iPhone/Androidスマホの節電をしてバッテリー消費を抑える方法 災害 地震 台風に!通勤時にも使える

気に入ったらみんなにシェアしてね

スマホの消費電力を抑えて、災害時のバッテリー消費を防ぎましょう。もちろん覚えておけば、通勤時や旅行時にも使えますね。基本的には消費電力が高いものをやめることで電力の消費が抑えられますよ。iPhoneでもAndroidでも今は同じような機能がついているので、チェックして電池の消耗を抑えましょう。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

まずは省電力モードオン、ダークモード、画面を暗くしよう

Sponsored Link

「設定」の「バッテリー」から「省電力モード」をオンにするか、画面上から引き出せる設定の「電池マーク」を押して省電力モードにしましょう。今までもこの機能はありましたが、省電力モードをオンにすると、バックグラウンドで行われるダウンロードやメール受信などの動作を一時的に抑え電力消費を抑えるモードです。

画面の明るさも低くするとLEDの電力消費を抑えられるので輝度を低くしておくとよいでしょう。

また、有機ELディスプレイを搭載したiPhoneやAndroidでは、黒い壁紙を使うもしくは、iOS13以降に搭載の「ダークモード」を使いましょう。そうすると黒の部分は発光しないので消費電力を多少抑えられます。

自動は時間帯によって、外観モードが「ライト」「ダーク」が自動で変わるので、強制的にダークモードを適用するには「ダーク」を選び、自動を切りましょう。

Sponsored Link

不要なWiFi、GPSはオフにしよう

WiFiはオンになっていると、無駄にまわりの電波を拾いに行くため、接続する意思がない場合にはオフにしておくと余計な電力消費を抑えられます。

こちらも画面上から引き出せる設定から、Wi-Fiをオフにしてしまうか、「設定」から「Wi-Fi」のスイッチをオフにします。

あと「接続を確認」でWi-Fiの電波をつかんだときに「WiFiにつなごうとする設定」がオンだといちいち表示が出るのもこの際切っておきましょう。これは電池の無駄ではなく、あなたの人生の時間を無駄にしています。

Sponsored Link

GPSが動いているアプリ、不要なアプリを停止

GPSデータがバックグラウンドで送信され続けるようなナビアプリや、Zenly、GoogleMapsナビ、友だちを探すなどはGPSをオフにするとよいでしょう。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→オンをオフにしましょう。もしくは、アプリごとの設定で使用中のみなどにして、切っておくと良いです。「使用中のみ」なのに、地図の矢印マークなどがついている場合は、アプリを終了させましょう。

終了のさせ方は、iPhone6,7,8などのホームボタンがあるタイプは、ホームボタンをダブルクリックし、起動しているアプリが並んだところで上にスワイプして、終了します。iPhone X以降のホームボタンがないタイプのiPhoneでは、下から画面をスワイプすることにより、起動しているアプリが並んだところで、上にスワイプして終了しましょう。

少しでも消費電力を抑えることで、バッテリーがなくなり連絡が取れなくなるなどは避けたいですね。

普段の持ち歩きによいAnkerバッテリー
こちらは非常用電源、アウトドア電源によいタイプの充電池です

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!
NEW 激速 Yiida(イーダ)レビュー 革新のスキャン式電子辞書 指さしで翻訳 新英和中辞典搭載!
NEW AirPods Proレビュー ノイキャンとカナル型当たり前をブラッシュアップ 高いけど買い

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む