第2世代が出たぞ!Soundcore Liberty Neo2 完全ワイヤレスイヤホン、Liteが一新され質感高くなって5,000円台

気に入ったらみんなにシェアしてね

Soundcore Liberty Neo/リバティネオ第二世代は、Liberty Lite/サウンドコアリバティライトを刷新した完全ワイヤレスイヤホン、第一世代 Liberty Neoの音質、機能の進化版です。Liberty Neo第1世代とNeo第2世代との主な違いは、グラフェンドライバーのアップデートと、バッテリー駆動時間の大幅向上、防水性能のIPX7に対応です。価格を抑えた低価格入門モデルながら、Soundcore Liberty Neoとしてすでに実績もあり、まずは完全ワイヤレスを使ってみたい方にはおすすめなモデルに仕上がっているようです。

Liberty Neo2詳細情報

定価 4,999円で左右独立、完全ワイヤレス。入門用にいかがでしょうか。前モデルは定価が5,999円でしたからだいぶ安くなりましたね。

Amazon初回セール情報
2,000個限定500円OFF(税込4,999円→税込4,499円)

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

Liberty Neo2は単独5時間の長時間再生が可能となった!

Sponsored Link

基本コンセプトは「音質」「再生時間」「価格」のバランスにこだわったことで、これはキープコンセプトですが、第2世代では、51gのシリーズ最軽量設計と業界最先端のグラフェン素材のドライバーはそのままにグラフェンドライバーの振動板は35%軽量化、防水性能とバッテリー駆動時間を強化したものになっています。

単独再生時間は3.5時間から5時間に大幅向上しています。また充電ケースを使えば20時間利用が可能で、第1世代よりも1.7倍の持続時間となりました。

デザインも前回好評だった、充電ケースがメタリックコーティングで、キラキラした上品な見た目は継続です。ワイヤレスイヤホンでありがちな、装着時に耳からイヤホンが飛び出して見えるという装着時の見た目についても気を使われており、前回同様のデザインできれいにまとまっています。

Sponsored Link

Soundcore Liberty Neo第2世代のおすすめポイント

業界最先端グラフェンドライバー採用

おすすめポイントは、低価格、高音質ですね。第2世代となるSoundcore Liberty Neoはここ最近のSoundcore製品の主力ドライバーとなっているグラフェン採用ドライバーを搭載。従来のドライバーの振動板より約 35%軽量化することで、正確でクリアなサウンドを実現しています。

Soundcore独自のBassUpテクノロジーも搭載されていて、聴いている音楽の低周波音域が即座に分析、低音域を約43%増幅させることが可能です。音楽に合わせて増幅というのがポイントですね。

Neo第一世代のシリーズ最軽量 51gは継続

Liberty Neo第一世代と同じ約51g。Liberty Airが55gなので、かなりの軽量、コンパクトさです。持ち運びが楽ちんですね。充電ケースも含んで51gとなっているので、持ち運びには不便はないでしょう。

最大20時間の連続使用が可能

一度の充電で最大5時間の音楽再生が可能。これは通勤通学、デスクワークの方にもいいことづく目です。イヤホン本体で最大5時間、付属の充電ケースを合わせて使うと最大20時間の音楽再生が可能。イヤホン自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中の iPhoneやiPadからも確認ができますよ。※iOS6以上の機器のみ対応

IPX7 防水性能を搭載 第一世代よりも機能向上

ランニングやジム利用ではこの性能は重宝します。IPX7防水・防汗性能により、天候を選ばず、気軽に利用可能です。第1世代はIPX5でしたので、性能アップですね!

Sponsored Link

Soundcore Liberty Neo第2世代 製品仕様 第1世代との違い

Liberty Neo第1世代とNeo第2世代との違いは、主に3つです。

  1. グラフェンドライバーの音質向上アップデート
  2. バッテリー駆動時間の大幅向上
  3. 防水性能のIPX7に対応

付属品にはイヤーウイングも付属します。独自のGripFitテクノロジーにより、イヤホンを耳に挿入し少しひねるだけでしっかり耳に固定されるため、歩行や激しい運動にも耐えられるフィット感を実現してます。

Liberty Neo第2世代のスペック

Bluetooth 5.0 連続再生時間 最大 5 時間(イヤホン本体のみ) / 最大 20時間(充電ケース使用時) 充電時間 約1.5時間 重さ 約51g(充電ケース含)防水規格 IPX7

Liberty Neo第1世代のスペック

Bluetooth 5.0 連続再生時間 最大 3.5 時間(イヤホン本体のみ) / 最大 12 時間(充電ケース使用時) 充電時間 約1.5時間 周波数応答 20Hz – 20KHz 重さ 約51g(充電ケース含)防水規格 IPX5

パッケージ内容 Soundcore Liberty Neo第二世代、充電ケース、イヤーチップ(XS / S / M / L)、 イヤーウィング(XS / S / M / L ※XS サイズは本体に取り付け済み)、 Micro USB ケーブル、取扱説明書、安全マニュアル

Liberty Neoの最新強化モデルとしての発売になり、いままでのZolo Libertyよりも格安です。第1世代よりも大幅に安くなった、定価 4,999円で発売。左右独立完全ワイヤレス入門用にいかがでしょう。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】ブラックフライデー何が安い?Amazon BlackFriday 11月末開催決定 2019年11月22日〜63時間開催
NEW 台風被災の東松山のフードスクエアライフガーデン KASUMI、蔦屋書店、GU、セリアは営業再開?閉店退店か?マック、ケーズデンキは?
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む