんたん


これは、だまされたと思って作ってみてください。ほんとに簡単です。いま、学校の給食が停止しているため、牛乳の消費量が落ち込んでいるようですから、支援のような気持ちでラッシーを作ってみるのも悪くないと思います。

ということで、このJAさんのツイートを参考に作るわけですが、よくヒチ率を覚えておきましょう。

  1. 牛乳:200ml
  2. ヨーグルト:200g
  3. 砂糖:おおさじ2
近所のスーパーで手に入らないものはありません

早速材料を買ってきます。

ラッシーのレシピ比率を1-1-1と覚えると簡単

これ、1:1:1だと砂糖の量が半端ないことになってしまいますので、あえて1-1-1と書いておきますが、これ覚えれば応用がききやすいと思います。最後の1は大さじ1です。砂糖を大さじ1というのはだいたい9gくらいらしいのですが、大さじにすり切りで1杯で他と合わせていきます。

牛乳100mlに、ヨーグルト100g、砂糖おおさじ1杯の比率

この、1-1-1の関係がわかれば、いつでもおいしいラッシーができるというわけです。ちなみにクックパッドの適当なレシピでは、すべて適量とか書いてあって意味がわからないラッシーレシピが上位に来ていますので、そういうのは無視しまして、1-1-1を覚えるのが簡単です。

砂糖のかわりにガムシロップを入れてもいいですが分量がわかりづらくなるので砂糖のほうがおすすめです。

ただまぜるだけです。冷たいものを混ぜるのでなかなか混ざらないと思いますので、しっかり混ぜていきましょう。スプーンとかよりも泡立て器のほうが効率がいいです。

砂糖はすり切りでいれますが、1回作ってみてもう少し甘みをということであれば少し増し気味に、甘すぎる場合は砂糖は少なめに調整してみてください。

作ってみたのはJAさんの倍量の牛乳400ml、ヨーグルト400g、砂糖大さじ4です。ぼくの感覚では結構甘いので砂糖2〜3でもよさそうです。基本比率を覚えておけば、応用が効くでしょう。

冷やすまたは氷を入れて飲めば、さわやかなラッシー。はちみつなどを入れてもいいですし、ミキサーがあるならいちごを入れていちごラッシー、マンゴーを入れればマンゴーラッシーのできあがりです。

簡単なのでぜひ試してみてください。これで、カレー屋さんに行ってしか飲む機会がなかったラッシーがより身近になりますよ。

ラッシーのレシピ、1-1-1の比率も覚えやすいですね。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

PR Y!mobileにLINEモバイルから乗り換えた理由
PR ワイモバイルに乗換で考えたSNSデータフリーお得度
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【40%オフ】COUMI Ear Soul TWS-817 3,600円で装着感がよく落ちない!ワイヤレスイヤホン
NEW Cubot P40 格安スマホでクワッドカメラ搭載! なんと89.99ドル iPhone11Proの1/15
NEW コストコで売っていたリブラボラトリーのマスクはどうか? 30枚入り1,480円 @49.3円 大きいが薄い…

この記事を読んだ方におすすめの記事