NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

すぺいん亭 パエリアならココ!埼玉のガウディ 川越にあるサグラダファミリア(埼玉県川越市)

食べ歩き

川越のはずれ、西川越、いも膳の近くにあるこの店はスペイン料理レストラン。私が出会ってから、もう15年は経つだろうか。パエリアのうまい店として当然紹介するのはもちろんですが、この店、圧倒的に店舗内装が凝っています。凝っているレベルが違います。倉庫を使った店舗は内装はつねに進化し建造・改修が続く。創業30年を超えるすぺいん亭、西川越のこの店舗は98年からオープン、いまなお作り続けられ、川越のガウディ、いや埼玉のガウディが川越でサグラダファミリアを作っているといっても過言ではないです(なにそれ)。

圧倒的な質感の店舗に息を飲む


ステンドグラスから、モザイクアート、鉄板切り抜きアート、すべてが幻想的。この店内に入ると、つかのま日本からトリップできること間違いなしです。

IMG_8220
薄暗さの中に圧倒的重厚感。店主が丹念に作り続けるこの店のオブジェは、ほぼすべてが手作り。店の駐車場では店の内装用の鉄板でできたオブジェやモザイクタイル(タイルを割るところからやっている)など、建築現場的様相を呈す。徹底感が半端ない。趣味が講じて作られたにしては完成度が高すぎます。

IMG_8159 IMG_8158
創作の積み重ねが、とてつもない重厚感を店に与え、誰にも真似できない高みに到達。内装に比べて外装は倉庫。このギャップがすごい。倉庫の外観に、大きなパエリア鍋(1982年にオーナー:村田さんが5.5mの大鍋でギネス記録したやつかな)くらいで看板もない。

IMG_8190 IMG_8161
お店に入ると薄暗く通路が続きます。初めて入った時の驚きは今でも忘れられないものがあります。こういった質感は若い時はよくわからなかったけど、歳を取ってくると重厚感なんかにも気がついてくるのでしょうか。モザイクアートの殿堂が広がります。

パエリアは数々の賞に輝くうまさ!

IMG_2263-(4)
パエリアはこのお店の看板メニュー。30年も前から日本でパエリアを紹介しパエリアの先駆者。パエリアコンクールでは国際部門1位など数々の受賞歴がある。さらに調理の難しい野外で大鍋を使った調理(2015年 イオン幕張新都心で2,000人分のパエリアを作る)やスペインフードフェス(代々木公園のフィエスタ・デ・エスパーニャ2015)などに積極参加するお店なのだが、店舗は川越のはずれにあるから名前は知っていても実際に行ったことがない人も多いかもしれない。ぜひ一度行ってみてほしいスパニッシュレストランです。

店内内装や重厚感から異国情緒が味わえ、比較的料理の提供時間もゆっくりめなことから、時間の流れがゆっくり。お急ぎの場合は別のお店を。時間に余裕を持って訪れたいですね。このなんとも言えない浮遊感を味わえるのは贅沢だと思います。店内、セザリア・エヴォラ/CESARIA EVORAのアルバムがリピート再生されており、気づいたら3回聞いていたってくらいゆったりとしています。

ランチメニューはどうなってるの?

パエリアを中心にスペインの伝統の郷土料理が味わえます。写真はタパスもりあわせです。12種の4人前でこうなります。ちなみにタパスとは、スペイン人の生活に欠かせない小皿料理、おつまみのことです。ピンチョスっていうのもあるんですが、それは缶詰を開けて楊枝が刺さってる一口で食べられるタイプのものですよ。(すぺいん亭にはピンチョスはありません)

IMG_2242-(1)
パエヤ ランチ 1,500円
スペインオムレツ/ガスパチョ/パエヤ/コ-ヒ-

スペイン料理の華 パエヤ 本場バレンシア・スエカのコンクールで世界一と称えられた味に魚介をふんだんに加えた華やかさです。やはりこれが初回来訪時にはオススメです! 満足できるランチになります。

パエヤ ランチ ラマンチャの華2,000円
スペインオムレツ/葡萄入り2色のガスパチョ/パエヤ/デザート/コ-ヒ-
※ラマンチャの華になると、ガスパチョが2色仕様になり、デザートがつきます。

イカの墨煮 ランチ1,500円(※ラマンチャの華あり)
スペインオムレツ/ガスパチョ/イカの墨煮/コ-ヒ-
イカに絡まる墨の旨味、サフランライスとあわせて

魚介の煮込み ランチ1,800円(※ラマンチャの華あり)
スペインオムレツ/ガスパチョ/魚介の煮込み/コ-ヒ-

他、マドリード風 コシードのランチは二人前からです。

IMG_8214 IMG_8192
ちなみに、チュロスも名物となっており、ランチ後のおやつに注文するのがいいですね。

ディナーメニューはどうなっているの?

アラカルトでオーダーするよりもいろいろ食べられてお得なのはコースです。好みに合わせてアラカルトを追加するといいかも。3,000円のコースでお腹いっぱいです。たいがい数人で行くと途中で食べられない人が出てきますから、3,000円をベースにアラカルト追加がいいですね。わが家の場合はそうしています。

3,000円 Aコース
タパスの盛合わせ(12種)/マッシュルームのワイン煮/パン/ガスパチョ/魚介盛りだくさんのパエヤ
/コーヒー
パエヤを仔羊の鉄板焼にかえたBコースもある。

4,000円コース
3,000円に対し、タパスが13種になり、仔羊の鉄板焼きが追加

5,000円コース
4,000円に対し、タパス15種類で、バスク風蟹グラタン、デザートが追加

6,000円コース
5,000円に対し、ハモンイベリコ追加、スープが葡萄入り2色のガスパチョに変更

IMG_2244-(3) IMG_2250
タパスは12種類でも相当な見応えがあります。まんなかのスペイン風オムレツがなかにジャガイモが入っていて最高なんですよね。お皿からして異国情緒が漂います。そしてマッシュルームのワイン煮、これもあわせて出てくるパンと一緒に食べるのがうまい! かなり大きなマッシュルームです。

IMG_2247-(3) IMG_2256-(3)
アラカルトのチーズと、チョリソーみたいなやつ。これしっかりとした味わい。とくにチーズは美味しかったです。少し足りないなとか、アラカルトを見て、気になったものをちょいちょいたのんでもいいかもしれませんね。

IMG_2263-(4)
そしてついにパエヤ/パエリアがやってきます。スペインの頂点に立った世界一の称号が与えられたパエリアです。ベースの味がしっかりしていること、そして見た目の華やかさ、完璧です。写真は4人前おいしくいただけます。おなかいっぱい、ごちそうさまでした。

IMG_8210 IMG_2266-(1)
コーヒーのタイミングで2階に移動できます。急な階段ですが2階はぜひ訪れたいですね。店舗ステンドグラスに向かって正面に左は大人数、パーティー用で、右が数名のグループ用です。2階から見る店舗の全景はこれまたすごい。こんなフロアになっていたんだねって全体を初めて把握できます。

内装にも圧倒され、パエリアがうまい。ぜひ一度、川越観光がてらご来訪を!

BlackHouseオススメ ★★★★

すぺいん亭/旧:西班牙市場
埼玉県川越市今成4-11-4
049-241-3535
11:30~16:00 /17:00~23:30
定休日:月曜日(祝日営業、翌日休み)

夜だとライトアップもないから、通り過ぎてしまうかもしれませんので、付近に着いたらゆっくりと車を走らせましょう。

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました