Anker Nebula Capsule2実機レビュー 煩わしい配線不要!AndroidTV搭載で手軽にホームシアターが完成!

気に入ったらみんなにシェアしてね

AnkerのNebula Capsule II(2)/アンカーネビュラカプセル2はAndroid TV9.0搭載のモバイルプロジェクター。720pの高解像度に対応し最大100インチで投影可能となっており、前モデルのNebura CapsuleCapsule Proは実機レビューもしていますが、480pから大幅に解像度が上がっている点と、Nebula Capsule2は明るさ200ルーメンということで、初代より100、150、200ルーメンと明るさをアップしてきており確実にステップアップしていますね。

15秒でまとめると

  1. 480pから720pのHDへ対応! より鮮明に
  2. 720pのHD投影は100インチまでに対応
  3. 明るさも200ルーメンになり、以前よりも鮮明に投影可能

Nebula Capsule 2詳細情報

150インチ対応のNebula mars2も出ました! ますますアンカーのネビュラシリーズは目が離せません。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

モバイルプロジェクターにAndroid TV搭載というベストな組み合わせNebula Capsule2

Sponsored Link

Nebula Capsule 2の箱は以前のNebula Capsuleよりも少し大きくなりました。720pのHD対応と音量が8W出力対応になったこともあり大音量と大きく明記されています。

Nebula Capsule2は、Android TVをモバイルプロジェクターとして世界で初めて搭載したモデルとなっており、製品レビュー内でも紹介しますが、かなり洗練されたテレビ的なインターフェースとなっています。

製品を開封していきます。Nebula Capsule2本体、USB-Cケーブル、USB−C充電器(Anker USB-Cバッテリーに付属するタイプ)、リモコン、電池、説明書が入っています。基本的にはリモコン操作を行いますが、本体上部には基本操作ができるようにボタンも付いているので、簡単な操作は本体で可能です。

全体に質感が高い仕上がり。コンパクトななかにかなりの機能を詰め込んだ印象。製品としてかなり完成されたものになってきていると思います。ちょっと持っててうれしい感じ。所有欲をくすぐる完成度となっております。

パンチングされたメタルな外観がかっこいいです。

Sponsored Link

Nebula Capsule2は白い壁ですぐにホームシアターができる

寝室の白壁に投影してみます。手軽にどこでも映せるという特製は「モバイル」プロジェクターのいいところです。ガッツリスクリーンを用意するまでもなく、ちょっとデカい画面で映画を観ようよとか、サラッと手軽に映せるのはいいですね。白い平らな所があれば、どこにでも投影できます!

モバイルプロジェクターということで特にスクリーンに投影しなくてはならないということではないと思いますが、もし白いスクリーンが必要ならば、NIERBOの激安プロジェクタースクリーンはおすすめです。3,000円も出せばしっかり映るようになりますよ。

プロジェクタースクリーンへの投影はきれいですが、それなりに設営が必要ですし、モバイルプロジェクターという性質を考えると家庭やオフィスでの白壁に直接投影することが多いでしょう。本レビューも白壁に投影した状態で行っています。

Sponsored Link

投影するソースはネットからでオーケー

プロジェクターで困るのは映すモノをどう接続するのかという問題ですが、Nebula Capsule2では、Android TVが内蔵されているということでなにも繋がなくても映像を映すことが可能です。HDMI、USB端子による外部機器との接続も、もちろん可能です。

内部共有ストレージの空き容量などをみていくと、3.7GBとなって一見少ないようにも感じますが、動画はUSBポートからのカードリーダーで利用するような想定であれば、空き容量が問題になることは少ないでしょう。動画系アプリもそれほど容量を食うものでもないのであまり気にせず利用可能です。

モバイルデバイスとは違いデータダウンロードからの再生というよりはストリーミング再生がメインの端末になります。なので、容量よりは通信環境に気を使った方がよさそうです。

Google Play Storeアプリのダウンロードも可能ですが、おすすめのアプリがリストアップされるのでそこから選択してインストールするのが、手間がかからずかんたんでおすすめです。Twitter、Spotify,hulu、AbemaTV、AWAなどのがすぐにインストール可能です。

Android TV対応のアプリなので、レイアウトはテレビ最適化、スクリーン、壁に投影された場合でも見やすいようなフォントサイズなどのに調整されていますYouTubeやAmazon Prime Video、Netflix等 3,600以上のアプリを楽しめることになっていますが、3,600あるかどうかは確認できませんでした。確認したところAmazonプライムビデオはありませんでした。Netflixもありませんでした。ありませんでしたというのは、Google Playストアの検索で見つかりませんでいたということです。

