BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Ankerのノイキャンヘッドフォン Soundcore Space NC,Vortexを続々投入 サウンドコア
NEW Soundcore Motion Q Ankerの大音量 完全防水対応Bluetoothスピーカー販売開始
NEW TaoTronics TT-BH07 低価格でも満足なタオトロニクスのBluetoothワイヤレスイヤフォン



SONY WF-1000X (前編)ソニーはこうだよな!自慢できるノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン レビュー

気に入ったらみんなにシェアしてね

Bluetoothワイヤレスイヤホンが当たり前になる中、世の中は左右独立完全ワイヤレスイヤホン/トゥルーワイヤレスへと世の中は進んでいます。普段はB&O Beoplay H5(レビュー記事)を利用していますが、Bluetoothではあるものの左右がつながっているため首元のタッチノイズなどが入りやすく、左右が独立したものがほしくなります。Beoplay E8など高級機も登場していますが、今回はSONY/ソニー製完全ワイヤレスイヤホンかつノイズキャンセリング機能付きのWF-1000Xを実機レビューしていきます。(後編があります)

Amazon WF-1000Xページ

Sponsored Link

SONY完全ワイヤレスイヤホンWF-1000Xの特徴

ひさしぶりに見るソニー的なパッケージ。WF-1000Xの特徴としては大きく3つあると思っています。

  1. ノイズキャンセリングがついている左右独立タイプのイヤホンであること
  2. アプリと連携した外音取り込み機能がついていること
  3. 充電ケースで合計2回充電できるから3時間x3回 合計9時間の再生が可能

ソニー製の製品はよく使っているのですが、レビューという形で記事にしたことがなかったのでなんだか新鮮です。ソニーのイヤホンといえば昔からノイズキャンセリング機能付きのものが多く、MP3以降のウォークマンにおいてもノイズキャンセリング機能付きがあたりまえだったりと、非常にノイズキャンセリング/ノイキャンに力を入れていたメーカーという印象。

初期のノイズキャンセリング付きのBluetoothイヤホンをぼくは好んでつけていたので、ソニーのMDR-EX31BNなんかは非常に重宝しました。

一方でBluetoothイヤホンはと言うと新興勢力Ankerや、Soundpeatsなど安価なメーカーに押され元気がなかった印象ですが、左右独立の完全ワイヤレスイヤホンにおいてはソニー元気があります。

【高コスパ】SoundPEATS Q12 たったの2500円のBluetoothワイヤレスイヤホンはお得か Q30も出た
Soundpeatsは格安ワイヤレスイヤホンの決定版です。B&...

サウンドピーツのイヤホンについてはこちらからどうぞ。

Zolo Liberty Ankerから左右独立 完全ワイヤレスイヤホンが発売!ゾロリバティー
モバイルバッテリーのAnker/アンカーさんの勢いが止まりません。つい...

Ankerのイヤホンの新ブランドZoloについてはこちらからどうぞ。

Sponsored Link

SONY完全ワイヤレスイヤホンWF-1000X開封 パック内容

まず開封して目に入ってくるのは、ちょっと高級感のあるフタを開けたときのわくわく感、高級感。最近は中国製でもこのような演出をしてくるので、徐々にメーカーの差別化ポイントではなくなってきています。

パッケージ内容は、ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッ ドセットWF-1000X本体、マイクロUSBケーブル(約50cm)、充電ケース、ハイブリッドイヤーピースロング(SS/S/M/L 各2)、トリプルコンフォートイヤーピース(S/M/L 各 2)、フィッティングサポーター(M/L 各2)、説明書等です。

トリプルコンフォートイヤーピースはウレタンぽいちょっともこもこした感じのものでコンプライのイヤピース(Amazon)を思い起こします。まねている感じのパーツなのですが、コンプライのほうがフィット感が高いため、通常のハイブリッドイヤーピース(シリコン製)よりも耳に合うようであればおすすめです。ぼくの場合は通常はシリコンタイプのLをつかうのですが、トリプルコンフォートは耳に合わないのかMサイズがちょうどよかったです。

