NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
NEW MagSafe Charger A2140をiPhone11Proで使ってみた!早く充電できる?ピタッと磁石でつく?R-NZ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Soundcore Spiritレビュー 傑作の予感!Ankerワイヤレスイヤホンが防汗性能を強化

ガジェット

AnkerのSoundcore製品群に、ワイヤレスイヤホンが登場です。すでにSoundcoreについては、Bluetoothスピーカー、Bluetoothワイヤレスヘッドフォンとさまざまな製品を紹介していますが、今回の「Soundcore Spirit/サウンドコアスピリット」は、Ankerから発売済みのSoundBuds Slimシリーズの後継機種として、防汗、防水、音質を追求し、カナル型の弱点である防水性能を「スウェットガード」により克服。通常のIPX7防水に加えて、防汗性能を備えたSound Spiritは、スポーツ使用により向いているようです。

Soundcore Spirit詳細情報

発売当日は20%オフとなり、2,399円ですが、はじめに言っておきますと、サンプルを使った感じだと、かなりいいできです。イヤホンはかなりの本数をレビューしていますが、音の好みは人それぞれありつつも、この価格でこれはびっくりしましたね。

Soundcore Spirit搭載のSweatGuardテクノロジーとは?


SweatGuard™テクノロジーはイヤホン市場における業界最先端の防汗・防水技術。このテクノロジーにより、よくある、IPX7の防水規格を持つだけではなく、優れた「防汗性能」も提供するとのこと。カナルワークスの登録商標となるこのテクノロジーがどこまで効いてくるのか興味があるところです。

 

カナル型イヤホンの故障の主な原因である汗の侵食を徹底研究し、開発されたSoundcore 独自の SweatGuard テクノロジーにより、新次元の防汗・防水構造を実現。Soundcore Spiritは潜水艦に着想を得た内部構造と疎水性ナノコーティングによる2層の防水構造によって、新らたな次元の防水性能を実現し、塩分を含んだ水につけても壊れないというのがこの製品の売りですね。

レビューはのちほどするとして、前モデルのSoundBuds Slim +よりも箱がコンパクトに薄型になりました。この裏でキャリングポーチが簡易なものに変わっているんですが、競合レベルですので、よしとしましょう。

Soundcore SpiritはAACコーデック対応

BluetoothのAACコーデックとは、音声データを転送する際に圧縮/拡張するための規格です。つい最近、紹介したSoundPEATS Q35 ProもついにAAC対応をしており、iPhoneでのBluetoothでの高音質、低遅延を実現してきています。今後は低価格レンジのワイヤレスイヤホンでもAAC搭載の流れは続きそうですね。次の次元へシフトした感があります。

【高コスパ】SoundPEATS Q35Pro AACとApt-X両対応の大本命 4,000円台ワイヤレスイヤホン
ハイレベルなコストパフォーマンスは継続。サウンドピーツ/SoundPEATS は格安ワイヤレスイヤホンでAmazonのラ...

SoundPEATS Q35Pro AAC Apt-X両対応の大本命 4,000円台ワイヤレスイヤホン

本製品は当サイトではおなじみの?CVCノイズキャンセリング機能を搭載していますが、毎度恐縮ですが、この機能は通話時のノイズを除去する機能で、音楽を聴くときに周囲の雑音を除去するものではないことに注意が必要です。

イヤピースのサイズの選び方にもよりますが、カナル型で、遮音性に優れているため、電車の中などの音漏れは少なく、逆に外音の侵入は少ないようです。

当然のごとく、首に下げてマグネットで左右のイヤホンがつながったり、約1.5時間充電時間で、最大8時間の連続再生が可能だったりと基本機能はおさえられています。

SoundBuds Slim+とSoundcore Spiritの比較

この製品からAnkerブランドからSoundcoreブランドに統一されていますので、ロゴも変更となっています。文字数多いので少し納まりが悪いですが、音質に関係はありません。

 
製品レビューはのちほどするといいながら、簡易にみていきます。左がSoundBuds slim+、右がSoundcore Spiritです。

ケースは少し大きくなりました。ドライバーユニットが大きくなったのかは不明ですが、音質は低音の音圧高めで、ロック、ハウス、テクノ系によさそうです。

中音から高音は前作に比べて明らかに明瞭になっており、低音とのバランスを考えるとかなりいい仕上がりですね。低音強めの低価格イヤホンが多い中で、強調されすぎてはいないが、鳴るときにはガツンと鳴る感じはかなりいいです。ぼんやりしたイヤホンが多い中でしっかり鳴ってくれかなりの好印象です。

今度、低価格ワイヤレスイヤホンランキングをしてみますね。Soundcore Spiritは、結構上位に入ると思います。

Soundcore Spirit詳細情報

Soundcore Spirit 製品仕様

Bluetooth 5.0 連続再生時間 最大8時間 重さ 約16g

パッケージ内容
Soundcore Spirit本体、 イヤーチップ(S/M/L/XL) 4種類、イヤーウィング(S/M/L) 3種類、トラベルポーチ、MicroUSB ケーブル、ケーブルクリップ(2 個)、シャツクリップ、取扱説明書

販売価格 税込2,999円
初日のみ20%OFF(税込2,999円→税込2,399円)にて販売(1000個限定)

気になる方は初日のみ安くなっていますのでどうぞ。あんまり新製品紹介ではほめないんですが、これはモノに対して激安です。きっと満足できるはず!

前モデルAnker Soundbuds Slim+も販売中です。

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました