メルペイ「あと払い」の返し方 借金と質屋のうまいところ。メルカリ利用者には便利

気に入ったらみんなにシェアしてね

メルペイのあと払いは、手数料300円なものの、今後も50%還元キャンペーンなどが想定されかなりお得です。消費税2%よりもこっちの破壊力試してみませんか? 月末締めの欲月末払いということで、軽い借り入れに近いと思っていましたが、メルカリを使い続ける人にとっては、そうでもない気がしてきました。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

メルペイ「あと払い」の返し方は3つある

Sponsored Link

口座振替 銀行から自動で支払う方法
自動支払いの銀行口座を指定して翌月27日の引き落としを待ちます。残高はちゃんと確保しておきましょう。

メルペイ残高払い
メルカリ売上金残高からポイント併用で支払う方法
これはカンタン、メルペイ残高払いを選択し、支払うを、押すと完了です。手持ちのメルペイ残高および支払いに利用可能なポイントが不足している場合はチャージします。

コンビニ/ATM払い
ATMからポイント併用で支払う方法
コンビニは、セブン−イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートでの支払いが可能です。銀行ATMはPay-easyという仕組みを利用しています。利用するコンビニやATMを選択し、お客さま番号を発行する支払いが可能になります。

これは現代の質屋ですな。手数料300円ってクレジットカードまでは大げさではないけど、サービス利用料としてはすごい高いかと言うと適度に毎月使う方にとっては高いとも言い切れないと思います。

Sponsored Link


音声でダイエットできるアプリ

オススメのあと払いの返済方法は?

メルペイ残高払、口座振替でしょう。

これらの返済方法がありますが、それぞれの返済方法を確認するとして、一番利便性が高いのはメルペイ残高払いでしょう。メルペイ残高払いは、残高さえあればここから差し引かれて処理はおしまいです。 ※支払いの操作が必要なので、利用の翌月末までに支払い操作が必要。

もし残高がなくても、支払いまでに入金もしくは何かを売り上げてお金を作ればオーケーという、なんだか現代版質屋的な使い方が可能ってことです。無計画な利用を促進するものではありません。

そして、まったく手がかからないは口座振替です。これは一度指定してしまえば、口座から自動支払いになりますから支払い漏れがありません。利用翌月の月末ではなく、利用翌月の27日に振り替えになります。これずっと使い続けるという手もあるかもしれない。ただし手数料はキャンペーンがない場合は一律300円となります。たまにあと払い手数料無料キャンペーンはあるかもしれませんね。

コンビニ/ATM払いはコンビニの情報端末やATMの操作が必要なやつです。そこで振り込むから、なんらかしらの伝票を出力してレジで払うものなので、物理的に移動して対応しないとなりませんから、いまどきはあまり利用する人はいないと思います。

Sponsored Link

メルペイのあと払上限金額は利用と返済により増加する

ぼくの場合は、6月のメルペイ「あと払い」の上限金額は60,000円でしたが、1万円を上限にして6,000円を使い、返済したところ、7月の「あと払い」上限金額は90,000円になっていました。90,000円をiDで月に消費するのは、かなり頑張ってると思いますが、上限=自分が指定する上限ではないので使いすぎは防げると思います。

必要に応じて、あと払いも使ってみてください。なかなかよいサービスだと思います。特にメルカリで売買をしているユーザーは、売上てから入金までの時間がかかるのでその間の買い物分を、あと払いにしておくなど、いろいろ使いではありそうですね。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】ブラックフライデー何が安い?Amazon BlackFriday 11月末開催決定 2019年11月22日〜63時間開催
NEW 台風被災の東松山のフードスクエアライフガーデン KASUMI、蔦屋書店、GU、セリアは営業再開?閉店退店か?マック、ケーズデンキは?
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む