NEW Anker PowerHouse II 400発売 超絶容量108,000mAh超大容量バッテリー ポータブル電源
NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

サイボクハム 埼玉が誇る毎日が肉フェスの場所(埼玉県日高市)

ドライブ

肉ブームが来ています! なんてニュースになってますが、いやいや肉にブームなんてありません。肉が好きなら好きな時にたらふく食べたらいいんです。肉があるから食べるんです! というわけで今回は豚肉を食べに行ってみましょう。サイボクハムってのはこちらです。

肉フェスに行かなくったっていいじゃない


埼玉県日高市にあるサイボクハムは、とこトン、豚肉にこだわったミートパークです。日帰り温泉なんかもあるんですが、肉を食べに行く、肉を買いに行くところです。川越の西にちょっと行ったところなので川越ですかね。関越道川越インターから西へもしくは圏央道鶴ヶ島インターから南へ少し走るとあります。

いつでも名物ゴールデンポーク(ドイツで金賞を取った豚肉)を中心に、スペアリブから豚のステーキに至るまで肉づくしです。わざわざ肉フェス(全国の肉屋が集まるっていう点はいいですよね)に行ってまで肉食べなくてもいいんじゃない? って人にはぜひ行って欲しい場所。

IMG_2819

看板が出ているので迷わないと思います。駐車場はP1〜P5まであって広々。連休には肉フェス顔負けの豚のイベントがあります。日帰り温泉、花鳥風月も併設で半日楽しめる施設になっています。

スクリーンショット-2015-04-29-11.25.16
タップで拡大

もりもりセットメガトンセットで大満足

とんテキ(豚テキ)、ソーセージステーキ、ベーコンステーキがお得な値段で提供される「もりもりセット」880円がイチオシですが、さらに豚足、焼レバー、フランクフルトが2本もついている1,621円のメガトンセットなんてのもあります。一人で食べるのには多いですが全国肉好き男子ならチャレンジするのもありですね。

IMG_2823

セット類には+90円くらいで肉まんが追加できるのでご飯類がないじゃないか! お怒りの方にもなんとなく炭水化物をプラスすることが可能です。大量のスペアリブを調理しているところを見ると、食欲がかなりそそられます。

IMG_2837

豚肉パラダイスとでもいいましょうか。肉は手前からスペアリブ、ハムステーキ、ベーコンステーキ、トンテキ。

IMG_2838

ハムは甘くてやわらかい! ハムを焼くって結構新鮮です。ベーコンステーキは歯ごたえも適度で食べ応えがあります。トンテキ、これ見た目よりもやわらかデジューシ。暖かいうちに食べるのがベストです。スライスは全部店の人がやってくれます。

IMG_2840

スペアリブはジュルッとおいしいです。ただちょっと値段が417円!量に対して高いかな。セットでかぶっていなければ、スペアリブよりもベーコンステーキもしくはトンテキを選んだほうがいいかも。

IMG_2836

網で焼けるものはなんでも焼いて提供してます。

普通のレストランもあるよ

少し前は温泉に入ってトンカツを食べに来ていたのですが、最近は観光地化して網焼きとかで屋外がフードコート化していますね。レストランでゴールデンポークのトンカツとかが王道でしょうか。でもなんだか高くなりましたね。BBQセットとかも充実してきていました。

IMG_2834IMG_2835

社長の趣味なのか盆栽系の植栽が多いですね。日本庭園風の庭とか建物とミスマッチですが、もはや味という領域でしょうか。ちょっとこっちは時代を感じますね。

IMG_2843IMG_2826

野菜も充実。地元、近郊農家から新鮮な野菜が届くようです。そして肉専門、ミートショップも併設。こちらはゴールデンポークを中心にこれでもかと豚中心に肉が売られています。テープレコーダーのように売り子のおばさんが「ゴールデンポーク、あまくておいしい、最高の豚肉。尼エサが違う、水が違う、きめの細かさが違う肉!」みたいなのをテープのリピート再生のように連呼。お土産にもぜひどうぞ。

サイボクハムオンラインショップ、オンラインでも購入可能ですよ。

埼玉種畜牧場 サイボクハム
埼玉県日高市下大谷沢546
042-989-2221

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました