サウンドーバーのテレビ下に壁掛け設置をしてみた! Bose、JBL、SONY、Yamaha、Soundcoreなどで応用できる

気に入ったらみんなにシェアしてね

サウンドバーはテレビの華奢なスピーカーの音質を補う、最も簡単な選択肢ですね。Bose,JBL、SONY、Yahmaha、DENONからAnkerのSoundCoreなどさまざまなメーカ家から出ていますが、壁面取り付けはちょっと面倒だったり壁の穴が目立ったりすると嫌だなあなんてこともあると思いますが。壁の穴が目立たない、取り付け方を考えてみました。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

サウンドバーとテレビの間隔を狭めにうまく設置したい

Sponsored Link

こんな感じでサウンドバーもテレビも壁に取り付けたいと思い、実際にこうするのはどうしたらいいのかを考えてみました。で、取り付けは直接スピーカー裏の壁に穴を開けてしまうと、サウンドバーをはずした際に穴が目立つ形となってしまうため、壁の穴あけ位置はテレビのボディ裏の隠れる位置に穴を開けています。

まずはどのくらいの位置に取り付けられるか、実際にサウンドバーを壁とテレビに合わせてイメージを膨らませます。そしてサウンドバー裏面にあるフックの位置を確認し、スピーカー側のビスの位置とテレビ裏での壁に穴を開ける位置関係を想像してみます。

Sponsored Link


音声でダイエットできるアプリ

サウンドバーの直接後ろに穴を開けないため曲板ちどりを使う

具体的にどのようなことをしたかと言うと、曲板ちどりという、金物を使いスピーカー裏のビスの位置にテレビ裏壁面から取付金具(ちどり)を垂らしています。最初におおよその位置関係を把握した際に、どのくらいの長さのちどりが必要なのかとか、ビスの大きさなどをイメージしておきます。

おおよそのセンターの位置、取り付けた際のサウンドバーの上端の位置は印をつけておくとズレが生じづらくなります。鉛筆で書いておけば、後で消しゴムで消せますよ。

今回はちどりが1枚100円、ビスとナットがそれぞれ10円程度、2箇所分で2倍の240円程度で設置ができました。壁固定用の木ネジは製品に付属のものを流用しました。こういったものはホームセンターに売っています。

ちどりの長さはスピーカーとテレビのVESAマウントとテレビの下端までの距離+7cmくらい(サウンドバーの厚みの半分くらい+1cmくらい)でしょうか。

スピーカー裏のフックには通常は木ねじの頭に引っ掛けることになりますが、ちどりを使ったことで、ボルトとナットでひっかかるようにしています。取り付けの際は、スピーカー裏をしっかり締めた上で、壁に固定したほうがグラグラ感がなく安定します。

取り付け方は、それぞれの製品の裏面の形状を見て各自でご検討ください。この取り付け例は、参考程度に考えていただければと思います。

比較的簡単な設置になるため、もし壁に目立つ穴が開くことに抵抗がある場合にはお試しください。

Sponsored Link

サウンドバー設置の仕方いろいろ

直接テーブルの植えやテレビボードの上などにおいてもいいですし、パソコンディスプレイの足の上においてもいいかもしれません。サウンドバーの横幅は、テレビの横幅の兼ね合いもあり、大きすぎず小さすぎずといううまい塩梅のところを見つけていくべきです。

SoundCore Infini Miniはミニというだけあり、かなり小型のため、50インチ以上のモニターには今後発売される、SoundCore Infiniのような横に長い大型モデルの方が望ましいでしょう。

今回取り付けを試したのはSoundcore Infini Miniです。SoundCore Infini Miniのレビュー記事もどうぞ。

この他の売れ筋サウンドバーはこちらです。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】Amazon タイムセール祭り9月末 増税前だ急げ!開催決定 2019年9月20日〜63時間開催
NEW 超強力ロボット掃除機 Eufy RoboVac L70 Hybridは水拭きもできる吸引力強化版
NEW ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンMu6/ミューシックスレビュー SONY WH-1000XM3と比較 音質

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む