AUKEY 2in1広角/マクロレンズレビュー 手軽なクリップレンズ PL-WD06

気に入ったらみんなにシェアしてね

iPhoneやAndroidのスマホでより広い範囲がレンズに収まればいいのに、もっと拡大して撮影できればいいのにと広角やマクロ撮影をしたいと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。AUKEY/オーキーの2in1レンズPL-WD06はそんな願いをひとつのレンズでかなえるレンズかもしれません。x0.45広角レンズ+x15マクロレンズの組み合わせでより広く、よりクローズアップした写真を撮れるレンズキット。集団写真、旅行、自撮りで活躍しそうです。

レビューにあたりAUKEYさまよりAUKEY PL-WD06を提供いただいています。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

広角/マクロの大口径スマホクリップレンズ

Sponsored Link

スマホのカメラレンズ部分にクリップで取り付けるだけで、 広角、マクロ(被写体をクローズアップ)のおもしろい写真、普段撮れない構図の写真が簡単に撮影できる便利なレンズがAUKEYの2in1レンズPL-WD06です。iPhone7、8などのiPhoneシリーズだけでなく、市販のほとんどのスマホ、タブレット(厚み13mm以下)に対応できる、クリップ式です。

※iPhone X以降のデュアルレンズ機種ではレンズに対して取り付けが曲がる場合があり、正式には対応を歌っておりませんがレビューはiPhone Xなどで行っております。iPhone XRなんかだと単眼でバッチリですね。

セット内容はレンズ本体(広角レンズ、マクロレンズ)、レンズキャップ、キャリングケース、カラビナ、レンズクリップ、マイクロファイバークロスです。しっかりとしたレンズキャリングケース付きで、持ち歩き時にこまることはないでしょう。

かなり大きめな口径を持つスマホレンズ PL-WD06は、よくあるクリップレンズよりもさらに大きいので光の取り込み量が多く、より明るい写真が撮影可能です。また、口径が大きいため、イメージサークルが大きいため、レンズ中央から外側にかけて膨らんだような歪曲収差が少なくなる特徴があります。

Sponsored Link


DeNAのライブ配信アプリ

2in1だから取り回しがいい

2つのレンズをセットで使うと0.45倍の広角レンズとして利用でき、広角補助レンズをはずすと15倍のマクロレンズとして利用が可能です。取り外しによりレンズの性質を変えられるので基本はワイドレンズとして使い、必要な時にマクロレンズとして使うような感じの使い方になりますね。

広角レンズ(x0.45)
同じ距離、位置からで撮影すれば、通常レンズ時から約2倍(面積比)の範囲を撮影可能です。なので、縦横おおよそ1.44倍ずつ広くなるイメージです。静止画はもちろんですが、動画や生放送などの利用の方にもいいのではないでしょか。

マクロレンズ(x15)
表面の細かい凸凹などを詳細に撮影することが可能なマクロ撮影が可能。通常レンズでは被写体に寄るとボケて撮影ができなくなりますが、このレンズでは10〜25mmまで接写可能です。

写真を撮る前にカメラとレンズがしっかりAUKEYのレンズの中央にスマホのレンズの中心が来るように調整をしましょう。そうすることで、レンズ同士が会っていないことによる画像の歪みを防げますし、広角レンズに起きるレンズフードやフィルターの端の部分が、写真内に写り込んでしまう「ケラレ」を防げます。しっかり合わせることが必要です。中心を合わせることでより鮮明なが画像を撮ることが可能です。

Sponsored Link

AUKEY PL-WD06の広角撮影

広角撮影はx0.45倍ということでおよそ面積比で通常の2倍の範囲が写ることになります。縦横1.44倍ずつ伸びる感じのイメージですね。ルート2ですよ。

iPhone X、XS系のデュアルレンズカメラですとちょっと浮かして持つ、もしくはケースでレンズ面が平行になるような工夫をするとちゃんと写ります。四隅はナガレと呼ばれる放射状の縞が多少出ます。

結構広い範囲が取れることと、これでもかというくらいの魚眼ではないので利用用途が広く重宝します。

かなり寄った場合でも結構な範囲が入ります。価格が3,000円以下であることを考えるとレンズとカバーまでセットで買うような高級レンズを買う前にまずはお試しで使ってみるのにはベストだと思います。


AUKEY PL-WD06のマクロ撮影

マクロレンズを使用する時は、写そうと思っている被写体と10~25mmの距離でかなり寄る必要があります。このレンズは広角レンズとマクロレンズがつながった状態でパックされているのでワイドレンズを回転させてはずして利用します

通常のiPhoneレンズだと例えば多肉植物を写そうと思ったとき、一枚目の写真くらいしか寄ることはできません。これ以上夜とピントが合わない写真になってしまい、被写体の後ろのものにピントが来たりします。きれいに拡大写真を撮りたい場合、マクロレンズが活躍します。15mmほどの距離によってこのくらいのマクロ撮影が可能です。まわりがボケるようなボケ足/ボケ味効果はそれほど高くありませんので、ボケ足期待の方は一眼で撮るような本格的なカメラが必要です。マクロレンズ、かなり手軽ですので、結構いいと思います。

Sponsored Link

AUKEY2in1仕様 PL-WD06

0.45倍の広角レンズと5倍のマクロレンズのセットで手軽な価格。光を取り込むために比較的大きめなレンズとなっていますので、少し大きく、重めですが、iPhoneでは到底難しいマクロ撮影が可能になること、0.45倍の広角撮影と撮影の幅を広げてくれるアイテムです。

パッケージ内容
AUKEY 2in1 自撮りセルカレンズ本体、クリップ1個、レンズカバー1個、収納ケース1個(カラビナ付き)、レンズクリーニングシート1枚、2年間安心保証カード

この他、AUKEYでは魚眼、広角、マクロに対応した3in1レンズも販売していますよ。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 台風被災の東松山のフードスクエアライフガーデン KASUMI、蔦屋書店、GU、セリアは営業再開?閉店退店か?マック、ケーズデンキは?
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!
NEW 激速 Yiida(イーダ)レビュー 革新のスキャン式電子辞書 指さしで翻訳 新英和中辞典搭載!

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む