IKEA STARTTID/スタルティッドS 999円でお得すぎるアーバンバックパック

気に入ったらみんなにシェアしてね

IKEA/イケアにあるバッグコーナーはご存知ですか? ここにあるSTARTTID/スタルティッドというバックパックが通常でも安いですが、いまならさらに安くなっていますよ。IKEAでバッグ? と思うかもしれませんが、手提げ袋やらリュックサック、カサなど、家具ではなく日用品が置いておるコーナーがあるんです。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

IKEA STARTTIDの種類と価格

Sponsored Link

IKEAのバックパックは、STARTTIDの大きめなものがグリーン/ブラックの配色のもの、STARTTIDの小さめなものがSサイズ、ブラックの展開です。

価格はSTARTTIDが通常5,999円、STARTTID Sが通常1,999円です。特にSTARTTID SはAmazonベーシックなんかのバックパックと比べても質感も悪くなくいいと思うんですね。

2019年5月12日まで、なんとSTARTTIDが5,999円→3,999円 33%オフ!

そして、な、ななんと、STARTTID Sが1,999円→999円で期間限定で特価販売中! これはすごい50%オフ! 半額です。

Sponsored Link

STARTTIDはシンプルな999円の都市型バックパック

シンプルな黒の角形デイパック。余計な機能もなくシンプルですが、通常あると思われる手持ち用のハンドル、表面ポケット、中面仕切りなどはあります。

STARTTID Sはかなりいいと思いますね! 伝統的なバックパック形状ではなく、角形のデイパック形状です。THE NORTH FACE/ノースフェイスのシャトルデイパックの形状に似ていますね。あちらは999円と比べると20倍とかそういう値段ですので、比較にならないのですが、それにしてもよくこんな価格で出せるなというIKEAのSTARTTIDです!

余計な装飾、機能はありません。極めてシンプル。肩のストラップは必要最低限。比較的薄いので重い荷物を運ぶには不向きですが、荷物も少なく仕事に行く、土日にちょっと出かけるくらいでは問題にならないクッション性でしょう。要するに、通常使用では問題にならないということです。

IKEAのタグが付いているくらいで、あとは何もないです」。カラーはブラック。全部ブラック。バックパック自体の厚みはそれほどありませんが、毎日のお出かけには、このくらいの容量が意外にちょうどよさそうです。

Sponsored Link

STARTTID Sの中身はどんな感じ? 本当に使えるの?

中を開けてみると小さなトートも入っていました。これ、多分セットだと思うんですが、これがあるとなしとでは、整理がだいぶ違いますね。バッグインバッグで整理できるとデイパックの荷室が有効に使えます(付属してると思いますが、付属品でなければなにか整理用のグッズを買う方がいいです)。

特に書類を持ち歩くビジネスユーザーにはクリアファイルなど整理グッズでまとめたのち、整理用の袋に入れるとデイパック内でバラバラになることはありません。デイパック表面についているポケットは仕切りがあり便利でしょう。キーフックなどはありませんが、ベーシックな機能はおさえています。

小分け袋に、中面の背中側のポケットを有効に活用しましょう。背中側ポケットにPC用のクッションなどはありませんので、必要に応じてクッションを買ってください。

それにしても安い。たったの999円だなんて!

ちょっとしたお出かけのお供に! カスタマイズして楽しく使うのも良さそうです。

いやーこれだと、、って方にはノースフェイスのシャトルデイパックをオススメしておきますね。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 第2世代が出たぞ!Soundcore Liberty Neo2 完全ワイヤレスイヤホン、Liteが一新され質感高くなって5,000円台
NEW 空調服はなぜ売れるのか? 熱中症予防に!ファン4基搭載のVINMORI/ビンモリを試してみた!
NEW Ambi Climate2は快適か?エアコンを賢くAI搭載に手間いらず 実機レビュー

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む