BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW ZOZO SUITSで買えるZOZOプライベートブランドを全部試す(随時更新) メンズ ZOZO PB
NEW Ankerセール 11月18日限定!Amazon特選タイムセール20製品を最大30%OFF
NEW 新4K衛星放送を観るには何が必要なの?4Kテレビ? BS 110度CSチューナー?


SONYの傑作 WH-1000XM3 驚異のノイズキャンセリング進化!ヘッドフォンで静音環境を手に入れる 2018年モデル

気に入ったらみんなにシェアしてね

ソニーの新作ノイキャンヘッドフォンWH-1000XM3、2018年モデル。このモデルはソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンのフラッグシップとして毎年進化する力の入ったヘッドフォンです。ぼくが日常的に使っているモデルでWH-1000XM2から使っています。音楽を聴いてよし、ノイズキャンセリングだけ使ってもよし。ワイヤレスで静音。音もいい。極上のノイキャン性能は通勤通学時間が長い方、フライトや長距離出張時が多い人にも向いていますし、勉強やデスクワークに集中したい場合の集中力を高めるのにも向いています。

今回発売のWH-1000XM3(マーク3)でどう変わったのでしょうか。早速レビューしていきます。

SONY WH-1000XM3詳細情報

SONY WH-1000XM3を開封 製品特徴と機能について

Sponsored Link

 

SONYは特に最近はワイヤレス+ノイズキャンセリングにかなり力を入れていて、以前紹介している、ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000Xもこの流れの製品です。箱からしてかっこいい。ちょっと高いものを買ったなって満足感のある箱。日本的な説明が多い箱となっていますが、箱からいきなり満足感が高いです。

SONY WF-1000Xレビュー ソニーはこうだよ!ノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン
Bluetoothワイヤレスイヤホンが当たり前になる中、世の中は左右独立完全ワイヤレスイヤホン/...

SONY WF-1000Xレビュー ソニーはこうだよ!自慢できるノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン

WH-1000MK3 Bluetoothワイヤレスヘッドフォンの特徴は以下のとおりです。上げたらきりがないので7つに絞りました。それでも7つあります。

  1. ソニー独自開発の高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1搭載
  2. 内蔵DACとアンプによりワイヤレスでも高品質な音を表現 
  3. ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質
  4. 周囲の音を取り込みながら音楽を楽しむことができる外音取り込み機能つき
  5. 長時間の外出も心配いらない最大30時間のロングバッテリーライフ
  6. 10分の充電で5時間再生が可能なクイック充電に対応
  7. DSEE HXでハイレゾ相当の解像度にアップスケーリング

本製品は毎年進化するモデルなんですが、ノイズキャンセリングは昨年のWH-1000XM2でかなり高度なレベルに達しておりもう改善のしようがないのかと思っていましたが、まったくそんなことはなかったようです。詳しくは後ほどレビューします。

今回のWH-1000XM3は全体にラグジュアリーな雰囲気に。全体に落ち着いた雰囲気の中に金色のマイクリングやSONYのロゴ。大人なダークトーンと機能を強調するデザインです。箱を開けた瞬間に目にする、キャリングケース。これはいい。単なる付属品からファブリックにこだわった製品の一部として納得の仕上がり。マットなヘッドホンユニットと極厚のヘッドパッド。絶妙にあしらわれた金のロゴ、マイクリング。どれをとっても所有欲をくすぐるできばえになっています。

付属品が前回のMK2は航空機用のイヤホンアダプタのみが入るように設計されていましたが、今回の設計で有線ケーブル、MicroUSB充電ケーブルも同時に持ち歩けるように変更になっています。オールインワンで持ち歩けます。(今回から、事故防止のため、航空機用のイヤホンジャックを、間違ってコンセントに挿入しないでねってシールが付きました)

