【2017年7月】主要格安SIM 速度調査 MVNOおすすめランキング LINEモバイル、mineo、楽天推し | BlackHouse

BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Chuwi SurBookはお手頃価格のSurface 2in1タブレットクラウドファンディング中
NEW すし居酒屋すすむ 裏モンテローザの激辛わさび巻を食え!生ビール激安180円
NEW 任天堂からスプラトゥーン2 発送開始!パッケージが届いたよ DLコードも発行開始

【2017年7月】主要格安SIM 速度調査 MVNOおすすめランキング LINEモバイル、mineo、楽天推し

気に入ったらみんなにシェアしてね


そろそろiPhone8も見えてきて、iPhone6Sユーザーの2年縛りからの開放時期も迫り、SIMフリーiPhoneへの乗り換え検討をされる方も増えてくるのではないでしょうか。キャリアの契約が切れるタイミングになったら、どの格安SIM会社に乗り換えよう?と思ったとき「いったい格安SIMはどのくらいの速度が出るのか?」誰もが疑問に思うことを、確かめています。今回は2017年の7月の調査。この記事の期間(7月中)は随時更新してまいります。
※すべて自腹契約のSIMで調査していますので、速度サービスを加味しランキングしています。

2017年7月の格安SIM 速度測定結果

2017年7月の格安SIM購入の目安にどうぞ。MNPによって、メインの電話回線を格安SIMにしてしまうというのもいいのですが、すっごくおすすめなのは、データSIMの追加契約です。なぜおすすめするかといえば、データSIMであれば気に入らない場合にはすぐに解約が可能で違約金がかからないというメリットがあるからです。ここらへんを普通の大手キャリアのように2年縛りがあると思い込んでしまうとチャンスを逃してしまいます。端末を追加い購入する場合などはデータSIMにしてしまうと月々の支払いも安いですし、万が一、不要となった場合にも解約がしやすいです。

格安SIM速度 測定場所は①東京駅前〜大手町にて測定、②埼玉県自宅付近にて測定の2ヶ所で基本的には測定しています。たまに旅行先等でも測定します。

都心部と埼玉ということで、大手メディア的な測定速度とは異なる結果となるかと考えますが、実際の利用者が都心に固まっているばかりではないので、地域の方にも実用的なデータになると思っています。

この調査は、わが家の契約のSIMにて速度調査をしていますので、契約していない格安SIM会社さんはここに載っていません。契約していないSIM=過去の速度調査で遅すぎて解約したものもあります。現在速度が出ているもので上位のものは満足できる水準だと言えるでしょう

テスト時の周囲の状況にも影響を受けるため、目安としてください。2016年10月から調査を介しており、今までのMVNO速度調査結果はこちらにまとまっていますので、相対的な傾向をつかむのに役立つと思います。

「格安SIM MVNO」の記事一覧です。

※参考値としてご利用ください。場所、時間帯により速度が変わります。

30Mbps以上を赤字にしてあります。(d)(a)の表記があるものはドコモ回線、au回線の回線接続先が複数あるMVNOですので、回線ごとに速度を調査しています。

上下 7月5日22時
埼玉県
7月6日14時台
東京都大手町
7月15日21時
埼玉県熊谷市
7月20日-時
7月25日-時
LINEモバイル
公式ページ
DL 39.21Mbps 33.60Mbps  16.46Mbps  
UL 12.57Mbps 20.87Mbps  6.01Mbps  
mineo(d)
公式ページ
DL 37.03Mbps 22.94Mbps 21.16Mbps  
UL 5.43Mbps 11.90Mbps 9.43Mbps  
mineo(a)
公式ページ
DL 11.51Mbps 11.09Mbps  
UL 5.98Mbps 6.20.Mbps   
IIJmio(d)
公式ページ
DL 16.24Mbps 14.81Mbps  10.87Mbps  
UL 12.90Mbps 9.09Mbps  6.68Mbps  
IIJmio(a)
公式ページ 
DL 6.60Mbps 19.13Mbps  8.81Mbps  
UL 2.29Mbps  5.89Mbps 1.13Mbps  
楽天モバイル
公式ページ 
DL 18.41Mbps 28.82Mbps  19.19Mbps  
UL 19.09Mbps 15.61Mbps  7.07Mbps  
U-mobile
公式ページ 
DL 8.65Mbps 22.84Mbps  8.05Mbps  
UL 5.05Mbps 17.34Mbps  5.86Mbps  
nuro mobile公式ページ DL 0.62Mbps 6.25Mbps 0.60Mbps  
UL 8.65Mbps  17.72Mbps 8.21Mbps  
WiMAX
詳細はこちら
DL 33.05Mbps 31.52Mbps  
UL 7.90Mbps 17.10Mbps   
nuro光-WiFi
詳細はこちら
DL 111.78Mbps 113.98Mbps 115.90Mbps  
UL 119.90Mbps 119.75Mbps 118.54Mbps  

