メルカリのリボ払い「定額払い」という甘いメルカリのワナは使ってはいけない

ほんとにメルペイ定額払いなんて、こんなの使っちゃダメだよ!っておじさんは言いますよ。これはリボ払いですから利息は15%ですし、少額でも使いはじめるとクセになりあとあと厄介なことになるので使わないと決めるのが一番です。気軽にとは書きましたが、極力、なるべくなら絶対に使ってはいけないです。使い出すと使いグセがつくのでやめましょう。リボ払いに苦労したおじさんが語ります。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

メルカリ「定額払い」は「あと払い」よりもたちが悪い


メルカリがメルペイのあと払いをはじめたとき、あーこれはファイナンス分野で儲けるんだなと思いました。世のサービスが決済に向かっていくのは儲かるためには必然でしょうけれど、メルカリを使っているユーザー層を考えると怖いな、としか思えません。

こう言うと反論が起きるのですが、ちゃんと返せる人が適切に使う分には利用すれば良いのです。iD決済はとても便利ですから、ぼくも月1〜2万円くらいはコンビニ決済でメルペイ「あと払い」を利用しています。

後で払えるならこれは本当に便利で、都度の入金が必要ないので大いに使ったらいいのですが、後で払えない(支払い能力がない)場合は、絶対に使ってはいけません。これごく当たり前のことなんですが、本質はクレジットカードであれ、後払いであれ、短期の借金で、小学なので担保がなく、個人の「信用」をベースに短期的な借金の上限が決まっているだけと理解しましょう。

たちが悪いって言ったのは、借金であるということを理解しないまま使わせてしまうことです。特に若年層や主婦の利用が多いメルカリにおいてこういうことをやると通常のクレジットカードよりも事故が起こりやすいでしょう。

メルペイスマート払いなんて言ってごまかすリボ払い

単純にメルカリで売買した代金を引き出さずに日々の支払いに使えるメルペイは、すごく合理的でしたが、前回「あと払い」になった時点で軽いクレジットカードになったわけです。

あと払いで利用可能金額はメルカリ利用状況や他のさまざまな情報を組み合わせて決定されますが、上限は毎月20万円です。ぼくはこの金額を見て驚きましたね。20万円、ぼくの上限もこれになっていますが、この金額を毎月メルペイに当てられる人って日本中探しても富裕層くらいだと思うんですよね。バーコード払やiD払いの場所でしか使えませんから20万円使うのは大変です。

「突発的にビックカメラでMacBook買ってきました!」とかで使うのはいいんでしょうけれど。そしてこれ、クレジットカードの審査ではなくメルカリの審査だから当然クレジットカードを持てない人も、メルカリアプリが入れられれば使える機能になります。それ、結構怖いないと思います。

メルペイ「あと払い」には年齢制限があり満18歳未満だと利用できません。また18,19歳の場合は保護者の同意が必要です。とはいえ、20すぎ辺りから利用可能なわけで特に社会人ではない人が使うのは注意が必要です。ほんとですよ。

そして「定額払い」ですよ。単に分割払い(当然利息がつく)ですが、商品代金を分割して払うのではなく、使った金額を分割にするから、何に対して分割して支払っているかがわからなくなる負の魔法がかかるのです。たとえば車をローンで買う場合は使徒が車じゃないですか。使途不明金になるんですよ、よくわからないコンビニの支払いから、ユニクロの服から何からが全部まとめてリボ払いにできるってことです。これって感覚が狂うのと、金額を抑える改善策が立てづらいんです。なので、魔法。悪い魔法がかかって使いすぎるの訳です。

26日って給料日直後に確実に取り立てる、楽天カードの27日よりも早い!

クレジットカードのリボ払いほどではありませんが常に20万円の上限マックスで定額払いをし続けることになる人が出るでしょうから、聞こえはいいですが、クレジットカードのリボ払いと何も変わりません。さらに悪いことに、この定額払いの利用可能な母集団がメルカリ、メルペイ利用者となると弱小クレジットカード会社を上回る規模なわけです。

その証拠がこれです。メルペイ利用者数:500万人(2019年10月)、メルカリ利用者:MAU 1,357万人(2019年6月)です。MAUってのは、インストール数ではなく、月に使ってくれている利用者数です。この規模、もう金融の会社ができる規模ですからね。

おじさんは言いますよ。リボ払いだけはやめとけ!

少額だから大丈夫。確かにメルカリ、メルペイは少額だけど毎月5,000円の定額払いを20万円分を払い続けていたら40カ月かかることを認識しましょう。

返すのに身の回りのものを売り出したら要注意です。もう質屋じゃん。メルペイがあるがために、質屋と貸金業が一緒になってるんですメルカリは。自転車操業になります。これは金融機関なんですよ。

40ヶ月は3年と4ヶ月です。そしてその間、15%の利息がかかるのです。20万円の利息はたいしたことはありませんが、使うなら月の返済額を多くし3ヶ月(3回)程度で支払いを完了できる金額レベルで利用しましょう。返済するたびに、利用を続けて残高が減らなくなるワナにかからないでください。

ぼくはリボ払いで苦労したことがあります。ほんとに精神的にまいるし、大切な時間は他のことに使いましょう。利息もムダです、他のことに投資しましょう。以上、おじさんからのお願いでした。

この記事を書いた人:たなかま
たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット

BlackHouse 最新&おすすめ記事

PR Y!mobileにLINEモバイルから乗り換えた理由
PR ワイモバイルに乗換で考えたSNSデータフリーお得度
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C Max」がアレクサ対応に!2000Paの吸引力に向上
NEW イケア原宿でIKEAロゴのアパレル雑貨のコレクション EFTERTRÄDA/エフテルトレーダ販売開始
NEW Cubot X30 格安5眼スマホが149ドルでAliExpressで販売中[PR]

この記事を読んだ方におすすめの記事