新型無印Kindle7月20日発売へ第8世代に Amazon Unlimited日本リリース間近!?

気に入ったらみんなにシェアしてね

最近、Kindle Oasisが出たりとPaperwhiteにホワイトが出たりと忙しかったAmazonの電子書籍リーダーKindleシリーズでしたが、ただのKindle(無印キンドル)がカタログ落ちとなっており、オーダーできない状態になっています。Amazonプライムに入っていれば、4,000円オフで4,980円で売っていた低価格端末だっただけに残念です。と書いていたら、新型が発表されています。Amazon Kindle情報はこちらにまとめています。

7月20日に、さら薄く軽くなった新Kindleが発売になります。Bluetoothオーディオ対応、RAM2倍の512MBに増強。ストレージ容量、解像度167ppi、色は黒と白で据置き、値段も据え置き8980円。プライム会員は4980円で予約開始しました。

一つ目が新型Kindle、二つ目がPaperwhite。相当質感が高まっているようです。

kine61WiA1Dj-sL._SL1000_61DTQleZvTL._SL1000_

CHECK Amazon50%オフタイムセール
あとで終了
CHECK 楽天24時間タイムセール 毎朝10時更新

ベストバイは引き続き「ただの」新Kindleでしょう

Sponsored Link

初めて買うには圧倒的にふつうの、ノーマルKindleがオススメです。だって安いんだもの。4,980円だったら、かなり満足が得られると思いますよ。

解像度などの比較はこちらで整理していますので、ぜひご覧ください。

【Kindle Paperwhite】が断然オススメ2018新モデルも出た!ただのKindleと比較実機レビュー 32GBマンガモデル追加
キンドル、電子書籍リーダーもここまできたか。そう思えるKindle paperwhiteとた...

新型Kindle 2016については実機が届いておりレビュー済みですのであわせてこちらもごらんください。

新型無印「Kindle」2016ニューモデル実機レビュー 現行「Kindle paperwhite」総比較 2017年版
先日お伝えしていた新型Kindle2016/キンドル 8世代目の日本の発売が7月20日、無事行...

Kindle 2016年6月のモデル比較表は最新版に差し替え

新型 ただのKindeが追加となりました。今回の新型はただのKindle(無印キンドル)のバージョンアップ版。既存の7世代目のKindleより薄く軽くなり、VoiceViewによるオーディオ操作が可能で電子書籍端末としては初のBluetoothオーディオに対応しています。

色は、従来通り本体色は黒と白。この無印KindleのBluetooth対応に伴い、当然のことながら上位機種のBluetoothオーディオ対応が進んでいくと考えられます。内蔵ストレージ容量は据え置き4GB。画面も6インチ167ppiのまま。

51+pro+5e-L._SL1000_

バージョンアップポイントは3つ

  1. 30g軽量化。1mm薄くなりPaperwhiteと同様になった。
  2. 角ばったデザインから、丸みを帯びたデザインになった。
    サイズ的にも見た目的にもKindle Paperwhiteの照明機能なしの廉価版という感じになると思われます。丸みを帯びた形がまさにPaperwhiteです。
  3. サイズが小さくなり液晶サイズは6インチなのでベゼルの細さが際立つ。

oasislist
現在販売されているモデルは高解像度かつ、バックライト付きのKindle Paperwhite 型番DP75SDI 第7世代14,280円(プライム会員10,280円)、高解像度かつページ送り用のハードウェアボタンが付いているKindle Voyage 型番NM460GZ 23,980円(プライム会員も安くなりません)、薄型、カバー付きのKindle Oasis 35,980円三機種。

Paperwhiteがたまに7,980円売っていることを考えると、4,980円のただの新型Kindle、エントリーにはいいですが、長く使うならPaperwhiteかな。5,000円、1万5,000円、2万5,000円、3万5000円の電子書籍リーダーという一万円刻みのラインナップとなっています。

Sponsored Link

Kindle Unlimitedが公開間近との情報も

Amazonの読み放題サービス、キンドルアンリミテッドの日本語WEBサイトが表示されたが削除されたとの情報もあり、今回のただのKindleの在庫切れとなにか関係があるかもしれませんね。

Kindle Unlimitedは月額9.99ドルの有料課金サービスで、100万冊の電子書籍と1000冊のオーディオブックが読み放題・聴き放題になる。当然、マルチデバイス対応で、Kindleは元より、iPhone、iPad、Androidなどで利用可能。海外では2014年にスタートしているが、日本ではローンチできていない。

さあ、どうなる!?

新型無印Kindle 2016実機レビューはこちら

新型無印「Kindle」2016ニューモデル実機レビュー 現行「Kindle paperwhite」総比較 2017年版
先日お伝えしていた新型Kindle2016/キンドル 8世代目の日本の発売が7月20日、無事行...

Amazon Kindle情報はこちらにまとめています。

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!


BlackHouse 最新&おすすめ記事

毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 Kindle Fire7タブレット実質3,990円
CHECK 新型Fire HD8 2018 カメラ改善の格安タブレットが、満足度が高い!
CHECK みんなの新型防水Kindle paperwhiteが最高だ!
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW ピオニウォーク東松山 台風被災 年内に復旧はいつなのか?潰れた?閉店?現在一次休業中!
NEW 激速 Yiida(イーダ)レビュー 革新のスキャン式電子辞書 指さしで翻訳 新英和中辞典搭載!
NEW AirPods Proレビュー ノイキャンとカナル型当たり前をブラッシュアップ 高いけど買い

この記事を読んだ方におすすめの記事




注目のカテゴリ特集




さらにBlackHouseを読む