充電ケースはバッテリー内蔵で本体充電が2回分可能です。本体が合計3セット利用ができるということになりますので、3時間x3の9時間利用が可能ということです。形状はソニーのコンパクトデジカメの名機RX100シリーズ的なサイズ感となっています。ここもソニーっぽい。

本モデルは本体色がブラックのほか、シャンパンゴールドもあり、黒は無骨だという方はシャンパンゴールドを選びたいですね。

Sponsored Link

SONY WF-1000Xの使用感と音質

 

充電ケースからはずすと電源がオンになる仕様で、一度ペアリングした端末とは簡単につながり、接続はスムーズです。

充電ケースに戻す時には、ケースにカチッとはめたタイミングで電源が落ちて、充電がはじまります。電源が切れるとiPhone、スマホ側の音楽再生は止まるため、余計な操作も不要です。

充電用接点が、本体内側にあるため、外観が美しいです。ぱっとみ大きく見えるボディも耳のくぼみに入る部分がかなりあるため、メタリック塗装部分だけが装着時は耳から出るようなイメージで周りから見た違和感はありません。

Apple Airpodsのうどんが耳の穴から出ている感とは、見た目にちょっと差がつきます。

ホタルのような、カナブンのような、ちょっと昆虫チックな外観で、透明パーツ内に見えるU字の部分がアンテナになっており、充電時は赤く、ペアリング、音楽再生時は青く光ります。

コーデックはSBCとiPhoneに適したAACとなっています。

音質は標準的、ふつうです。低音が厚いとかそういう味付けはないので、好みにするにはイコライザーで調節しましょう。フラットな感じですが、これ、後に書きますがノイズキャンセリングと合わせて利用することで威力を発揮します。

通常音楽再生する側のアプリからイコライザーをいじっていましたが、WF-1000Xのアプリがアップデートでイコライザー機能を実装しましたので、アプリごとに設定を変える必要がなくなりました。「Relax」や「Bass Boost」など8種類のプリセットから好みのエフェクトを選べます。

単純にこの音質でワイヤーが付いていたら、2万円以上のイヤホンとしては文句を言う人も出てくると思います。しかしながら、この製品のポイントは最初に書いた通り、完全ワイヤレス、ノイズキャンセリング機能が付いていることであり、ここにお金がかかっていると思うべきでしょう。

そして、そのおかげでWF-1000Xは魅力的なものになっています。

ボディはメタリックで、ソニーらしい黒になっています。

女性に似合う、やわらかい色調のシャンパンゴールド。イヤーピースも同色となっています。

SONY WF-1000X後編へ

その他のワイヤレスイヤフォンはどんなのがオススメ?

2万円台という価格が許されるのであれば、また左右独立完全ワイヤレスかつノイズキャンセリング機能を使いたいのであれば、WF-1000XもしくはBOSE SoundSport Freeしかありません。

ノイズキャンセリングはなくても、より高音質のものが欲しい場合には、以下のようなものがありますよ。

極上の完全ワイヤレスイヤホン。バングアンドオルフセンの自信作。左右の接続性を安定させています。

左右独立ではありませんが、Bluetoothワイヤレスイヤホンの高価格帯イヤホンではB&O Beoplay H5がおすすめです。

【高コスパ】SoundPEATS Q30 名作再び!Q12後継 3,000円Bluetoothワイヤレスイヤホンはお得

とはいえ、低価格ワイヤレスイヤホンも無視できない存在です。2,000〜3,000円という高価格帯イヤホンの1/5から1/10の価格はかなりのインパクトがあります。

iPhone7、iPhone8、iPhoneXとアナログのイヤホンジャック接続には、もう戻らない時代の流れの中で、今後もBluetoothワイヤレスイヤホンは普及していくでしょう。また完全ワイヤレスイヤホンは今年さらに増えていくと思われる注目のガジェットです。

SONY WF-1000X後編へ

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。