NEW Anker Nebula Astro登場 興奮!欲しすぎる。超小型モバイルプロジェクター Android搭載
NEW モデルチェンジ間近か? echo plus 2台で50%オフ 条件はPerfumeの新曲をステレオ再生!?
NEW NETFLIX『監視資本主義』を鑑賞できる人/できない人の格差 Our Social Dilemma 
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

IKEAとSONOSコラボ!SYMFONISK WiFiスピーカー購入注意 Bluetooth、AUXピンジャックなし

ガジェット

結論から言うと、IKEA SYMFONISK/イケア シンフォニスクは、わが家には最高のWi-FiスピーカーでAirPlay2にも対応しています。IKEAは2019年よりホームオーディオ分野に進出してきていますが、大本命ともいえるSONOSと組んだ高音質モデルが登場です。SONOSは世界的なオーディオメーカーでAmazonでよく売っているのを見かけますし、ビジュアルオーディオアワードのVGP2020 金賞受賞と実力のブランドです。ただし「Wi-Fiスピーカー」であるため注意が必要なのです。詳細な実機レビューは後日行いますが、まずは事実をお伝えしましょう。

IKEAシンフォニスクはランプ付きとブックシェルフ型の2種類


世界的有名オーディオメーカーSonosとIKEAのコラボレーションから生まれたIKEA初のWiFiスピーカーは、テーブルランプ形状のモデルとブックシェルフ型の小型モデルの2モデルがあります。IKEAらしくインテリアにマッチするシンプルなデザインは、仰々しくなく、さりげなくインテリアに溶け込むものとなっています。後ほどレビューしますが、音質を考えるとIKEAのスピーカーというよりも、SONOSのスピーカーがIKEAで売っていると思うのがよいでしょう。

SYMPONISKテーブルランプWiFiスピーカー付き 24,990円
SYMPONISKブックシェルフ型WiFiスピーカー 14,990円

白と黒が用意されているので、さまざまな部屋に合わせられるでしょう。

以前に紹介しているENEBY/エネビーはBluetoothスピーカーでお手頃価格でしたが、今回は本格的なWiFiスピーカーとなっており価格が少し高めとなっています。

ENEBY 20cm仕様 5,999円、ENEBY 30cm仕様 9,990円

どっちがいいのかというと、利用環境に合わせる必要があるということです。

SYMFONISKはBluetoothなし、AUX入力なしで注意

改めていいますが、SYMFONISK/シンフォニスク ブックシェルフ型、テーブルランプ型のWiFiスピーカーです。なので、Bluetooth接続などができるとはどこにも書いておらず、AUX入力(ピンジャックケーブル)もあるとは書いていません。

背面にあるのは、Wi-Fi接続と有線LANケーブルソケット、電源ソケットのみです。なので通常のBluetoothスピーカーとして利用しようとすると問題が発生します。そもそもBluetoothがないので、スマートフォンと直接スピーカーを接続することはできません。そしてケーブルによる入力ができないので、アナログオーディオとの接続もできません。

ではなにができるかというと、二通りの再生方法が可能です。AirPlay2での再生ストリーミングサービスからの再生です。

Apple AirPlay 2対応に対応していることで、Appleのデバイスから直接オーディオをストリーミング再生できます。AirPlayの場合はApple TVにミラーリングするように接続します。AppleデバイスとSYMFONISKが、同じWiFiネットワークにつながっている必要があるのです。

もしくは、ストリーミングサービスを利用した音楽やラジオ、ポッドキャストのストリーミング再生が可能です。サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの主要なサービスにすべて対応と謳っているサービスは、Amazon Music、Spotify、YouTube Music、Apple Music、Google Play Music、Tunein、SoundCloud、Anghami,ARTRADIO、Audiobooks.com、Bandcamp、Calm、Calm Radio、CBC Radio & Music、Classical Archives、DAR.fm、KKBOXなどなどです。

SONOSアプリが対応しているストリーミングサービスが利用できるのです。ストリーミングサービスがWiFiスピーカー上で動くので、コントロールする側のiPhoneなどは開放されるため、電話の着信、メール通知などは音楽再生に邪魔になりませんし、iPhoneの電源が切れたりデバイスが近くになくても音楽再生され続けます。

一方で、デバイス本体で再生しているわけではないので、デバイスのボリュームを押しても、ボリュームは変わりません。ボリュームを変えるには、アプリに表示されているボリュームスライダーを動かす必要があります。

トロードフリ/サウンドリモートにも注意

SYMFONISKとあわせて売られているTRÅDFRI トロードフリゲートウェイ 4,499円とサウンドリモート 1,500円(SYMFONISK シンフォニスクサウンドリモート 1,500円とのセットは5,999円)があれば、物理的なリモコンでコントロール可能です。

SYMFONISK シンフォニスクサウンドリモート 1,500円だけでは、音楽再生/停止、曲送り/戻し、音量アップダウンはできませんので注意が必要です。まずIKEA HOME SMARTに対応するゲートウェイが必要なのでセットで5,999円の投資となります。

IKEAの売り場だと細かな説明はありませんので、ボリュームだけ買ってくるようなことにならないようにしましょう。また、上述のようにBluetooth対応かAUX入力があるかないかなども売場ではまったく記載がありませんのでご注意ください。

ガジェット 新製品
Follow Me! YouTube はじめました!
BlackHouse

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました