新型iPad Pro2018はいいけれど高すぎる 無印iPadで十分!単価アップに巻き込まれるな

気に入ったらみんなにシェアしてね

ねえねえ、本当にそのiPad Pro 2018 必要ですか? たしかにかっこいい。新しいiPadはすっごく魅力的。ベゼルも薄くなり、スッキリした洗練のデザイン。指紋認証/Touch IDはなくなりFace IDになった。重さも変わらない。角ばっていてかっこいい。でも値段がね。iPad Pro をキーボードなしで買う人はいるのだろうか。20万円?そんなにかからないですよ。でもほんとに使おうと思ったら、それなりのお金が必要です。ぼくはApple好きだけど今回は見送りです。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

iPad Proはたしかにかっこいいが 若干ベゼルが厚い

Sponsored Link

これは負け犬の戯言なのでしょうか。買えない人、買わない人のやっかみなのでしょうか。

たしかに、かっこいいですよ。ぼくはこういうのを求めていました。ほんとかって? 本当です。ちょっと前に考えたぼくの欲しいiPad、残念ながらこれよりもベゼルが厚いのが発売されてしまったけれど、かっこいいiPadがほしかったのは変わりません。

ぼくの考えるiPad Proをお見せしよう 2018年秋発売予想
Apple好きとしてiPhone 9を勝手に予想しておきましたが、iPadについても予想してお...

ぼくの考えるiPad Proをお見せしよう 2018年秋発売予想

こういうのが欲しかった。現実的な価格であれば。

iPadにどのくらいのスペックが必要ですか? よく考えてほしいです。ノートパソコンより高性能、どんなコンピュータにも似ていないコンピュータ。って、タブレットのどこまで求めるのでしょうか。

もし、タブレットがMacBook Proを上回るのであれば、MacBook Proにこそタッチパネルをつけるべきで、機能は統合するべきものでしょう。いま過渡期みたいなものを消費者に押し付けるのは間違っているようにさえ思えます。

AmazonでiPad Proを探す

Sponsored Link

実際に必要なスペックで計算してみようiPad Pro 2018

やたらにオプションつけて、20万だぜ!いえーいとかいうのはまったく意味がない話です。ただのつり記事なので無視して、実際に必要なスペックで考え、現実的に買う価格を考えてみましょう。

現在は格安SIMが入るSIMフリーiPadとなっていますので、17,000円増しですが、SIMフリーiPadを購入したいと思います。iPhoneセットで考えて、テザリング運用という手もあるんですが、それなりのスペックのパソコンのようなものですので、しっかり通信できた方が、このスペックを生かし切れます。

ストレージは今どき64GBなんて買った瞬間にアウト。動画撮ったら終わり、Netflixなんかの動画を何本かダウンロードしても終わりです。

64GBは最低金額を下げるための罠です。iPhoneで、もう皆さんこりているはず。ちゃんと使うのだったら128GB以上ほしいですが、Appleの単価アップ戦略上256GBからしか販売してもらえません。逆に1TB 17,2800円とかはもはや正気の沙汰ではありません。

Apple Pencil/アップルペンシル(第2世代)は、たぶん使いませんけれど、なんとなく買ってしまうでしょう。タブレットだからタッチペン買いたいというのは思考停止だと思いますが、おおよその人が買います。使い道はお絵かき。手書き、前だってできたことに14,500円。

そして、キーボードも必要だよねって。その昔iPadが出た頃にはそんなものは必要なかったのに、なんだかiPad「Pro」だから仕事ができる気がして、追加で注文してしまいます。そしてこれを使って文字入力。iPadの目指すクリエイティブ感とは真逆の方向性。

そして、出てきたのがこの見積もりです。

AmazonでiPad Proを探す

Sponsored Link

iPad Pro 2018の必要装備の見積もりは15〜17万円

11インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB – スペースグレイ
¥123,800 製品番号: MU102J/A
WiFiだけなら106,800円

Apple Pencil(第2世代)
¥14,500 製品番号: MU8F2J/A

11インチiPad Pro用Smart Keyboard Folio – 日本語
¥19,800 製品番号: MU8G2J/A


税抜き ¥158,100 送料無料
消費税 ¥12,648
合計 ¥170,748

えーと。これは、今の段階では、MacBook Pro 13インチ(2.3GHzデュアルコアプロセッサ 256GBストレージ)¥164,800 (税別)を買うべきです。同じ値段で、圧倒的な生産性です。iPadは消費だが、MacBook Proは投資になるでしょう。

ペンタブレット、タッチパネルだからクリエイティブなのでしょうか?
そんな事はありません。
生産的な仕事は従来のMacBook Proのようなパソコン形状のものしかできないのでしょうか?
そういう時代も終わりつつあります。

でも、一体だれのためのiPad Proなのだろう?って考えたらわかるはずです。iPadで最高のパフォーマンスが、といったって、実際の仕事現場ではiPadはまだまだマックの置き換えにはなりません。でも試してみたいって人や、かっこいいと思われたい人に必要な憧れのタブレット。アップルの製品単価アップに巻き込まれていきます。

AmazonでiPad Proを探す


iPad Proはかっこいい、軽い、薄いでも高い

iPad Proって、すごく中途半端。プロセッサーは速い、でもそれってなにのため? MacBookと比べて軽いのは軽い。でもさキーボード合わせたら結構重くなってきます。思ったよりも重い、結局キーボードを買う、マウスがないのは先進的なような気もするけど、トラックパッドほどの操作性はタッチパネルではまだできない。

じゃあなんで出すのか。このニュースを見ればわかるでしょう。そしてiPhone XS Maxの価格を見たらわかるでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37271640S8A101C1000000/?n_cid=NMAIL007

Apple、7~9月31%増益 単価28%上昇も台数伸びず

アップルが1日発表した7~9月期決算は純利益が前年同期比31.8%増の141億2500万ドル(約1兆5919億円)、売上高が同19.6%増の629億ドルだった。増収増益は7四半期連続。ただ、販売台数は前年比横ばいの4689万台。市場予想の4750万台に達せず、株価は時間外取引で一時、7%下落した。

売上を上げるにはもはや単価アップしかない。そう聞こえるし、Appleはそう行動している。

iPhone XからはじまるiPhone Xs、iPhone Xs Max、2万円でAndroidケータイが替える時代に10万円以上の端末を遠慮もなく投入できるのが、Appleのブランド力です。

買っている側も機能で買っているわけではない、もはやブランド、ステイタスになるレベル。もしiPadが欲しい場合、37,800円から販売される無印iPadを買ってみて実際に使うかどうか、試してみてはいかがでしょう。

Apple好きですが、今回はパス。

最低価格帯の似ている新しいMacBookとの違いも鮮明にしないとユーザーは迷い間違ったものを買い続け、最終的にブランド価値の低下につながると思います。どうでしょうか?

AmazonでiPad Proを探す

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 楽天ポイントが「使える」お店一覧 普段の生活で使える店
NEW Anker Nebula Mars II 明るさアップ、150インチ対応!ステレオ!Android全部入りだ!
NEW やばっ!ビックカメラ.comも不正アクセス、不正ログインされたってよ なにが盗まれたのか? 対策と予防

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集