新型MacBookAir 2020 MagicKeyboardが改善!欲しいぞ

軽さに速さをということで、ついにMacBook Pro Airに新型キーボードを備えたモデルが登場しました! そしてなんといっても999ドル、104,800円という価格はかなり魅力的です。円高だったときのMacBook Airを彷彿とさせます。「新しいMacBook」がなくなり、軽いMacBookはもうこれしかないので、軽さを求めるならこれです。今回のポイントはマジックキーボード搭載ですね。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

安くて軽いMacBookならこれ80gをどう見るか


どちらかというとMacBook Airには否定的でした。昔のMacBook Airの形状をリバイバルしたものだったし、1.29kgはMacBook Proの1.37kgにくらべて、たったの80gしか違わない。新しいMacBookが1kgを切っていたのを考えると退化しているとしか思えなかった。なぜこのモデルが存在するのか、正直にいうと今も理解できていません。ただ現行のMacBookだけで考えれば、最も軽く新設計のシザー構造を取り入れた新しいMagic Keyboardを搭載したことがポイントです。

そして低価格。価格は正義かもしれない。たったの80gしかMacBook Proと違わなかったとしても、3万円の価格差で軽くてライトにMacBookを手に入れられるというのは、MacBookを使ってみたい人には打ってつけのモデルと言えるでしょう。TwitterやFacebookをスタバでするには十分すぎる性能ですが、さらに一段上ブログ更新、サイトの運営や簡単な動画素材編集なら問題ありません。バカにしているわけではなく、既にエントリー機種でもオフィスワーク、リモートワークで必要なアプリケーションはストレスなく動くほどパワフルで仕事にも耐えうるレベルになっているということです。だから、これからマックを買うならこれでいいです。今がそのちょうどよいタイミング。新生活もはじまるし、低価格で高性能なMacBook Airは買いだと思います。

MacBook Pro13インチの新型Magic Keyboard待ち

当たった個別の製品にもよるのですが、現行のMacBook Pro13インチのキーボードは設計上、構造上の問題を抱えていました。キーボードを打ったときの音がカチカチうるさい(対策によりその後いくらか改善)とか、キーが効かなくなったり、連打されたりハードウェアの問題で、対策キーボードにも切り替えられたのですが、根本解決には至っていないアップルには悩みの種のキーボードであったことは間違えありません。

現行のMacBook Pro13インチを買い替えを含め2機種使い今も使っていますが、上記症状が出たため、Apple Storeで無償修理交換でキーボードを含む本体パネルごと交換を2度しています。修理費用は有償なら9万円ほどの修理になります。

これを改善したのがMacBook Pro16インチ、新型MacBook Airに採用された新設計のシザー構造 Magic Keyboardです。なので、次回MacBook Pro13インチが刷新され、14インチになるのかどうかは別にしても、MacBook Proの小型の方が新型キーボード搭載になった時点で、今回のMacBook Airを買うべきなのかどうかと、2度目の悩みポイントが来てしまいます。

性能的にはハードな利用をしない限り、MacBook Airで問題ないでしょう。でも、画像編集、動画編集、マルチタスクで何かを実行するのなら13インチの新型MacBook Pro待ちとなるでしょう。

MacBook現行モデルの比較

パフォーマンスで選ぶなら、MacBook Pro待ち。でもそのよくわからないパフォーマンスとやら、と思うならMacBook Airはこのタイミングが買い時になるでしょう。

機種MacBook Air202013インチMacBook Pro16インチMacBook Pro
価格104800円から139800円から248800円から
ディスプレイ13.3インチRetinaディスプレイ13.3インチRetinaディスプレイ16インチRetinaディスプレイ
プロセッサ4コアIntel Core i7
プロセッサまでアップグレード可能
4コアIntel Core i7
プロセッサまでアップグレード可能
8コアIntel Core i9
プロセッサまでアップグレード可能
メモリ最大16GBのメモリ最大16GBのメモリ最大64GBのメモリ
ストレージ最大2TBのストレージ最大2TBのストレージ最大8TBのストレージ
バッテリー最大11時間駆動最大10時間駆動最大11時間駆動
生体認証Touch IDTouch BarとTouch IDTouch BarとTouch ID
キーボードバックライトMagic KeyboardバックライトキーボードバックライトMagic Keyboard

MacBook Airにはタッチバーはついていません。ついているMacBook Proを使っていますが、まああってもなくても仕事はできます。こういう飛び道具的な機能は別としてプロセッサやメモリのアップグレードをするならMacBook Proをやはり待った方がいいかなという印象。

さらに悩むとすれば、キーボードだけではなく、20%広くなったトラックパッドやスピーカーと音量が25%大きくなり、低音も2倍出るようになったステレオスピーカー、リモートワークには欠かせないHD画質対応のFaceTimeなど、MacBook Airは順当進化しているところ。

やはり、エントリーならモデルチェンジした新モデルをこのタイミングで買うという事になるでしょう。グラフィックデザインや動画編集などかなり使い込むような場合は新型13インチか14インチとなるMacBook Proを待ちましょう。

持ち運びを考えるとMacBook Pro16インチまではいらないよねぇ。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

PR Y!mobileにLINEモバイルから乗り換えた理由
PR ワイモバイルに乗換で考えたSNSデータフリーお得度
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 春の坂内まつり!喜多方ラーメン390円と餃子180円の衝撃 570円定食が完成
NEW ワイモバイルに乗り換えたときに考えた、LINEモバイルのSNSデータフリーのお得度[PR]
NEW Y!mobileのSIMカードにLINEモバイルから乗り換えた理由 通話込みで格安[PR]

この記事を読んだ方におすすめの記事