あ、今回から充電のUSB差込口がUSB-Cに変更になっています。

Sponsored Link

WH-1000XM3 ノイキャン性能と音質の飛躍的進化

WH-1000Xから引き継がれるこの製品の特徴は、ワイヤレスで、業界最高水準のノイズキャンセリング機能を持っていること。アンビエントモードという外音取り込み機能を備え、もしものときには右のユニットを手で覆うことで、瞬時に周囲の音を聞けるクイックアテンションモードを備えていることです。

そして第二弾のWH-1000XM2で飛行機内の気圧変化に対応するNCオプティマイザー搭載、ユーザー行動をアプリで感知して音をコントロールするアダプティブサウンドコントロール機能がついています。

第三弾となるWH-1000XM3においては、さらなるノイズキャンセリング強化再生時間の長時間化に取り組んでいます。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載することで、従来モデルに比べて飛躍的なノイズキャンセリングが可能となったモデルです。

実際に聞いてみると、XM2までは聴こえていたサーッというノイズが聞こえなくなりました。XM2でよかったのに、それを超える静音具合。正直びっくりしました。今までだって十分にノイズキャンセリングされていたのにこれの上を行く極上のノイズキャンセリング。驚異的と言っていいでしょう。

ノイズと逆位相の信号を送ることで、ノイズを無効化するのがノイズキャンセリングなのですが、逆位相信号がプロセッサーの高性能化によりかなりの高精度で生成されているのだろうとすぐに分かるレベルの進化です。

ノイズキャンセリングプロセッサーQN1自体に内蔵される、DAC(デジタル・アナログ変換器)とアンプを備え、高音質化が実現されています。音楽を聴くとすぐに分かるのが、ノイズの少なさ。ノイズが少ないからすごくクリアに聴こえてきます。なにか音が強調されているということもなく、かなりマイルドな仕上がり。ぼく的にはすごく満足。

ドンシャリでもない、非常にマイルド。かといって、物足りさはなく、イコライザーでバスブーストすれば素直に鳴る。とてもいいです。

そして、外音のキャンセリングがよく聴いているのですが、このキャンセリングが高精細なためか、以前よりもキャンセリング中の音楽の聴こえ方がクリアです。忠実にノイズだけをクリアにする、これにこだわった結果のように思います。

 

エアコン、空気清浄機や電車の走行音などはかなりカットでき、以前は聴こえていた走行音も更に小さく聴こえないレベルに抑えられてきました。多少の走行音や、アナウンスは聞こえます。話し声は比較的聞こえなくなりました。低音のキャンセリングは従来通りかなり効いていますが、今回は高音側の消音がかなり効くようになった感覚。

今回はイヤーマフが大型化されています。ドライバー自体は40mmで変わりませんが、素材がふんわり柔らかくなり耳をすっぽり覆う形になりました。前も覆っていましたが少し大型化してとても心地よい。写真2枚目の右がWH-1000XM3ですが、XM2に比べてボタン形状が変更になり、形状が装着時に手触りでわかるので非常に押しやすくなりました。

電源ボタンを軽く押すとバッテリーレベルのアナウンスが聞こえますが、以前は「バッテリーレベル ハイ」みたいな大まかなアナウンスで、「ミディアム」「ロー」くらいしかなかったものが「80%」のように小刻みのアナウンスに変更になっています。

Sponsored Link

SONY WH-1000XM3のノイズキャンセリングで静音環境を得る

WH-1000XM3は製品として非常に上質です。値段が値段だからというのもあるのですが、所有欲をくすぐる、すばらしいできばえ。音楽を聴くだけではなく静かな環境を手に入れるという点がさらに強化され本当に静かになった。ノイズキャンセリングが与えてくれる「静かな環境」が手に入るという点が激烈にオススメできるところです。

 

本体の重さが前作に比べて20gの軽量化が図られました。275gから255g。かと言って軽そう、華奢な外観ではない。デザインでは軽くは見えないけれど、実際装着すると軽い。ヘッドバットは肉厚になり頭部へのクッション性が増加。ヘッドユニットとアームの可動部分のいちが改善され、首にかけたときの違和感もなくなった。音にかかわらない部分だけど、とても改善されたポイントが多いですね。