【追記】Amazon Prime VideoやNetflixに関して、Ankerさんに確認しました。まずGoogle Play ストアより「Nebula Manager」をダウンロードし、そこからアプリを検索してインストールできるとのことです。


高解像度化、明るさアップとオートフォーカスがいい

明るさアップにつもポイントが高いです。200ルーメンに明るさとなり、シリーズのはじまりの100ルーメンから150ルーメン、そして200ルーメンにまで対応することになりました。前モデルのNebula Capsule Proの150ルーメンと比較しても明るさ33%アップの200ANSI ルーメンとなり、かなり明るく写ります。

黒と色のついた部分のコントラストが前からモデルに比べ、かなり鮮明に鮮やかに投影できています。

オートフォーカス機能はかなり便利です。本体を少しずらしただけでもオートフォーカスのマーカーが出てしっかりと焦点があうようになっています。明るめの部屋でもあうところも○。

いままでネジみたいなものを回して合わせていたので、ちゃんとあってなかった人(以外にピントをシビアに合わせない人はいるものです)も自動になるので、よりきれいな映像が多くの人が楽しめることになりますね。

解像度は1.5倍の720P に進化し画質のきれいさが映えますが、外部入力ソースはよいのですが、AndroidTV Google Playムービーのサムネイルなど一部は1080pでないためか、低解像度の画面が出力されているようです。画面がギザギザするところが多少あります。

Google Playムービーも映像を再生しはじめると問題なく鮮明な画像となりました。バンブルビー楽しそう。

高解像度化は字幕にも影響します。前モデルのレビューでは字幕のギザギザには目をつぶろうというようなことを書いていますが、バッチリ解消されていますよ。近くで見なければかなり滑らかな字幕。ストレスはありません。

Sponsored Link

FireTVにつないだりエコーにつないだり無敵だ!

ソースに困らなくてもAmazon FireTV Stickなんかをつなぐと無敵です。ぼくの場合はNetflix、プライムビデオが見つからなかったのでこうしていますが、AndroidTVで満足しない場合にはFireTVさえつなげばもうなにもいりません。※ネットフリックス、Amazonプライムビデオは、FireTV上で動かします。別にアプリを入れればAirPlayにも対応できます(著作権保護なしの動画転送再生はもちろん可能)し、もう最高なわけです。

本モデルは、音質面が改善されており、Scan-Speak社設計のスピーカーを採用しています。Bluetoothスピーカーとしても機能するので、スピーカーとしても利用ができます。実際に映画の再生で使ってみると前モデルよりは改善されていますが、そこそこです。8Wの出力が可能なので音量は十分ですが、低音が少し足りないと感じます。

そんなときは、外付けスピーカーをつなぐとよくなります。本機はBluetoothスピーカーとしてBluetoothの音声入力も可能ですが、逆に別のBluetooth機器にも接続が可能です。この場合は映画の音声をAmazon Echoなどに出力することで低音補強が可能です。

Amazon Echo Plusはかなり低音が出て単発スピーカーとしてもおすすめですので、円筒形状同士セットで使ってもよいかもしれませんね。スピーカーは、スクリーン前に置くほううが臨場感が出ます。

Anker Nebula Capsule II製品仕様

350ml〜500缶のような本体形状に、Android TVを搭載。ケーブルの取り回しに苦労しないモバイルプロジェクターです。ハードとソフトウェアの連携がよく非常に完成度の高いプロダクトとなっています。解像度が1280*720にアップし高機能と利便性の両方が詰まったおすすめモデルとなりました。

高さ:150mm x 80mm  重さ:約740g
輝度:200ANSI ルーメン 解像度:1280 x 720画素
充電時間:約 2.5 時間(15V=2A USB Power Delivery での充電時)
再生時間:動画:約 3 時間(ローカルコンテンツ再生時)/ 約 2.5 時間(Wi-Fi 利用時) 音楽:約 10 時間(Bluetooth スピーカーモード時)

Anker Nebulaシリーズのレビュー記事もどうぞ

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】アマゾンサイバーマンデー何が安い?Amazon Cyber Monday 2019年12月6日〜9日今年の締めくくり
NEW BlackView A80 Pro 80ドルの格安スマホ!AnTuTu99,700の実用スペック
NEW 大阪王将 羽根つき餃子が小麦粉ユニットが付いて調理簡単、安旨で最高 150円程度で買える

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む