Anker Nebula Capsule Proレビュー プロジェクターで生活が豊かに!モバイル、アウトドア、寝室に

気に入ったらみんなにシェアしてね

AnkerさんよりNebula Capsule Pro/アンカーネビュラカプセルプロ プロジェクターの実機を貸し出しいただきましたのレビューしていきたいと思います。すでにNebura CapsuleCapsule Pro発売についてはお伝えしていましたが、やっと実機レビューです。本機は350ml缶サイズのモバイルプロジェクターで、ノーマルバージョンのネビュラカプセルに+3,000円で明るさアップ、メモリとストレージが2倍ですから、Proの一択になります。350ml缶サイズで最大100インチを投影が可能ですから、アウトドアや自宅ベランダ、寝室にと持ち歩いてどこでも大画面を楽しむことができますね。もちろんバッテリー内蔵だから仕事でプレゼンように常に持っているのもいいと思います。

Nebula Capsuleシリーズ詳細情報

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

プロジェクターにAndroid7搭載という利便性Nebula Capsule

Sponsored Link

毎回プロジェクターで思うのが再生するためのソースをどうするかです。通常ブルーレイやDVDをHDMIでつないだり、ビジネスではD-subなどでパソコンとつないだりすることがあるでしょう。Nebula Capsuleは、通常のプロジェクター同様、HDMIの入力、MicroUSB端子によるSDカードなどの静止画、動画データの読み込みが可能。

それだけではありません。Android搭載により単なるモバイルプロジェクターではなく、本体単独でYoutubeやAmazonプライムビデオ、Netflix等の再生が可能です。ちなみにスマホからのミラーリングも可能(著作権保護コンテンツはミラーリングはできない)です。

最初に書きましたが、Nebula Capsuleの通常版は100ルーメンでメモリ1GB、ストレージ8GB。Nebula Capsule Proは通常版をアップグレード。たったの3,000円の違いで、150ルーメン、メモリは2倍の2GB、ストレージも2倍の16GBと倍増。確実に「Pro」を買ったほうがいいです。

Sponsored Link

Nebula Capsule開封 内容物をチェック!

 

思いのほか小さな箱で届いたネビュラカプセル。本体、充電器、説明書のほかリモコン、キャリングポーチ、汚れ拭き用クロスが入っています。Bluetoothスピーカーとしても機能するのでプロジェクターの音声はもちろん、外出先での音声、音楽再生にも役立ちます。5Wスピーカー内蔵なのでちょっとした広さの部屋では十分な音量で視聴できますね。貧弱な内蔵スピーカーばかりのプロジェクターが多い中これはとてもすばらしいですよ。

ネビュラカプセルではSoundcoreシリーズで培われているスピーカー技術を使ってプロジェクターまわりの360度に音声を届けます。

バッテリーは5,200mAhの大容量です。この電池を使ったスマホの充電などはできませんが、本体をビデオ再生で4時間(WiFi併用で3時間)、音楽再生は30時間のロングプレイが可能です。コンセント不要で駆動できるので、屋外利用も余裕ですね。

 

操作は付属のリモコンのほか、リモコンアプリ「Capsule Control」で可能。どちらも基本的な操作は同じですが、物理的なリモコンは本体背面の赤外線受光部に向けて操作しないとならないため不自由です。アプリでの操作がいいですね。マウス操作とボタン間を選択移動する操作モードがあり行き来しながら操作します。「戻る」ボタンが右側にあるのでFireTVApple TVとはボタン配置で戸惑うことがありますが、慣れです。

レンズはむき出しでレンズシャッターやキャップはありませんので、持ち運びはていねいに行ったほうがいいでしょう。簡易なキャリングポーチがついていますのでこれに入れて持ち運びましょう。

Sponsored Link

Nebula Capsuleセットアップとファーストインプレッション

重さ実測475gで350ml缶程度の大きさ。すこしずっしりしますが、それほどの重さではありません。むしろ缶ジュースではなくプロジェクターだと考えるとバッテリーが含まれているので、ワクワクがこの重さで!と思うともう気になることはありません。むしろ軽い。

 

まず、設置には三脚はあったほうがいいですね。ある程度設置に高さがあるほうがいいのと、高さの調整ができたほうが投影位置調整がらくちんです。底面にはプロジェクターでは必ず付いていると思ってよい、三脚固定用の穴が開いています。

AGPTEKの自撮り棒がセルフィーアレルギーの人にもおすすめ GoProのハンドルしても使える
世の中には二種類の人間がいる。自撮りをする人が自撮りをしない人かだ! 自撮り棒という文化...

GPTEKの自撮り用の三脚セットですがこれ非常に役立ちました。

 

セットアップは言語設定、Wi-Fi設定と通常のアンドロイド端末をセットするのと同じです。Androidはバージョン7.1.2です。メモリもネビュラカプセルプロなので2BG、ストレージは16GBですね。16GBあるとオフライン視聴用に映画を5,6本ダウンロードできるので、電波がないキャンプ場なんかでも安心して使用できます。これはすごい!(念の為実行する前に本当にオフラインで再生できるかは確認してからでかけてくださいね)

 

トップはHDMI入力、ファイルマネージャー、アプリマネジャー、ネットワーク設定、設定メニューがあり、HDMIはテレビでいう外部入力、ファイルマネージャーはマイクロUSB端子に接続したカードリーダーなどからファイルを読み込みます。後述するAPK(Androidのアプリファイル)をインストールすることもできます。

なぜかテレビ東京のビジネスオンデマンド アプリが入ってますね。Amazonプライム・ビデオアプリはアップデートにて対応となっておりますが、後ほど紹介する方法で現時点でも入れられます。


APKファイルのダウンロード・抽出とインストール方法 これで一気に豊かさアップ!

これです。アプリのインストール! ほかにFire TVとかいらないよ。

なんだろうこのクオリティー・オブ・ライフ QOLが半端なく上がった感。

デフォルト状態であってもHDMI経由やYouTube、Netflix、それからiPhone、iOSであればAirPlay/エアプレイ、Android等であれば、miracast/ミラキャストでミラーリングできるので、映像ソースに困ることはありませんが、アプリがインストールできるとなるともう天国ですね!

 

デフォルトのアプリストアもありますが、ブラウザベースでサービスを見に行くものが多いので、APKファイルをインストールする方法でネビュラカプセルを拡張しましょう。

このAPKファイルのダウンロード方法は別のページで紹介したいと思いますが、簡単に書くと①手持ちのAndroidから抽出し、MicroSDカードにコピーしてインストールする方法②ネットでAPKファイルを落としてきて同様にコピー、インストールする方法があります。

①はAPK downloaderというサイトで「Package name or Google Play URL」と書いてある、テキストボックスにAPKファイルをダウンロードしたいGooglePlay StoreのページのURLもしくはアプリ名を入力するとダウンロードできます。ダウンロードできない物もあるのでその場合は、②の「apk extractor」という名前でAPKを抽出するアプリがGooglePlay Store上に出ているので、それを使って抽出し、インストールして下さい。

 

成功したのはAmazonプライム・ビデオアプリ!ブラウザのChrome。

「GooglePlay Store」APK自体は何かが足りない的なアラートが繰り返し出るようになったので、敢えなくリセットし復旧しました。Google開発サポートとかいろいろなものが必要だと思うんですが、ライトに楽しむ分には、入れないほうがいいです。抽出してお目当てのものだけを入れましょう。

NetflixとSpotifyがデフォルトでインストール済みですので、ブラウザとAmazonプライムビデオが入れば、もうすべてが事足りるのではないでしょうか?

DAZN、hulu、dビデオなどはこちらでは動作確認していませんが、動いちゃったら儲けもんですね。

Sponsored Link

投影クオリティと音質 BluetoothスピーカーとしてもOK

 

本機は実用上、使うかはともかく、は15cm程度でピントが合ってきます。本体は1080pでの「入力」に対応していますが、出力は854×480となっており、フルHDでは投影されません。ただ、プロジェクターなのでそれほど鮮明な映像が必要なのかは疑問で、854×480でも家庭での利用では十分満足できると思います。

家の外、ベランダの壁なんかにも投影可能。なんなら、隣のうちの壁にも投影できますね。5m離れていて200インチくらいになってしまいますが、逆に遠いので荒さが目立たないです。

厳密な精細さを求めなければ、アウトドアメインで使うならば、またまずはプロジェクターを体験してみたいというケースでは、フルHD出力機を買わずにこの価格でオールインワンとなるネビュラカプセルプロで十分かと思われます。

ちなみに以前レビューしているDBPOWERの格安ミニLEDプロジェクター T20も1080P入力でしたが、 800×480の解像度で精細さを求めない限りはこれでいいかなという感じでした。

DBPOWERとは?激安プロジェクターレビュー T20ミニLED 1500ルーメン 1080P 800x480解像度を試す
年末にDBPOWERというメーカーさんよりご連絡をいただきプロジェクターを提供いただきましたの...

