【高コスパ】SoundPEATS Q35Pro AACとApt-X両対応の大本命 4,000円台ワイヤレスイヤホン

気に入ったらみんなにシェアしてね

ハイレベルなコストパフォーマンスは継続。サウンドピーツ/SoundPEATS は格安ワイヤレスイヤホンでAmazonのランキングを席巻しています。SoundPEATSシリーズをいままでいくつも紹介していますが、今回はSoundPEATS Q35 Pro。ProってつくとすぐMacBook ProやiPad Proを思い浮かべてしまいますが、このProとは、コーデックにAAC対応したということです。動画再生時の遅延も少なくかなり満足いくものになっています。なお、本レビュー記事作成にあたりSoundPeatsさまより製品提供いただきました。

Amazon公式SoundPEATS Q35 Pro

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

iPhoneユーザー歓喜 Q35 ProはApt-X、AAC対応

Sponsored Link

SoundPEATS/サウンドピーツというメーカーから販売されている、Bluetooth接続対応のノイズキャンセリング ワイヤレスイヤホンのSoundPEATS Q35 Pro。

サウンドピーツの型番はQxというかたちでQ12などで表され番号が大きいほうが新作です。当サイトでは、SoundPeatsQ12、Q30、Q34とレビューしていますが、新作になるたびに完成度が上がっています。

SoundPEATS Q12 たったの2500円のBluetoothワイヤレスイヤホンはお得か

SoundPEATS Q30 名作再び!Q12後継 3,000円Bluetoothワイヤレスイヤホンはお得

SoundPEATS Q34圧倒的完成度 Q30を凌駕する4,000円台Bluetoothワイヤレスイヤホン

今回のQ35 Proはついに、Bluetooth音声圧縮コーデックが、AAC/Advanced Audio Coding対応となっており、ついにiPhoneユーザー的には、安心感を手に入れられるようになりました。

というのも、通常のBluetooth音声コーデックはSBCなんですが、いままでSoundPeats製品は、Androidが対応する高音質/低遅延となる規格 Apt-Xに対応するものの、iPhone/iOSが対応する高音質/低遅延規格のAACに対応した製品がリリースされていなかったのです。
iPhoneユーザーは、AAC対応のものを探すことになり、高価格帯のBeatsXBeoPlay H5なんかを使うことになっていたんですね。そういう意味で、この低価格帯ワイヤレスイヤホンでAAC対応は非常に魅力的です。

SBCだとしてもSoundPEATS Q12は、AmazonのBluetoothワイヤレスイヤホンとして殿堂入りでしたし、そこまで気にするべきポイントかどうかというとそうでもなかったと思いますが、音ゲーユーザー、動画視聴メインユーザーはAAC対応という実利を伴う機能がついたので非常に重宝するはずです。

Sponsored Link

SoundPEATS Q35 Proはキャリングケース復活!

 

前置きが長くなってしまいましたが、開封です。SoundPEATS Q30 Plus、Q35 Proからキャリングケース復活です。少し大きめかな。

Q12のときにはあったケースでしたが、復活し持ち歩き時の荷物の重みや、満員電車の圧迫などから本体を守ります。

これに入れてしまっておけば、コードの絡みも防止されるのでとても便利ですね。持ち歩きにはぜひ使いたいアイテムが復活しました。すこし匂いがありますが、すこしすれば匂いも落ち着くでしょうか。

 

細かな内容物は、交換用イヤーピース、交換用イヤーフック、MicroUSB充電ケーブル、カラビナ、キャリングケース、コードクリップ、ケーブルどめクリップがはいっています。

巾着形状の袋型ケースを添付することが多い中、Q35は結構しっかりしたソフトケースが付属、Q30以降はソフトケース付きで間仕切りも付いているのでイヤホン以外のものを入れたり、予備のイヤホンをいれたりと活躍するでしょう。

パッケージ内容は必要十分です。イヤチップは大中小の3種類、耳のくぼみにひっかけるスタビライザーも大中小の3種類で、それぞれを組み合わせることが可能です。耳へのフィットが重要なのでいろいろな組み合わせにトライしたいですね。

Sponsored Link

Q35 Pro IPX6 JIS IP66防水対応とスタビライザー形状変更

 

IPX6と説明書に書いてありますが、Amazonの画像によるとJIS IP66対応ということで、JISは日本工業規格ですので、日本国内はこっちのほうがわかりやすいでしょうか。IP66というのはIP:Ingress Protection(侵入に対する保護)ということで、10の位が防塵性の、1の位が耐水性能を表しており、IP66というのは「完全な防塵構造」「いかなる方向からの水の強い 直接噴流によっても有害な影 響を受けない」というものです。

3mの距離から全方向に100L/分、100kpaの噴流水で3分間耐えられるというものらしいんですが、まあどんな嵐の中のランニングでも使っても問題ないということです。ジムで使う場合には汗が問題になるので、防水は必須機能ですよ。

 

SoundPEATSシリーズでは、おそらく初めてスタビライザー部分の形状変更が行われたのではないでしょうか。SoundPEATS Q30 Plus、Q35 Proより、スタビライザーの付け根部分が耳のカーブに合わさるように形状が変更されよりフィット感が上がっています。

耳の穴とくぼみにあうので、密着感が向上、いままでも音漏れは少ない方でしたが、さらに音漏れもより少なくなっていると思われます。


SoundPEATS Q35 Proの使用感と音質、接続安定性向上

左右のユニットにマグネットが付いていて、かちっとくっつくのはこの手のワイヤレスイヤホンには標準装備の内容となりましたね。Q35 ProはQ34にくらべてマグネットの磁力が適度になり、自然にくっつく強さになりました。Q34が異様に強かったんですね。

1回約1〜2時間の充電で約8時間の連続使用(通話・音楽再生)と100時間の待機時間が可能となっており電池の心配なく利用が可能なのは、たとえばZolo Libertyのような左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンと比べ圧倒的に有利です。

また接続したiOSデバイス(iPhone、 iPad、iPodなどApple社の製品)にはバッテリー残量も表示できるので、バッテリー残量が心配になるということも少ないですね。

気になる音質は合格。基本的にはドンシャリ系

低音は強めでしっかり鳴ります。ちょっと強調されていると思いますが、このクラスでこれだけ鳴ればばっちりでしょう。中高音が押しが強く耳が多少痛くなる方もいるかも知れないですね。もう少し繊細さがほしいところでしょうか。

この手の低価格帯ワイヤレスイヤホンの音質向上には目を見張るものがあります。コストパフォーマンスは非常に高いです。

iPhoneの方は、AACに対応していますので、動画でも従来のSBC接続よりも低遅延となっています。低遅延といっても、遅延がないかと言うと若干遅延があるように思います。従来からAndroidの方にはApt-Xに対応していますので文句はないでしょう。

接続安定性は非常に高い

これはワイヤレスイヤホンには非常に重要なポイントですが、Bluetooth接続安定性はいいと思います。見通し10mで接続は切れませんでした。また2階にiPhoneを置いたまま1階へ行っても接続は切れません。電車の混雑時にも特に切れることはなく非常に快適です。

SoundPEATS製品、他の格安イヤホンに言えることですが、1目盛りの音が大きいため、就寝時に利用するいは音が大きいでしょう。

Sponsored Link

SoundPEATS Q35 Pro の通話、再生操作方法

Q12、Q30と同じ操作方法になりますが、アップル系の操作に慣れている方には違和感があると思います。

 

わかりづらいリモコン操作方法について

SoundPEATSシリーズ共通の操作方法になりますが、わかりづらいです。特にアップル系の操作に慣れている方には違和感があるはずです。

リモコンボタンは通常3ボタン構成だと、上下が+、ーで音量アップ、中央のボタンが再生/停止に割り当てられ、中央ボタンのダブルタップで曲送り、トリプルタップで巻き戻しになるのですが、Q35 Proは「リダイヤル」となるため通話発信履歴の最後の電話番号に発信します。

そのため、中央ボタンを曲送りだと思って素早く押すと、電話がかかってしまうので注意が必要です。曲送りは「+を長押し」、曲戻しは「ーを長押し」となります。

最新作はSoudpeats Q35 Proです。iPhone、iPadをお使いなら、AAC対応なのでこれがいいですよね。

SoundPEATS Q34のペアリング

電源がペアリング方法は簡単です。この手のBluetoothワイヤレスイヤフォンのセットアップは、たいていは電源ボタンをオンにする操作で長押しをしたままにするということです。そうすることで、電源がオンになったのちペアリングモードになるので、スマホの設定画面からBluetoothの接続を行います。

CVC6.0ノイズキャンセリングについて

あいかわらずCVC6.0ノイズキャンセリングというのが誤解を招くので先に書いておきますが、通話のノイズを抑える仕組みで、音楽再生中の外部環境からのノイズをカットするものではないのでお間違いないようにお願いいたします。

通話がクリアになるというものなのですが、通話しないのであればあまり関係ない機能です。ぼくは電話しないので全くこの効果を感じたことはありませんが、試しに使ってみたところ、特に悪くはなかったです。いいかどうかがわかりませんが普通に使えます。

少し前のワイヤレスイヤフォンの10,000円以上の価格帯があたりまえだった時代から、格段に安くなっており、iPhone7、iPhone7s、iPhone8とアナログのイヤホンジャック接続にはもう戻らない流れの中で、今後も格安Bluetoothワイヤレスイヤホンの需要は高まっていくと思われます。もしまだワイヤレスを使ったことがなければ入門機としていかがでしょうか。

SoundPEATS Q35 Pro製品仕様

今回はなんといってもAAC対応が売りです。価格を考えると、非常に魅力的な選択肢になるワイヤレスイヤフォンとなります。超コスパの良い低音重視のBluetoothイヤホンです。

ちなみに日の丸のジャパンモデルなんてのもあるんです。

通信方式:Bluetooth標準規格 Ver4.1 最大通信距離:見通し距離 約10m
対応プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP 対応コーデック:SBC、AAC、aptX
チップセット:CSR8645 ドライバー:Φ10.0mm
出力音圧レベル:92 ± 3dB at 1kHz 1mW 再生周波数帯域:20Hz-20KHz
再生時間:約8時間(音量が60%で) 充電時間:約1-2時間 待機時間:約100時間

なんと545mAh電池がついて充電も可能なSoundPEATS充電ケースも登場。Q35 Proとセットの場合はレジでコード「XY3I67PZ」を入力で500円オフになります。

Sponsored Link

SoundPEATS製品網羅レビュー

サウンドピーツをおおよそ網羅してレビューしております。よかったらぜひご覧になって下さい。

SoundPEATS Q30 Plus カラー展開と防水がうれしい!Apt-X対応ワイヤレスイヤホン実機レビュー
コストパフォーマンス抜群のワイヤレスイヤホンの代表格、サウンドピーツ/SoundPEATSは、...

SoundPEATS Q30 Plus カラー展開と防水がうれしい!Apt-X対応ワイヤレスイヤホン実機レビュー

【高コスパ】SoundPEATS Q34圧倒的完成度!Q12Q30を凌駕する3,000円台Bluetoothワイヤレスイヤホン
サウンドピーツ/SoundPEATSは格安ワイヤレスイヤホンでAmazonのベストセラーを牛耳...

SoundPEATS Q34圧倒的完成度!Q12Q30を凌駕する3,000円台Bluetoothワイヤレスイヤホン

SoundPEATS Q30 名作再び!Q12後継 3,000円Bluetoothワイヤレスイヤホンはお得 Q34も出た!
以前紹介したサウンドピーツのQ12は2,500円という格安な価格でもiPhoneやスマホとワイ...

SoundPEATS Q30 名作再び!Q12後継 3,000円Bluetoothワイヤレスイヤホンはお得 Q34も出た!

元祖高コスパワイヤレス!SoundPEATS Q12 たったの2500円のBluetoothワイヤレスイヤホンはお得か Q30も出た
Soundpeatsは格安ワイヤレスイヤホンの決定版です。B&O BeoPlay H5...

SoundPEATS Q12 たったの2500円のBluetoothワイヤレスイヤホンはお得か Q30も出た

BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】アマゾンサイバーマンデー何が安い?Amazon Cyber Monday 2019年12月6日〜9日今年の締めくくり
NEW BlackView A80 Pro 80ドルの格安スマホ!AnTuTu99,700の実用スペック
NEW 大阪王将 羽根つき餃子が小麦粉ユニットが付いて調理簡単、安旨で最高 150円程度で買える

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む