Anker PowerHouse 200は持ち運べる巨大バッテリー57600mAhって! 車載電源 アウトドアにもいいね

気に入ったらみんなにシェアしてね

キャンプやアウトドアに便利な大容量バッテリー、AnkerのPowerHouse/パワーハウスは業務用にも使えるし、家庭の非常用電源としても使えるすごいやつです。いままで120,000mAhと通常の大容量モバイルバッテリーの6倍の容量のPowerHouseはあったものの4.2kgもあり非常に持ち運びも困難でしたが、今回は40%軽い2.7kgで213Wh / 57,600mAhの大容量を実現、多様なアウトプットポートを備えているのもポイント高いです。

しかも、充電がコンセント以外にもUSB-C PDでもできるということで汎用性が高くなっています。家庭に非常用電源としておいておいてもいいですし、車に積んでおいてもいいかもしれませんね。

販売開始:2019年3月15日(金) 10:00
Amazonセール:200個限定20%OFF 39,800円→31,840円

Anker PowerHouse 200

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

大容量57600mAhバッテリーはスマホ15回充電と超大容量

Sponsored Link

スマホが15回充電できる、MacBookなら3回、ミニ冷蔵庫のような小型電化製品も4時間以上連続使用が可能な電力を確保するAnkerのモバイルバッテリー、PowerHouse 200。213Wh/57600mAhの大容量バッテリーです。モバイルバッテリーなのかと言うと、パワーハウスの名が表すように、ちょっと大きめな機材にはなります。さまざまな電源ポートを装備し、非常用電源としても、アウトドアの電源としても十分な電力を提供します。

前モデルの120,000mAhの大型バッテリー「Anker PowerHouse」の実用性はそのままに、持ち運びやすさ、使いやすさを追求したポータブル電源となっています。

従来の重さ4.2kgから約40%減となる約2.7kgのモバイルバッテリーとなっており、容量は57600mAhを確保。シガーソケット(DC12V 出力)/ AC 電源(100W 出力)/ USB Type-A/ USB Type-Cと4種類の充電ポートを備えています。

持ち手は手に優しい、太めのラバーバンドが採用され、持ち運びを意識した設計。

バッテリーを充電しながら、デバイス充電が可能なパススルー充電が可能です。つまり、USBパワーデリバリー(USB PD)に対応したUSB-Cポートからでも、通常のコンセント電源から充電しつつ、シガーソケット、USB端子とAC電源を通じて別のデバイスへ同時に充電を行えるということです。

Sponsored Link

コンセントを持ち歩くに近い感覚のAnker PowerHouse 200の特徴

コンセントを持ち歩ける感覚

57600mAhの超大容量バッテリー容量は、MacBookを3回以上、スマートフォンを約15回、ミニ冷蔵庫のような小型の電化製品であれば4時間以上連続で使用できるとのことで、電源のないところへコンセントを持ち歩いているかの感覚です。

電源がないアウトドア、キャンプ、バーベキューでの利用や屋外イベント時、コンセントがない部屋での利用などなど、さまざまな用途がありそうですね。電源を使うことを諦めていた場所はありませんか? そこで使うのがいいですね。

持ち運びやすい配慮と軽量設計

190x138x118mmの思ったより小さいサイズ感(A4用紙の横幅210mmよりも短い!)に約2.7kgの重量。持ち手に滑りにくく、握りやすい太めのラバーバンドを採用したことで、容量が大きい充電池でありながら、片手で持ち歩きが便利な設計になっています。

4種類の充電ポートを装備

12V出力のシガーソケット、AC電源、3つのUSBポート(USB-A×2基/ USB-C×1基)を搭載しています。USB-Aポートには、Anker独自の急速充電技術 PowerIQ を搭載しているので強力な電源供給が可能ですし、USB-Cポートは大電力を供給可能なUSB PD/USBパワーデリバリーに対応しています。

パススルー充電対応だから充電しながら使える

USB-CポートもしくはDC 入力ポートから製品を充電しながら、シガーソケットとAC電源を通じて別の接続機器へも同時に充電することができます。※接続機器の給電が入力を超える場合は充電はされません。

従来版120,000mAhのPowerHouseもありますが、さすがに4.2kgは重すぎるというのもありますね。手軽に使うならPowerHouse 200でしょう。どのくらいの電源容量が必要かによりモデル選択ができるといいですね。

360gの20,000mAhのモバイルバッテリーもあります。一見、20,000mAh程度のUSB−C出力ができるモバイルバッテリーを3本買えば、PowerHouse200を買う必要はないようにも思えますが、本バッテリーはAC電源が供給でき、かつシガーソケットにも対応するという出力の多様さを兼ね備えています。

またその出力も100Wまで可能とモバイルバッテリーは実現できない高出力にも対応するところは、PowerHouseの利点ですね。

Sponsored Link

Anker PowerHouse 200製品詳細情報

PowerHouse200製品のプラスポイント

  1. USB-C パワーデリバリー対応 30Wの高出力
  2. AC出力 コンセントは100Wまで対応
  3. コンセント、シガーソケット、USB-A、USB-Cに対応

PowerHouse200製品のマイナスポイント

  1. USB-C PD対応の30W出力のモバイルバッテリーと比べると重い
  2. シガーソケット電源の家庭用機器は意外に少ない
  3. 通常の持ち歩き用途には重い

DCアダプター入力:5-22V=2.45A
USB-C PD入力:5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=3A
USB-C PD出力:5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A
DCシガーソケット出力:12V=5A
AC出力:110V-60Hz 0.91A 100W
USB-A出力:5V=3A(各ポート最大3A)

サイズ:190x138x118mm 重さ:約2.7kg
パッケージ内容:Anker PowerHouse 200本体、ACアダプター、電源ケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW iPhone11Pro SIMフリー 購入実機レビューファーストインプ(随時更新)ウォー思ったより重くない!
NEW Amazonタイムセール祭り Ankerの増税前タイムセールは最大43%オフで大型製品を狙え!
NEW 断言iPhone11はSIMフリーで。キャリアiPhone11シリーズ、Proを買う意味はない

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む