今回は家庭利用で、おもにオンデマンドのビデオサービスを利用でテストしておます。映しているのは「ゼロ・グラビティ」。息がつまるほどの臨場感ですね。

ゼロ・グラビティは色彩が黒または青なのでちょっとカラフルでかつ音楽があるものを。。

 

「ラ・ラ・ランド」の色鮮やかさも十分に伝わると思います。フルHDでなくても、みんなで大画面で観るという目的であれば十分達成可能です。そして音もちゃんと鳴りますからね。

ただしエンドロールの文字などは多少のギザギザ感は否めません。ここらへんは眼をつぶるしかないですね。

三脚があれば設置が楽になります。特に本体の高さ調整は結構大切な要素ですね。

 

Bluetoothスピーカーとしても利用可能で5Wの出力が可能。SpotifyをかけっぱなしにするのもOK。画面が必要なければ、スマホ側のSpotifyをつかい、Bluetoothスピーカーと

家庭用のAVアンプを前提とした本格的なAVシステム、ホームシアターなんかを想像するととんでもなくコストがかかるほか、プロジェクター本体だけでは音がしょぼすぎるので、ライトに、それでいて充実したプロジェクター体験をするにはNebura Capsule Proはこの上ない選択になりますね。

どうですか、これは相当いいですよ。

Anker Nebula Capsule製品仕様

350ml缶のような本体形状に、コンテンツを満載し、まさに夢のようなデバイスができました。ハードとソフトウェアの連携がうまく行っている例です。

高さ:約120mm x 直径約68mm  重さ:約470g
ディスプレイ表示技術:0.2インチ FWVGA DLP 解像度:854 x 480
輝度:150 ANSI ルーメン ランプ寿命:約30000時間
アスペクト比:16:9 フォーカス調整:マニュアル
プロジェクションモード:前面 / 背面 / 天井(前面) / 天井(背面)
キーストーン補正(台形補正):オート(±40度対応)
スローレシオ:100 in @3.08 m; 80 in @2.46 m; 60 in @1.73 m; 40 in @1.15 m
インターフェース HDMI:HDMI 1.4(最大1080p入力)、Micro USB:充電 & データストレージ

操作 物理ボタン:電源 / 音量 / モードスイッチ 赤外線リモコン:D-padモード / マウスモード リモコンアプリ:Android / iOS。

何回も書いてしまいますが、3,000円しか違わないならNebula Capsule Proを選びましょう。150ルーメン版のProしか使っていませんが、多少明るい部屋でも使うことがあるのであれば、150ルーメンあったほうがいいと思います。

Anker Nebula Capsuleのハードウェア仕様

CPU:クアッドコア A7、GPU:Adreno 304、RAM2GB DDR3、ROM16GB eMMC、バッテリー容量:5200mAh / 3.85V、スピーカー:5W、Wi-Fi:802.11a/b/g/n デュアル周波数:2.4G/5G、Bluetooth規格:4.0デュアルモード / A2DP、ファン: 30dB以下

Anker Nebula Capsuleのソフトウェア仕様

OS: Android 7.1 動作モード:プロジェクトモード、Bluetoothスピーカーモード
OTA:サポート App Store:サポート
動画再生時間:約4時間(ローカルコンテンツ再生時、Wi-Fi利用時は3時間)
音楽再生時間:約30時間(Bluetoothスピーカーモード時)
充電時間:約2.5時間(Quick Charge 2.0 / 9V⎓2A)

オーディオフォーマット:MPEG-4 AAC / MPEG-4 HE AAC / MPEG-4 HE / AACv2 / AAC ELD / AMR-NB / AMR-WB / FLAC / MP3 / MIDI / Vorbis / PCM/WAVE / Opus
ビデオフォーマット:H.264 BP / MP / HP (最大1080p) / MPEG-4 SP / ASP(最大1080p) /DivX 4x/5x/6x (最大1080p) / H.263 P0 (WVGA) / VP8 (1080p) / (HEVC) H.265 MP 8-bit(最大1080p)
画像フォーマット: JPEG / BMP / JIF / PNG / TIF

Nebula Capsuleシリーズ詳細情報

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】ブラックフライデー何が安い?Amazon BlackFriday 11月末開催決定 2019年11月22日〜63時間開催
NEW 台風被災の東松山のフードスクエアライフガーデン KASUMI、蔦屋書店、GU、セリアは営業再開?閉店退店か?マック、ケーズデンキは?
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む