NEW MagSafe ChargerをiPhone11Proで使ってみた!早く充電できる?ピタッと磁石でつく?
NEW HomePod miniはふたつ買え!やっと普及価格の1万円 本家HomePodユーザーが語ります
NEW 楽天リベーツが4周年でポイント5%〜10%還元 Appleストア5%、iHerb10%等、今お得!
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

新iPhone SE第2世代 2020は安い速っだけど、これ欲しかったヤツ?買うならSIMフリー

3.0
iPhone

2018年にiPhone SE2のことを考えていました。でも出てみたらiPhone SE 第2世代 2020年は、iPhone8のマイナーチェンジ版だし、44,800円という価格はすごく魅力的だと思えるけど、いまさらFace IDからTouch IDに逆戻りなんて。そう思う方も少なくないはずです。

iPhone8のデザインのママで頭が良くなった


たしかにスペックだけ見たら、A13 Bionic搭載ですっごくいい感じがする。3GBメモリということで、処理速度的にはA12搭載 3GBメモリのiPhone XRみたいな感じで使えるんじゃないかと期待できる。

サイズはiPhone6以降の4.7インチ搭載。iPhone5サイズの第1世代のiPhone SEとは異なり画面サイズは大型化してしまった。もはやスマホは大画面化の波には逆らえず、アプリなどをフルに堪能するには4.7インチ以上の解像度が必要となってきているようにも思う。

ただ、iPhone8って、iPhoneXが出た前年のモデルの筐体ですから、今から3年もさかのぼって、はい、みなさんの欲しいサイズですよねー。なんて。これはどう考えたって、世界的に見たらiPhone Xシリーズ以上が購入できない国々の人のためのものだと理解できるでしょう。iOSが載っていることに意味があります。iPhoneを多くの人に使ってもらうことがAppleとしての実現したいことですから。

iPhone SE2020第2世代iPhone8
発売日2020/4/242017/9/22
容量64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
価格44,800円
49,800円
60,800円
価格改定により128GB 57,800円〜
ディスプレイサイズ4.7インチ4.7インチ
種類液晶液晶
解像度Retina HDディスプレイ
1334×750ピクセル解像度
326ppi
Retina HDディスプレイ
1334×750ピクセル解像度
326ppi
サイズ138.4×67.3×7.3mm138.4×67.3×7.3mm
重さ148g148g
プロセッサA13 BionicA11 Bionic
メモリ3GB2GB
リアカメラ12MP F1.8
4K/60fps
12MP F1.8
4K/60fps
フロントカメラ7MP
F2.2
7MP
F2.2
バッテリー容量1821mAh1821mAh
ワイヤレス充電
防水仕様I67IP67
認証方式Touch IDTouch ID
カラーブラック
ホワイト
PRODUCT RED
スペースグレー
シルバー
ゴールド

148gは軽く日本でも売れる ただし格差社会が見え隠れする

バッテリーは1821mAhと、最近のスマホにしては小さく一日バッテリーが持てばいいくらいでしょう。画面は古い設計なので最近のiPhoneと比べると暗いでしょう。最近のスマホカメラは二眼、三眼になり格段に移りが良くなりましたが、一眼のこのモデルはコストカットで前の時代へ戻ってしまいます。まさに過去から来たiPhone。

それでもiPhone SE 第2世代を買いたい人もいると思います。iPhoneXシリーズが手に大きすぎるとか、女性の方には返ってこの大きさのほうがいいかもしれません。世界的に見たとき、爆発的なヒット商品となるはずです。

でもiPhone X、XS、11を使っている人からすると、もうFace IDから古いTouch IDになんて戻れませんし、もう操作方法忘れてると思います。

正直、日本でも売れると思います。

それは日本が全員中流階級という時代が終わり二極化が進んでいるからです。少し前に、iPhoneはお金持ちも貧乏な人も同じものを使っていると思っていました。お金持ちはチタンのiPhoneとか使ってもいいんじゃないか?とか思っていたんですが、今や所有するiPhoneが、11 ProなのかiPhone SEなのかで、所得差がわかってしまう時代になっているとも言えるでしょう。

中高生の娘がiPhone11 Proを使い、サラリーマンのお父さんがiPhone 6SやiPhone5を使い続けるみたいな事態が起きる日本では、iPhone SE 第2世代くらいはお父さんに使わせてあげるべきかもしれません。逆に子どもにiPhoneを使わせたい場合には、iPhone SE第2世代はいい選択肢になるかもしれません。

iPhoneSE第2世代SIMフリーを買って格安SIMを検討したい

格安なiPhone SEは、SIMフリーで買うべきでしょう。いい格安SIMは今どきたくさんあります。iOSであるがゆえに、なんとしてもiPhoneを使いたい人にはこの選択肢はあるのでしょう。

いま、格安SIMを選ぶなら、ワイモバイル、楽天モバイルかLINEモバイルでしょうね。通話料で選ぶのか通信回線で選ぶのかどちらかですが、iPhone SEを格安で買ったのにドコモ、au、ソフトバンクを選んで高額な利用料となると本末転倒です。iPhone SE SIMフリーを使って格安SIMをセットにするのがいいでしょう。

Y!mobile/ワイモバイル

かなりオススメしたいのが、ワイモバイルです。格安SIMというよりはソフトバンクと考えて問題ないのです。高速データ通信に10分間の通話無料、これいいですね。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ワイモバイル公式サイト

楽天モバイル

LINEモバイルの出現により、人気が危ぶまれたが、第4のキャリアとして自前回線を積極的に増設中。2,980円で使い放題ですが、初年度(初月ではなく、年です!)が無料ですので、これを使わない手はありません。楽天カード利用では、ポイント1倍追加などの特典があるため、通話SIMの場合は有利となるため、楽天経済圏の方は使わない手はないSIMとなっています。

楽天モバイル

LINEモバイル

SNSや音楽サービスの通信料が無料というのが、大きい

ユーザー同士でデータ容量をプレゼントすることも可能。LINEユーザーを考えると高校生〜大学生がメインのプレゼントユーザーとなると思います。友だちと一緒に入れば、おたがいに足りないときは助け合いが可能です。データSIMならかなり安いです。600円/月〜使えますが、電話番号がいらない若者向けでしょう。

LINEモバイル公式サイト

iPhone 新製品
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました