Amazonプライム会員1,000円値上げでもお得 月額500円は高いのか? なんか煽りすぎでしょ

気に入ったらみんなにシェアしてね

Amazon/アマゾンのプライム会員の利用料が値上げになりましたが、高いのでしょうか安いのでしょうか。どう考えても安いでしょう? 2019年4月12日よりAmazonは年間3,900円から4,900円に値上げ、従来よりも1,000円値上げになりました。月額の場合は400円から500円に値上げです。今後の更新タイミンで値上げになる。Amazonプライム会員は学生版のAmazon Studentもあり、こちらは年1,900円が2,450円に、月額なら月額200円が250円に値上げになります。

全サービス使わないとお得じゃないとか思う方は、Adobe Creative Cloudの全アプリを使うのか、Netflixの全ビデオを見切ることができるのかとか考えてみてください。そういう考え方自体が、サブスクリプションサービスの捉え方を間違えているわけですよ。気に入らなければすぐにやめられるし、入りたければすぐにはいればいいだけです。悩むだけムダですね。

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

アマゾンプライム会員は高いですか? 送料無料だけじゃないでしょう

Sponsored Link

アマゾンプライム会員特典というのは当初は送料無料や、お急ぎ便無料とかお届け日指定とか配送に関わるものだけでした。たとえば送料がこんなにお得だったとプライム会員をやめようとしたら出てきました。もともとはAmazonの送料無料やお急ぎ便、時間指定が可能という、配送サービスの特典だったんですね。

当日発送600円、お急ぎ便500円〜、日時指定500円〜これらがすべて無料になっていたわけです。送料という観点では一ヶ月に一回たのんだだけでも、送料無料だけでもとが取れる計算です。でも、送料無料だけじゃないですよね、プライム会員のサービスがメリットがあるのは。

Amazon公式 プライム会員ページ

Sponsored Link


プロのノウハウで資産形成

プライム会員特典は全部使わないと損?って発想はやめよう

プライム会員というのは、単なる送料無料のサービスではありませんよ。ここらへんの認識が間違えると、すぐバカ高いとかいい出すことになります。ほとんど使ってないとか、あーだこーだいいだします。全サービス使う必要はありません、自分に必要な機能だけを使って満足できれば使えばいいし、そうじゃなければやめればいいんです。サービスというのはそういうものです。

主要なサービスとしては現在17個のサービスがあり、使わなさそうなサービスもあるんですが、こういうもの組み合わせ総体としてアマゾンプライム会員特典というものが成り立っています。

月500円のサブスクリプションサービス、世界的に見ても日本におけるAmazonプライム会員は圧倒的にお得なのサービスです。一定レベルのお金は払っても本人が納得するならいいと思います。みなさんはどうですか。

ちなみにアメリカのプライム会員は119ドル/年だから13,500円くらいですね。アメリカは広いので送料はかかるので、それでも多くの人が使っています。やっぱり日本人はサービスがタダだと思っているフシがあるから、そろそろ考え方を変えたほうがいい時期になっているかもしれませんね。

テレビが無料だからってのも大きいかもしれませんね。無料に飼いならされているんです。

アマゾンプライム会員のサービスには、通常誰でもがメリットを感じられるサービスと、特定のユーザーだけがメリットを感じるサービスが混在しています。

Sponsored Link

アマゾンプライム会員のきっと使うであろうサービスまとめ

アマゾンの無料配送特典

迅速で便利な配送特典を無料で提供。対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便が可能です。通常の配送でも当然到着しますが、追加的な価値を得られます。基本的には送料が無料というのが大きいと思います。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオもポイントの一つですが、プライム会員なら追加料金なしで、プライム・ビデオの映画やTV番組が見放題です。TV、スマートフォン、PCなどマルチデバイスで楽しめますし、家で見たものの続きが電車でも見られたしますよ。便利すぎる。Netflixを単独で契約すると1,000円とかしますし、4Kならなお高くなります。そうなると、Amazonのいろいろビデオ以外の特典も入って500円の価値は相当高いわけです。

プライムビデオはNetflixのように、オリジナル作品に力を入れています。Amazon Studioで制作するオリジナル番組など意欲作が多く、おまけで使えるというよりはこっちメインで考えてもいいレベルでしょう。

Amazonプライムミュージック

Amazonプライムミュージックは100万曲以上が聴き放題。お気に入りの楽曲や音楽の専門家が選曲した数百のプレイリストを追加料金なしで楽しめる。こちらもいろいろなサービスの中の一つですが、他のLINE MUSIC、AWA、Apple Musicなどにわざわざお金を払いたくないという人には、これで十分なのではないでしょうか。

ここまでで、すでにアマゾンを頻繁に使うユーザーはもとが取れていると思うんですがどうですかね。プライム・ビデオのサービスが結構大きいと思いますね。500円であれだけの量のビデオが観られてオリジナル番組があるとなるとかなり使いでがあると思います。

Amazon公式 プライム会員ページ


Amazonプライム会員のお得が増すサービス

そして基本サービス以外にも魅力的なサービスがたくさんあります。全部使う必要はなくて自分のライフスタイルに合ったものを選んで使えばいいのではないでしょうか。お金を払ったんだから全部使わないと損だとか、ってものではないです。使いたいサービスがあれば有効活用すればいいだけです。

食べ放題と同じで、食べないメニューがあったて、損な気分にはならないですよね?

ミュージックアンリミテッド

これは追加料金になりますが、プライムミュージックが気に入った場合は、アンリミテッドプランがあります。プライム会員は特別価格の月額780円で利用可能なAmazonミュージックアンリミテッド。 ほぼSpotifyやApple Musicと遜色のない楽曲再生が可能ながあります。6,500万曲以上が聴け、オフラインでも再生可能です。

プライム会員だと他のApple MusicやSpotifyなどのサービスに比べて、お得感があります。年間プランも結構お得です。

Amazon Photos

カメラ・携帯で撮った写真を何枚でも保存が可能なストレージです。Amazon Photoアプリをダウンロードすれば、自動保存が可能ですしシェアも可能。写真のみがこの対象で、書類データをアップしたりする場合には別の契約が必要ですが、写真を取っておくにはいいサービスだと思います。

Kindleオーナーライブラリー

プライム会員で、Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットを持っている場合は、対象となるKindle本のから好きなタイトルを毎月1冊無料で楽しめるサービスです。読みたい本があるかは別としても結構お得だと思いますね。

Prime Reading /プライムリーディング

さまざまなデバイスで、豊富な本・マンガ・雑誌が読み放題。Amazonでしか読めない限定タイトルもあるらしいですが、読みたいのあるかな? 2019年4月13日現在991タイトルが無料で読めますよ。

弱虫ペダルが読めるようになっていたり、結構いいんですよ。

Twitch Prime

Twitchが提供するTwitch Primeと連携可能。毎月の無料ゲームコンテンツ、Twitch Channelの購読などの特典あり。ゲームをする人にはいいかもしれませんね。

会員限定先行タイムセール

通常より30分早くタイムセールに参加可能。ちょっと狙っている商品がある場合には、ないよりは合ったほうがいいサービスです。

Prime Now / プライムナウ

専用アプリでのお買い物を最短2時間で届く爆速サービス。配送は早朝から深夜まで、好きな時間をが選べるけれど、エリアが限定されています。ほぼ使えない人のほうが多いような気がしますが。どうですかね。

Amazonファミリー

子育て世代は使いたいサービスですね。プライム会員ならおむつとおしりふきが定期おトク便でいつでも15%OFFとなるのと、そもそも送料が無料なので、らくちんなわけです。ベネッセと同じで子供の年令に応じた商品レコメンドをしてくれますよ。

バーチャルダッシュ

バーチャルダッシュは、ウェブサイト上で商品ごとに何種類でも作成可能、商品の再注文を簡単にする機能なんですが、もともとは物理的なボタンが500円で配布されていたのですが、現在は配布終了となっており、画面上に一発で注文が完了するボタンが表示されています。

Amazonパントリー

食品・日用品を中心とした低価格帯の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり390円の取扱手数料で届くサービスです。これは細々した商品をまとめて届けるサービスで、数千円の商品ではないものをまとめて配送してくれるサービスだと思えばいいでしょう。ただし390円がかかるので利用頻度はそんなに高くないと思います。

Amazonフレッシュ

生鮮食品や専門店グルメから日用品までエリア限定で届けるサービス。これもエリア限定なので都内とかに澄んでないとあまり利用しないかも。配送は8時から深夜0時まで全員が使えるサービスではありません。

プライム・ワードローブ

追加料金なしでプライム・ワードローブを利用でき、送料 返送料も無料というわけなんですが、衣類をサイズが合わなかったら無料で返品できるサービスということですね。万が一のときに便利というサービス。

Prime Pets (プライムペット)

プライムファミリーと同じですよ。子供のペット版が、プライムペットです。ペット情報の登録で、対象商品がいつでも10%OFFになります。その他、ペットの種類や年齢に応じたおすすめ商品の紹介などがありますが、これはベネッセのやり方と同じです。

Amazon Mastercard

プライム会員なら2%ポイントが貯まるAmazonクラシックカード。プライム特典が使い放題で2.5%ポイントが貯まるAmazonゴールドカードがあります。プライム会費が含まれるのでゴールドにしておくのもいいかもしれませんね。

Sponsored Link

十分に元が取れると思いますが、クソミソに言うのはなぜなんだろう

アマゾンプライム会員特典は、2007年のスタートから11年の歳月を経て、サービスを充実、配送を絡めたサブスクリプションサービスへと進化しています。アマゾンが嫌いだという人は、入らなければいいのですが、日本でよく使われているWEBサイトの上位にAmazonはあるわけですよ。もうほとんどの人が使っているサービス、サイトなんです。

プライム会員に全員が入ればいいとは思っていませんが、ただの通販サービスの特典というレベルを超えて、生活にAmazonが勝手に食い込んでくるように設計されたサービスになっているわけです。

送料だけのためにプライム会員になっているわけではありません。アマゾンプライムビデオを見られる。これだけで十分元が取れる人もいると思うんですよね。アマゾンではたまに買い物をする、そういう使い方でもアマゾンにとって、僕らにとっても魅力的なサービスになっていると思います。

Amazon公式 プライム会員ページ

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Soundcore Ace A1 microSDで音楽が再生できる格安Bluetoothコンパクトスピーカー
NEW ドコモ「iD」が使えるお店はどこか?用途別/カテゴリ別に紹介するよ QUICPayも網羅できる メルペイ生活
NEW クーポン付 Amazonで売ってるZacocoジョイコン充電スタンドがSwitchの Joy-Conとプロコン両方同時充電で便利だったレビュー

この記事を読んだ方におすすめの記事



注目のカテゴリ特集