テストにはiPhone7〜Android端末を複数台使用。LTEの上限スピードにばらつきはありますが、その最大スピードは理論値のため実際にはでないと考えられますので、低速域においては端末にばらつきがあっても問題ないと考えております。Speedtestアプリにて、測定値でほぼ3回測定しその平均値を公開。

Sponsored Link

2017年7月のおすすめMVNO/格安SIMランキング

今回の結果から現時点のオススメ格安SIMのランキングは以下になりますよ。圧倒的に今月はLINEモバイルをオススメしますね。速いです。価格は並ですが、速いのは正義だと思います。

img_0228

今回は4位までオススメ。それ以降は様子見です。

1位 LINEモバイル/LINE MOBILE

2016年10月の販売時から非常に好調な速度となっています。引き続き堅調な速度。6月測定で若干低めに出ていましたが、やはり速いです。コミュニケーションフリーはLINEを含めソーシャルメディアTwitter、Facebookなどの通信費をデータ通信にカウントしないプランです。圧倒的に他社より速くオススメできます。

速度はトップクラス
さらにSNSや音楽サービスの通信料が無料というのが、大きい

ユーザー同士でデータ容量をプレゼントすることも可能です。LINEユーザーを考えると高校生〜大学生がメインのプレゼントユーザーとなると思います。友だちと一緒に入れば、おたがいに足りないときは助け合いが可能です。

LINEモバイル公式サイト

2位 mineo/マイネオ

爆速です。アップロードは低めだが、ダウンロード速度が非常に速く、通信満足度が高いです。最近級に速くなった気がします。定期的なキャンペーンもあるため、入会のお得感があります。

価格.com満足度1位の格安SIM回線、ドコモのほか、au回線の利用も可能ですね。20Mbps超えで不満が出るとは思えませんし、なによりキャンペーンで安くなるので年間で考えるとかなりお得。データSIMで2台目にもよし! au回線は安定的、ただし利用できる端末が限られる

回線速度調査の結果推移を考えると、ドコモ回線契約がいいと思います。

mineo公式サイト

3位 楽天モバイル

引き続き良好な結果。LINEモバイルの出現により、人気が危ぶまれたが、かなり高速。IIJmioよりも安定的に速い。楽天カード利用では、ポイント1倍追加などの特典があるため、通話SIMの場合は有利となるため、楽天経済圏の方は使わない手はないSIMとなっています。

俺はAmazon派だ!という方はLINEモバイルでいいと思います。

サポートが必要な方は、実店舗があるというのは魅力かもしれませんね。

楽天モバイル公式サイト

4位 IIJmio

安定のIIJmio(IIJミオ)、mineoとならび、安定的。と思いきや、6月爆速でびっくりな速度を出していましたが、現在は並の速度です。大きな変動は毎回少ないが、

格安SIMが3GB月額900円〜 東京駅前でも時間帯での差も少なく安定的。シェアプランもあって便利、10GB音声付きで3,260円でSIMも2枚追加でつけられてタブレットなんかにシェアできます。

au回線もありますが、利用できる端末が限られること、回線速度調査の結果推移を考えると、ドコモ回線契約がいいでしょう。

IIJmio公式サイト

今月もU-mobile、nuroモバイルはオススメしない

USEN系列のU-NEXTのサービス、Uモバイルです。nuroモバイルについても安定的に実用域を確保、速くもないけど安定的で実用的。ただ価格メリットもあまりないのでLINEモバイル、楽天モバイルでもいいのでは、という感じでしょうか。6月頭は速度低下しており、様子見。

Sponsored Link

格安SIMをおすすめするけど、WiMAX、光回線もぜひ!

もはや通信回線がない世界など生きていけないのです。なので、格安SIM2枚持ちとかもおすすめですし、自宅などでは通信容量無制限の通信回線を利用するほうが、結果としてストレスフリーな生活を送れると思います。

自宅用に、おすすめしたいのはWiMAXとnuro光です。できれば光のほうがいいけど、持ち歩きも考えるとWiMAXもアリ。

引き続き容量制限がないWiMAXはオススメ

格安SIMにしない選択肢というのもじつはあると思っています

WiMAX2+で220Mbpsに対応するW02を契約しましたので、使用感などレビューします。実際に使ってみないとね。いままでポケットWiFi...

WiMAXをおすすめする理由は30GBなど定額でずっと使えるからです。通常利用ではほぼ通信制限もかかりませんし、au電波網内ではかなり快適に利用が可能です。

データSIMであればいつでも違約金なしにやめられるので、手軽には契約が可能。割引があるMVNOでは実質半年無料などなりますから、お試しにはぴったりです。

通話SIMにしてしまうと半年程度は契約に縛りが出るのと、転出料も付いてきますので、慎重に検討する必要がありますので、速度を参考にしていただければと思います。ダウンロード速度は現代社会においては非常に重要な要素で、速度が通信のスムーズさ、満足度に直結し、タイムイズマネーだと思います。

nuro光でのWiFi測定結果追加しました

先日So-netの世界最速インターネット、NURO光/ニューロに乗り換える話を書いたのですが、工事もゴールデンウィーク明けに完了し利用が始ま...

こちらの記事を参照いただければと思いますが、モバイルのみでは間に合わない場合、家で利用することが多い場合は、固定回線の「nuro光」はなんかはオススメです。測定結果も圧倒的で100Mbps以上が使い放題となるので、

調査場所について 東京都内 埼玉県内で測定実施

img_0527-2

東京駅周辺を中心に埼玉県内でも測定。埼玉県は市町村が公開できる場合は公開いたしますが自宅近辺の場合には埼玉県とだけ記載しております。

価格も重要な要素ですが、すでに格安SIMは価格戦争となっており多少の付加価値は各社打ち出していますが、3GBが900円〜1,000円くらいという価格は、どこも一緒です。違うのは、SNSでの通信が無料(カウントされない=カウントフリー)になる独自サービスがあるなどですね。そういう差別化が、価格や通信容量に現れない差になってきます。

LINEモバイル公式サイト

そうなるとLINEモバイルが圧倒的に有利になってきます。

お金は時間ですから、安かろう遅かろうでは絶対的な金額では安くはなりますが、速度満足度が極度に落ちるため、乗り換える意味がなくなることすらありますから、速度を重視しつつ、価格髪が必要ですね。10Mbpsあれば通常利用に大きく問題となることはないと思いますよ。

イオンモバイル/AEON MOBILEが、格安SIM会社に対して、後出しで繰り出す「業界最安級」格安SIM、2月26日から受付開始。安定の業...

MVNO各社のランニングコストの比較は以前書いていますので、ご参考に。

大手キャリアでは通信環境がいいと100Mbpsとか爆速となりますが、音楽、動画ダウンロードやテザリングによるパソコン通信でもない限り、スマホでの通信にそこまでの速度は不要かと考えています。

SIMフリー、格安スマホに関する記事

iPhone7も登場し、そろそろSIMフリーに端末だけでもしておきませんかというお話です。iPhoneのSIMフリー版で大手キャリアのSIM...

大手キャリアのSIMをSIMフリー端末で使う方法

大手キャリア契約(docomo/au/Softbank)のiPhone5、5s、6、6s、6s PlusのSIMロックを解除して格安SIMを...

大手キャリアのiPhoneのSIMロック解除方法

BlackHouse 最新&オススメ記事
NEW Chuwi SurBookはお手頃価格のSurface 2in1タブレットクラウドファンディング中
NEW すし居酒屋すすむ 裏モンテローザの激辛わさび巻を食え!生ビール激安180円
NEW 任天堂からスプラトゥーン2 発送開始!パッケージが届いたよ DLコードも発行開始
CHECK Fire HD 8 Amazon格安タブ登場 プライム会員4,000円OFF
CHECK NURO光、事実爆速すぎた件 上下900Mbps ついに5階建までのマンションに対応
CHECK ただのKindleとKindle Paperwhite実機レビュー 今が買い時セール中

さらに読む!