BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW ZOZO SUITSで買えるZOZOプライベートブランドを全部試す(随時更新) メンズ ZOZO PB
NEW Ankerセール 11月18日限定!Amazon特選タイムセール20製品を最大30%OFF
NEW 新4K衛星放送を観るには何が必要なの?4Kテレビ? BS 110度CSチューナー?


popin Aladdin 天井シーリングライトがプロジェクターに!テレビも映る!設置レビュー

気に入ったらみんなにシェアしてね

popin Aladdin(ポップインアラジン)は、世界初の3in1プロジェクターとして売り出された。天付けプロジェクターです。なにが3in1なんだよってことなんですが、プロジェクターとスピーカーとLEDシーリングライトの3つを一つにまとめたよってことですよ。

今までNebula Capsule Proなど小型製品についてもプロジェクターレビューはしていますが、今回の製品は天井に直付けで、かつ電源が天井から取れるというちょっと変わった製品。本製品はpopinという記事レコメンドエンジン(ネット広告)の会社からスピンアウトしたリアル家電製品です。クラウドファンディングで人気を得たこの製品は2018年11月1日より一般販売が開始されます。

Amazonでの購入は10%ポイント還元付き

プロジェクターが簡単に天付けできるよろこび!工事不要

Sponsored Link

毎回プロジェクターで困るのが設置です。電源をどう引っ張ってくるのか? コードの取り回しはどうするのか? 三脚を使うの? 天井に吊るすの? なんの入力を使うのか? スピーカーはどうやって接続するのか? もはやこれを解決しない限り、プロジェクターはマニアのものでした。マニアじゃなくてもプロジェクターの大画面は気軽に使いたいですよね。

 

簡単に、設置したい。電源って? 天井にあるじゃないですか?

たいていの家の部屋の天井真ん中にはシーリングライト用の引掛シーリング、引掛ローゼットというものがついています。ここに設置ができれば天井に配線を這わせることなくプロジェクターが設置できますね。すごい発想。そして、プロジェクターがあると今度はライトがつかないじゃないか? スピーカーも音がしょぼいなんて嫌だ!ってなるわけでそれも合わせてくっつけたのがアラジン。3in1の製品です。

結構でっかい箱に入って到着する、popin aladdin/ポップインアラジンは、よくある家庭用シーリングライトのライト部分の下にプロジェクターとスピーカースペースがある形状となっています。通常のプロジェクターを考えると、かなりでかい部類に入りますが、天井に取り付けると圧迫感は感じられなくなります。

パッケージの内容物はpopin Aladdin本体、シーリングライトのシェード、説明書、リモコン、電池、取り付けソケットです。

Sponsored Link

popin Aladdinを開封 天付けしてみよう

 

本体はLEDシーリングライトと、DLP方式のWXGA(1280×800) プロジェクターと、ハーマンカードンのスピーカー5W+5Wが一つの筐体にはいっています。厚みは10cmちょっとあり、これにシェードを付けて16.9cmというスペックです。

シーリングライトは点灯してみるとわかるのですが、電球色のLEDと蛍光灯色のLEDの2種類がまぶされるような形で配置され、これらの強弱により調光、調色が可能となっており、2800K〜6000Kで6段階調色、3800lm/ルーメンで6段階調光が可能です。

伝統としては8上までの部屋に対応するような明るさとなっています。ただし、部屋のセンターにシーリングライトがある部屋で考えると、中央から3.09mのところにある壁で120インチのスクリーン投影となるため、すこし部屋のセンターから投影面の壁と逆側に向かって離れていないと120インチまでは投影できないです。追って触れていきます。

 

天井面は黒くなっており、スポンジが付いています。これは、引掛シーリングにはめたあとも、プロジェクターの方向を回転させることができるため、天井との接触をスポンジで和らげるような仕組みになっています。すこし天井から浮いた状態、でもクルッと回るでもない、上手いバランスで設置ができるような配慮です。

中央には取っ手のようなものがついていますので、これを持って天井にガチャっと接続しに行きます。天井の引っ掛けシーリングに対してソケットを付け、そこへかちゃっと押し込むとロックされて設置が完了。簡単です。電源コードが伸びているので、本体側に接続すると通電します。

Sponsored Link

popin Aladdinの天井設置とセッティング

 

LEDシーリングライトには、6段階の明るさ×6段階の色。36色から選べる調光・調色機能が搭載されています。かなりあかるい。わが家は基本的にはダウンライトしかないので、部屋の真ん中に引掛シーリングがある部屋はすくなく、こんな大光量のものをつけるのは久しぶりです。

ソケットから本体にケーブルが伸びていて、コードの長さ分だけ遊びがあるので、正面から左右に照射方向を変えることができます。照射方向が変わるのは結構重宝します。

リモコンは、シーリングライトとプロジェクター、スピーカーのすべてがコントロール可能です。

開発当初はプロジェクターとシーリングライトの2つだったようですが、1つになったことでかなり使い勝手が良くなっています。十字キーと戻るボタン、ホームボタンも絶妙な位置にあり、とてもコントロールしやすい配置です。

 

リモコン底面に照射のフォーカスをコントロールするのか、音量を操作するのかのスイッチがあり、初期設定時はフォーカス側にスライドして焦点を合わせます。この調整もスムーズ。天井にくっついているものなので、リモコンでコントロールできるのはかなり便利で使い勝手が考えられています。

その後、上下の位置調整(物理的にレンズが上下に動くので照射距離にもよりますが上下50cmくらいは動かせます)、台形補正が可能です。台形補正も四隅それぞれを動かせるのでかなり細かく調整が可能です。

結構天井に設置すると、分厚いかなと思ったものも2m以上上にあるのでそれほど暑さは感じません。ただし7kgの本体を吊るすことになりますから、通常は問題な区設置可能かと思いますが、賃貸アパートなどでは天井強度は確認しておくに越したことはありません。

壁の電気(シーリングライト)のスイッチとの連動はかなり考えられています。初期設定時だけ壁のスイッチと同時に本体が立ち上がりますが、初期設定後はLEDシーリングライトとして日常使う場合には、スイッチ操作だけで証明がオン/オフ可能です。

プロジェクターは電気をつけたあと、リモコンの電源オンボタンから起動。照明が不要の場合にはリモコンで照明を落とすか、オフにします。

プロジェクターの電源オフもよく考えられています。電源オフを押すと、さらに電源オフで切れますが、秒数カウントダウンがはじまり、再起動など他のメニューが選べますが、カウントダウン後切れる機能がついているのでワンプッシュで終了操作が可能です。

天井につけるとスピーカー配線が面倒となるのですが、popin Aladdinのスピーカーは、Harman Kardon/ハーマン・カードンのスピーカーを搭載していますから、よほど音楽にこりたいという場合以外は、音が悪いということもありません。

天付けスピーカーとしては、AirPlay、miracastに対応するため、プロジェクターの画面をオフにして、BlueToothスピーカーとして利用でき、スマートフォンとBluetooth接続するだけで、音楽が部屋に拡がります。

逆にこのスピーカーじゃ嫌だなという方は、外付けのBluetoothスピーカーを用意すればそちらにワイヤレスで出力が可能です。ハーマン・カードンに不満があるなら、外付けを使ってください。

popin Aladdinはテレビも観られる Netflix、プライムビデオは?

