Amazon Music Unlimited ミュージックアンリミテッドの解約と月額への切り替え方法

気に入ったらみんなにシェアしてね

Amazonプライム会員の会員特典であるアマゾンミュージック。100万曲がプライム会員だと無料で聴き放題になるサービスですが、この上位バージョンのミュージックアンリミテッドの解約の方法を書いておきます。結構こういう月額課金のものはサービスが多くなるとそれなりの金額になってくるので定期定期に利用状況をみて見直したいですね。

Amazon公式 プライム会員ページ

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

Amazonミュージックアンリミテッドとは?プライムミュージックとは違うの

Sponsored Link

プライムミュージックはAmazonプライム会員についてくる無料の音楽サービスです。対象となる100万曲から音楽が再生できかつサービスに含まれているので無料で利用が可能です。

プライムミュージックの上位バージョン(有料)は追加料金になりますが「ミュジックアンリミテッド」があります。プライム会員は特別価格の月額780円で利用可能なAmazonミュージックアンリミテッド。 ほぼSpotifyやApple Musicと遜色のない楽曲再生が可能ながあります。6,500万曲以上が聴け、オフラインでダウンロード再生が可能、複数台の端末で利用が可能です。

プライム会員だと他のApple MusicやSpotifyなどのサービスに比べて、お得感があります。年間プランは10ヶ月分の料金で、12ヶ月使えるので、使うサービスが決まっている方はお得です。ファミリーで使う場合はさらにお得になりますね、6人が同時に使えるのに値段が1.5倍程度ってほんとにお得でしかありません。

Echoプランという、Amazon Echoのみでしか再生できない380円のプランもありますが、スマホでの再生など利便性を考えると780円以上のプランがいいとお思います。

さてさて、解約の方法ですが、簡単です。

Sponsored Link

Amazonプライムの解約方法、個人/ファミリーの変更、月額課金に切り替える方法

基本的にPCでもスマホでも同じような項目になりますが、画面はPCで説明します。設定は「Amazon Musicの設定」にあります。これは「Amazon Music」→「Amazon Musicの設定」から「AMAZON MUSIC UNLIMITED」の項目を見ます。

ここに今契約しているプランが表示されます。上の例ですと、個人プランに月額課金で入っていることがわかりますね。ファミリープランや月額から年まとめて払いの変更はこの画面から行います。

「会員登録の更新」という部分に現在の課金状況が表示されます。ここにいつ更新されるのか(いつ次月の課金がされるか)が表示されていますので、それまでに、「会員登録をキャンセルする」を選んで契約をキャンセルすれば、次回以降の課金が止まります。

やめるに当たって理由を聞かれますので、ちゃんと答えてあげましょう。理由を記入しないでキャンセルすることも可能です。

キャンセルしたら、「会員登録の更新」の表示を必ず確認してください。先ほどとは違い、何日にUnlimitedが失効すると表示されます。この表示を確認し完了ですね。

Sponsored Link

Amazonプライムミュージックの関連記事

Amazonプライムミュージックの紹介です。

Amazonプライムミュージックの設定の仕方の記事も過去に書いていましたので、興味がある方はこちらもご覧ください。

値上げしたから嫌だとかいう人もこちらをご覧ください。総じて、プライム会員は安いと思いますけどね。人それぞれ価値観があるかと思いますが。

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 「少しでも命の助かる行動」でわかった日本人の思考停止 手取り14万円、年金2,000万円問題もそれ
NEW iPhone/Androidスマホの節電をしてバッテリー消費を抑える方法 災害 地震 台風に!通勤時にも使える
NEW UMIDIGI F2ノッチがないスタイリッシュスマホ 驚異的に安い179ドルでセールに!

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む