毎日の通勤通学から、出張、旅行の長時間電車移動やフライトには最適です。通勤時に外の音からのストレスがなくなったのでほんとに疲れなくなりました。

SONY WH-1000XM3の操作方法

WH-1000Xシリーズにヘッドフォン右ユニットいタッチパッドがついており、その操作により音楽再生をコントロールできます。ユニットのフラットな面には何も書いてありませんが、書いていないところがいいんです。センターを一度のタップで音楽の再生 / 停止、装着した向きで、前後のスワイプ操作で曲送り、曲戻し、上下スワイプで音量アップダウンとなります。前が進む、後ろが巻き戻し、上下で音量アップダウンと直感的な間隔と同じですから、操作に戸惑うことはないでしょう。

本製品というかSONYのワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホン製品には全商品共通でアプリがリリースされています。これは必ずダウンロードしましょう。ファームウェアアップデートなど新機能の追加はもちろんですが、外音の取り込みレベルや、後ほど出てくるDSEE HXなどのオンオフ切り替えはアプリで行います。

WH-1000MX3のノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングのON/OFFや、外音の取り込み方のレベルを22段階で調整。ボイスフォーカスをONにすることで、周囲の音を取り込みながらもノイズは低減し、人やアナウンス音のみを聞きやすくすることも可能ですよ。

WH-1000MX3のアダプティブサウンドコントロール

アプリによってどのモードにするかコントロールが可能です。基本的に本体のみで操作すると手動スイッチでの切り替えになりますが、アプリ連携することで、ユーザーの状況に合わせたコントロールが可能です。歩いているときは周囲の音が聞こえやすくしておくとか、乗り物はアナウンスが聞こえるようにボイスフォーカスをオンにするとか自動で切り替わります。

ただ、ぼくの場合は電車に乗っているときはなんにも聴こえなくていいので、アプリ自体の利用はしていません。切り替わり時にアナウンスが入るのも嫌なので。ここらへんはお好みで。

WH-1000MX3の通話品質

マイクも付いているので通話も可能ですし、口元にマイクはありませんが問題なく通話が可能です。マイクは全指向性なので周囲の音を若干取り込みやすいですが、はっきりしゃべれば問題なく聴こえます。LINE通話も、電話も問題ないですね。

Sponsored Link

SONY WH-1000XM3製品仕様

ドライバーサイズ:40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用) 重さ:約255g
連続再生時間(連続音声再生時間):最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間):最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間):最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
再生周波数帯域:4Hz-40,000Hz

最大通信距離:見通し距離 約10m
使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル:A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデック:SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC

10m離れても特に接続が途切れるようなことはありませんでした。家庭内やオフィスで通常使用において接続不安定などはないと思います。

前作のWH-1000MK2はまだ販売されていますね。30,000円で買えるなら、まだまだこちらも現役で使えます。価格と性能のバランスがいい状態にある製品だと言えるでしょう。

もしもハイレゾ級、ワイヤレスで聞きたい場合にはLDAC対応のウォークマンとセットで使うべきでしょう。2万円程度で買えるのでこれはこれでありだと思いますが、iPhoneベースで使っていて、普段使っている音楽ソースがApple Music、SpotifyやYouTubeといった場合には、DSEE HXという機能で、ハイレゾ相当の解像度にアップスケーリングできます。この機能はハイレゾ音源やハイレゾ対応の端末を持っていなくても、CD音源やMP3などの圧縮音源の高音域を補完するので、ハイレゾ相当のいい音を楽しめるもので、対応するアプリによりオンオフが可能です。

この製品、自信を持っておすすめできます!★5つ!

SONY WF-1000Xレビュー ソニーはこうだよ!ノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン
Bluetoothワイヤレスイヤホンが当たり前になる中、世の中は左右独立完全ワイヤレスイヤホン/...

SONY WF-1000Xレビュー ソニーはこうだよ!自慢できるノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。