ただのプロジェクターではありません。いろいろなアプリが入って寝室を楽しくしてくれるpopin Aladdin。独自アプリケーションで時計を表示したり、写真をスライドショーにしたりとさまざまな使い方があります。iPhoneをミラーリングするAirPlay/エアプレイ、Windows、Androidのミラーリングmiracast/ミラキャスト、DNLA対応で映像ソースをワイヤレスで天井へ転送が可能です。

OSがAndroidなので、Nebula Capsule Proと同様にYouTubeの呼び出しが可能です。Abema TVも見られる。結構よくできてる。今後はNetflixやAmazonプライム・ビデオ、HuluやDAZNなどのアプリも供給されてくると思われます。

現在は提供されておらず、iPhone、Androidからミラーリングしても、著作権の処理の問題で、音は出るけど映像は出ません。早期のアプリリリースを望みます。これアップデートで対応されれば名実ともに名機となるでしょう!  アップデート待ってます!

とはいえ、通常のテレビの投影は現時点で可能です。

専用アプリDiXiM Playにより、自宅のレコーダーと連携すると、放送中のテレビ番組や録画番組を大画面に照射可能。「DiXiM Play for popIn Aladdin」というアプリを使えば、一発です。2018年12月31日までに「popIn Aladdin」を購入した場合は無料でシリアル番号を入手できます。

DiXiM Play for popIn AladdinというのはDTCP-IP対応のネットワークプレーヤーアプリケーションで、テレビやレコーダーなどのサーバー機器を経由して、録画した番組や放送中のテレビ番組を見られるアプリケーションで、popin Aladdinでは自宅のWiFiにつながっている機器と、ワイヤレスで接続可能です。

対応サーバー数は業界最多の200種以上と言われており、Panasonic DIGA、Panasonic VIERA、SHARP AQUOS ブルーレイ、TOSHIBA レグザブルーレイ、SONY nasne(ナスネ)、SONY ブルーレイディスクレコーダー、maxell、各種セットトップボックスやNASなどに対応しています。わが家はtorne for PS4/トルネで試しましたが、ライブ視聴は可能でしたが、録画番組は番組選択はできるけど再生できませんでした。アップデート待ちですね。うちだけかな映らないのは、、、

とちょっと残念な点も書いていますが、天井に電源ケーブルを這わすような大規模工事も必要なくて、手軽に天井にプロジェクターがつけられて、スピーカー配線の心配もない。

プロジェクターが不要なときには、照明として日常いつも使える。すっごくよくできています。プロジェクターという非日常を日常に、手軽に持ち込んだpopin Aladdinの功績は非常に大きいでしょう。これはかなりいいですよ。次回は操作レビューをしていきます。

Sponsored Link

popin Aladdin製品仕様  手軽に部屋をエンタメ空間に

ポップインアラジンは、お父さんの夢。寝室プロジェクターをかなえてくれる製品。天井工事、複雑な電源確保、スピーカー配線など一切を排除して、家のシーリングライトを取り替えるくらいの手軽さで部屋をエンターテイメント空間にしてくれる。にくいやつです。

光学系
投写方式 単板DLP方式  表示素子 WXGA(1280×800) 0.45型DMDパネル 明るさ 700 ANSI ルーメン 光源 RGB LED

LEDシーリングライト
適用畳数 ~8畳  器具光束 3800lm, 6段階調光 光色 2800K~6000K , 6段階調色 演色性 Ra 80 設計寿命 20000時間  投影調整範囲 上下可動域 0~18度 台形補正 水平40度, 垂直40度

スピーカー実用最大出力 5W+5W
システム CPU 64bit 4Core 1.5GHz
メモリ 2GB  ストレージ 16GB  OS Android

ミラーリング AirPlay / DLNA / Miracast 2018年11月よりMiracast対応予定
定格消費電力 115W
動作温度 5℃~35℃
駆動音 35dB以下
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac  Bluetooth

外形寸法・質量
外形寸法 476(幅) x 169(高さ) x 476(奥行) mm  質量 4.9Kg

Amazonでの購入は10%ポイント還元付き

いままでなんで、なかったんだろう。プロジェクターに手が出なかったお父さん、プロジェクターっていいじゃんと思ったお母さん、高校生大学生くらいの方、お父さんの物欲を刺激して買ってもらってください。とてもいい製品だと思います。

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。