NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Ankerのノイキャンヘッドフォン Soundcore Space NC投入 サウンドコア

ガジェット

Soundcore/サウンドコアは、AnkerZoloで培ったノウハウやバッテリー技術を活かしながら、最先端のオーディオテクノロジーを駆使し、リーズナブルながらこだわりの音質を提供する、Anker発のオーディオブランド。2018年5月22日火曜日より、Ankerの新ブランド「Soundcore」からオーバーイヤー型ヘッドフォン2製品、サウンドコアスペースNC、サウンドコアボルテックスが発売されます。

最近は各ガジェットメーカーからはワイヤレスイヤホンや、完全ワイヤレスイヤホンなど小型のイヤホンばかりが出ていましたが、しっかりとしたヘッドフォンまでついに出るようになりましたね。

Soundcore Space NC詳細情報 Soundcore Vortex詳細情報

今回はこのリリースに伴い事前にヘッドフォン自体の貸出をさせていただきましたので、詳細レビューは改めて行いますが、使用感を交えてご紹介します。

Ankerの本気が感じられるSoundcore Space NCは低価格ノイズキャンセリングヘッドフォン


Soundcore Space NC詳細情報

Soundcore Space NC:14,980円 → 11,980円 発売を記念して300個限定/3,000円OFF

モバイルバッテリーからオーディオ分野へ足を踏み入れていたAnkerですが、さらなる売上拡大のためオーディオブランド「Soundcore/サウンドコア」が立ち上がり、「Anker」「Zolo」といった2つのブランドから展開されていたオーディオ製品を、新オーディオブランド「Soundcore」に一本化してきています。そのサウンドコアブランドの初のヘッドフォンとしてリリースされるのが今回の二機種ですね。


Soundcore Space NC/サウンドコアスペースNCのノイズキャンセリングは、ハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングというもので、周囲の音をマイクで検知し騒音を除去するもので、Ankerによるとこの機能で低周波音を最大93%、高周波音を最大96%除去できるといいます。

実際に試してみましたが、エアコン、空気清浄機や電車の走行音などはかなりカットでき、静かな環境を手に入れることができます。ノイズキャンセリングというとソニーのイメージがありますが、高級機とは価格差がありますので、過度な期待は禁物ですが、音楽をかけ、ノイズキャンセリングをすれば、周辺音は気にならないレベルに抑え込まれます。

本体右側のパネルが、オンイヤータッチパッドとなっており、タッチ操作で、音楽の操作が可能。一度のタップで音楽の再生 / 停止、またスライド操作で音量調整や曲送りができます。

操作はしっかりスワイプする、なぞるような感じで操作することで認識精度が高まります。少し早めにスワイプすると認識しませんのでご注意を。リモコンいらず直感的な操作なので、楽ですね。
 
特筆すべきはノイズキャンセリング時の長時間再生でしょう。Bluetooth接続かつノイズキャンセリングモード時でも最大20時間の再生が可能ですが、さらに有線接続かつノイズキャンセリングモード時では最大50時間の連続再生が可能という超ロングタイムのノイズキャンセリングが可能。
長時間の電車移動やフライトにもいいですし、勉強にもいいですね。最近完全ワイヤレスイヤフォンが流行っていますが、2時間程度の連続再生なので、長時間再生には左右ワイヤードタイプのイヤホンか、ヘッドフォンの方に軍配が上がります。完全ワイヤレスまかっこいいんですが、バッテリーの持ちがね。。

40mmドライバーによるクリアな中高音、しっかりとした低音。コーデックもaptXとAAC対応でぬかりなし。コンパクトに折りたためるデザイン、しっかりしたトラベルケースとAnkerさん、かなり力が入っています。

音声通話も可能で、CVC6.0ノイズキャンセリング機能にも対応し、通話時の周辺音のノイズキャンセリング機能も付いていますよ。往年のソニーヘッドフォンのようなイメージでデザインもいいと思います。

発売直後はお得です!

Soundcore Space NC製品仕様

ドライバーサイズ:40mm 重さ:約259g
連続再生時間:最大20時間(ノイズキャンセリング使用時)
同梱物:3.5 mm AUXケーブル、MicroUSBケーブル、トラベルケース、取扱説明書、カスタマーサポート、18ヶ月保証

Soundcore Space NC詳細情報

Soundcore Space NC:14,980円 → 11,980円 発売を記念して300個限定/3,000円OFF

Soundcore Vortexはこちらです。

Ankerの格安ヘッドフォン Soundcore Vortex投入 サウンドコア
Soundcore/サウンドコアは、AnkerとZoloで培ったノウハウやバッテリー技術を活かしながら、最先端のオーディ...

Ankerの格安ヘッドフォン Soundcore Vortex投入 サウンドコア

実機レビューもあります。

Soundcore Vortexレビュー Ankerの格安ヘッドホンはBluetoothワイヤレス入門に最適
Soundcore Vortex/サウンドコアヴォルテックスはAnkerの新オーディオブランドSoundcoreから発売...

Soundcore Vortexレビュー Ankerの格安ヘッドホンはBluetoothワイヤレス入門に最適

ノイズキャンセリングのSpace NCの記事はこちら。

Soundcore Space NCレビュー 15,000円以下 Ankerのノイズキャンセリングヘッドホンの実力は?
Soundcore Space NCはAnkerの新オーディオブランドSoundcoreから発売されるノイズキャンセリン...

Soundcore Space NCレビュー 15,000円以下 Ankerのノイズキャンセリングヘッドホンの実力は?

Soundcore by Anker 製品情報

B07BNDH4HWB07BBPJ81QB075S9DVVLB07BK29QZ4B01NAVANRXB01N4V4X5M
Soundcore VortexSoundcore Space NCSoundBuds Slim+Soundcore Spirit XSoundCore 2SoundCore Boost
カテゴリーオーバーイヤー型
Bluetoothヘッドホン
オーバーイヤー型
Bluetoothヘッドホン
カナル型
Bluetoothイヤホン
カナル型
Bluetoothイヤホン
Bluetooth
スピーカー
Bluetooth
スピーカー
カラーブラックブラックブラックブラックブラック/ブルー/レッドブラック
サイズ約167 x 47 x
56mm
約193 x 62 x
65mm
重さ約288g約259 g約16g約23g約414g約585g
連続再生時間約20時間Bluetooth接続
ノイズキャンセリング
使用時
約20時間
AUX有線接続
ノイズキャンセリング
使用時
約50時間
約7時間約12時間約24時間約12時間
出力W数12W20W
iPhone/iPad
Android端末
aptX/AAC対応aptX、AACAACaptXAAC
特徴aptX対応オーバーイヤー型
Bluetoothヘッドホン
AUX対応
ノイズキャンセリング
機能搭載
オーバーイヤー型
Bluetoothヘッドホン
AUX対応
前モデルからの
バージョンアップ
aptX対応
IPX5
SwearGuard
技術によりさらに
防汗構造を強化
6Wドライバーを
2つ搭載し、
低音出力が強化
ボタン1つで迫力ある
低音に切り替え可能
20Wドライバー搭載

Anker SoundCoreシリーズのレビュー記事もご覧ください。

Anker SoundCore2 サウンドコアA3105011実機レビュー この価格サイズにして最良の選択
モバイルバッテリーのAnker/アンカーが販売するBluetoothモバイルスピーカーSoundCore/サウンドコア。...

Anker SoundCore2 A3105011実機レビュー この価格サイズにして最良の選択

クリスマスプレゼントにいい ANKER SoundCore 2 Bluetoothスピーカー本体ケースセットがお得
クリスマスプレゼントは決まりましたか? Amazonでおなじみのモバイルバッテリー、ガジェットメーカーAnker/アンカ...

プレゼントにいい Anker SoundCore 2 Bluetoothスピーカー本体ケースセットがお得は

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました