NEW Anker Nebula Astro登場 興奮!欲しすぎる。超小型モバイルプロジェクター Android搭載
NEW モデルチェンジ間近か? echo plus 2台で50%オフ 条件はPerfumeの新曲をステレオ再生!?
NEW NETFLIX『監視資本主義』を鑑賞できる人/できない人の格差 Our Social Dilemma 
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

注文住宅のスイッチパネルをカスタマイズする LUTRON Claroにベタ惚れ

ガジェット

注文住宅をつくるには、どのくらいの普遍性が必要なのか。いっときのはやりを追っかけると店舗デザインのようになるのですが、そのテイストでどこまで持つのか。自分の年齢によって好みのテイストが変わってしますのではないか。

長期住める住まいのデザインとは、どういうものなのかを考える必要があるでしょう。

これはなんでしょう?


以前お邪魔したEsprit de Franc。ここもPOLUSグループのSturdy Styleがやっているんですが、PO HAUSよりも、若い感じでシャレオツです。

うちもここでいいかとは思ったんですが、あえてPO HAUSに決めてから見に行ったんですね。理由は…… Sturdy Styleに決めてしまうから! ではなくて、、、

自分に自信がなかったんです(涙
ある意味、逃げでもあり、それでも、僕らには賢明な判断だったのかもしれません。家のデザイン、コンセプトはどれも◎ですが、どうにもふみきれない自分がいたんですね。で、うまい具合にPO HAUSとなったわけです。

リフォームが入るにしても35年間このスタイルで行けるのか?

ポラスの中でもどちらにするか、迷われる方も多いのではないでしょうか。ちょっと進んでいるスタディスタイルとそれに比べると若干保守的なポウハウス。保守といっても他のハウスメーカーに比べれば先進的なデザインかもしれませんが、どこまで尖った家にするのかは考えないとなりません。

作例的にはSturdy Style/スターディスタイルが若い世代には受けそうです。店舗的な内装と白と黒のコントラストをうまく使った内観。その調子で何歳までいけるのかをちょっと考えてしまったわが家はPO HAUSとなりました。逆にいまとなっては、PO HAUSはガレージハウスを建てるならということでガレージの方で特徴できな家づくりができますね。

さてさて、コンセプトハウスであるEsprit de Francですが、ルイスポールセンのPH アーティチョークやら大谷石やら、なにやらたくさんの気になるものが満載でした。なかでも、このパネル。すごい存在感を出していました。

大きなパドル形状でパチッパチッと操作が楽しい。

見つけたときはどこのメーカーかわからなかったのですが、あの調光器メーカーのルートロン社製でした。よく見るとLUTRONって書いてあります。このスイッチパネルを見えるところにはすべて採用しようというのがわが家の計画です。パネル自体がドデカいので、三連スイッチくらいで、まとめたいと思います。

ポラスグループで新築や仲介・リフォームをご検討の方へ

ポラスグループでは基本的に値引きがありませんが、唯一紹介制度でお得になるものがあります。新築住宅成約の場合、インテリア商品券10万円分または植栽10万円分がもらえたり、仲介・リフォームではラグマットやディナー券が提供されるハートフルご紹介制度というものです。もしこれからポラスグループに行ってみようと思う方はご紹介いたしますので、Facebookページからメッセージでご希望の旨、お知らせください。コメントは非公開になっています。信頼できる営業さんをご紹介いたします。メッセージにてご紹介カードを送らせていただきますね。

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました