UMIDIGI UWATCH3 GPSレビュー 圧倒的に電池の持ちがいい!Apple Watchの1/10のスマートウォッチ

3.5
ガジェット

UMIDIGI UWATCH3 GPSのレビューです。UMIDIGIさんは中国のスマホメーカーです。主に格安機を扱っているのですが、UMIDIGI UWATCH3 GPS(ユミディジユーウォッチ)はそんなUMIDIGIさんのお得なスマートウォッチになっています。何がいいかを簡単に言うと圧倒的な電池のもちです。7日はもつ!これは大きいです。そして対応するアプリの通知が腕に届く通知機能が便利ということです。通知デバイスとして4,000円はかなりお買い得な価格と言えるでしょう。

Apple Watchの1/10の価格で購入可能な入門用スマートウォッチ


UMIDIGIさんのパッケージだなぁと思うスマホと同じデザインテイストの箱で到着です。白を基調とした少しエンボスの入った紙の箱です。いまや電化製品である時計も格安のカシオのデジタルウォッチが980円くらいで売っているようにスマートウォッチも格安機が販売されています。

スマートウォッチというとApple WatchGarminのものが思い浮かぶ方は多いと思います。これらの高級スマートウォッチは価格帯が40,000円程度であり、そう簡単に手が出るものではありません。一方で、1万円以下のスマートウォッチ市場というのも存在します。ISWIMといったスマートウォッチメーカーやHUAWEIUMIDIGIといったスマートフォンメーカーもそこでおすすめしたいのが格安スマートウォッチです。今回はUMIDIGIさんよりUWATCH3 GPSの提供いただきましたのでレビューしていきます。

4,000円弱でアプリ連携がなされ数値データもiOS、AndroidのOS標準のヘルスケアアプリへ保存されます。専用アプリのVeryFit Proというアプリで健康管理が可能です。このアプリは格安スマートウォッチではよく使われるアプリのようで、以前紹介したISWIMやHUAWEIのスマートウォッチでも使われていました。

iPhoneなどのスマホのみでも、ヘルスケアに活動量は記録されますが、スマートウォッチを使えばより正確に活動を把握できるようになるため、普段からヘルスケアを利用されている方はより正確なデータや、通知を腕で受け取るために買うというのもありですね。なにせ価格が安いです。


圧倒的なやすさのUMIDIGIスマートウォッチ群

UMIDIGI UWATCH3 GPSはその名の通りGPS付きで単独で位置情報まで記録できるモデルです。Apple Watch型のUMIDIGI UWATCH3 GPSは執筆時点で4,600円台、UWATCH3無印が3,600円台、円形のいわゆる時計型のUWATCH2Sが2,900円台とかなり安いのが特徴です。

そして円形の新型、UMIDIGI Urunが6,000円で新登場しています。スポーツモードが14から17に向上していますが特に目的がなければ従来モデルでも問題ないでしょう。




UMIDIGI UWATCH 3 GPSのおすすめとなる特徴

UMIDIGI Uwatch3 GPSスマートウォッチは何と言っても軽量かつGPS搭載で4,000円というのが大きな魅力です。最新のApple Watchのように心電図を撮るなどの機能はありませんが、そこまで最先端を目指す必要がない方の方が大多数でしょうから、質感に満足がいきさえすれば選択肢に入ってくるはずです。下にUWATCH3の機能を挙げていますが、Apple Watchに引けを取らない機能が載っていることを確認できると思います。

文字盤画面カスタマイズは若干画面パターンが少ないのが気になりますが写真も選べ、アプリから写真も選択可能です。格安機であるがために筐体ベゼルギリギリまで液晶があるわけではありません。この辺りは価格が1/10であることとのトレードオフ関係にあるでしょう。

内蔵GPSにより活動をトラッキングできることは大きな魅力です。このほか健康管理機能として、睡眠モニター、心拍計はありますし、万歩計機能といった標準的な機能をしっかり抑えています。防水は5ATMで必要十分と言えます。

Apple Watchとの比較では質感が問題になるでしょう。質感は価格に応じたものです。ディスプレイはベゼルギリギリまで表示範囲があるわけではないため、黒い場合には表示領域がどこまであるかはわかりませんが、写真を全面に写した場合どこまでが有効なディスプレイ部分かがわかるでしょう。少し小さめであることは否めませんが、価格的な側面で眼をつぶるところかもしれません。


UWATCHシリーズが圧倒的にすぐれている点

Apple Watchはこんな感じ。

UMIDIGI UWATCHが圧倒的にすぐれている点はバッテリーの持ち具合でしょう。Apple Watchはバッテリーはもって2日弱ですが、UMIDIGI Uwatch3 GPSは稼働で約7〜10日間利用でき、なにもしないスタンバイ状態で約30日間電池が持つのは非常にバッテリー効率がいいと言えます。

GPS搭載 スマートホン自宅に置いておいてもUwatch3 GPSは内蔵GPSでアウトドアでの活動データを正確に追跡可能です。運動後データの同期によりVeryFitPro APPで運動中のペース、距離、軌跡を確認できます。

5ATM防水 5気圧防水は水深50mまで耐える規格です。手洗いなどの生活防水レベルは当然ですが、雨の日のランニングも問題ありませんし、水泳でも問題ないですね。ただしシャワーやサウナ、入浴での38℃以上の水の中の使用は対応していないことには注意が必要です。お風呂に注意ですね。

睡眠ステージ機能 睡眠状態を自動的記録と分析が可能になり、深い睡眠、浅い睡眠、および目覚めの時間を計測し睡眠の質を分析します。

スタンドアップリマインド 長時間座っていると、Uwatch3 GPSスマートウォッチはリラックスするようにリマインドが来ます。これはApple Watchでもある機能ですね。

女性の体調管理 アプリで月経の詳細情報を設定して、Uwatch3 GPSスマートウォッチは前もって次の月経と排卵日のリマインドがなされます。Apple Watchでも可能ですがやはり手動で設定する必要がありますので同等の機能と考えてよいでしょう。

アラームリマインダー Uwatch3 GPSスマートウォッチは最大10個のアラームを設定可能ですので、起きる、薬を飲む、次の会議の時間などアラームをかけられます。当然の機能ですが、10個もあれば十分でしょう。

音楽制御 スマートウォッチは音楽アプリを直接コントロールできます。携帯はポケットから取り出す必要はありません。スマートウォッチは、再生、一時停止、また前の曲と次の曲を切り替えができます


4,000円の圧倒的価格で通知デバイスとして重宝

Uwatch3 GPSスマートウォッチは時計なので当然に時刻は表示できますが、スマホと連携した通知デバイスとして利用するという観点では4,000円は相当安いのではないでしょうか。スマホに届いた通知は対応するアプリから瞬時に送られてくるので、通知リストバンドとして利用するのがおすすめでしょう。

メッセージ、LINE、メール、SMS等の通知は内容の表示もできますから非常に利便性が高いです。通知が多い場合には、アプリからオフにすれば通知量を調整可能です。通知機能で注意したいのは、基本的には通知が届くだけです。返信したり通話するという機能はありませんが、基本機能を抑えているので、販売価格を考えればこれで十分な機能と考えられるでしょう。

UMIDIGI UWATCH3 GPSの仕様

モデル:Uwatch3 GPS
スクリーンタイプ:1.3インチLCD,240*240ピクセル,方形TFTカラースクリーン
制御方式:タッチパネルとボタン
充電時間:≤2.5時間、恒温25℃
労働時間:約7-10日間、スタンバイ時間:約30日間
互換性:iOS 9.0 /Android 4.4以降(スマートフォンのみ適用、PC、iPadまたはタブレットPCには適用されません)。
専用アプリ:VeryFitPro




価格面を考えるとスマートウォッチの基本を抑えているため、まずどんなものかを試してみようとい言う方には非常にありがたい製品だと言えます。一度これで試してみて、もっと使ってみたい。もっと質感が高いものを勝ってみたいという気持ちになってからでも高級機を買うのは遅くはありません。

Apple Watchは医療系に進化が進んでいますが、何も最先端である必要はありません。あれは、どちらかと言うとポーズなのです。Apple Watchをつかっているオレ、これが重要でありほとんどの人はApple Watch4〜6をみわける人はいません。ちなみにぼくはApple Watch4を使っています。

ITにいる人にとってはApple Watchはアイコン的なものかもしれません。でも、いまはビデオ会議で人に合う機会も多くありません。となれば、そんな見栄より実を取るほうが賢いと思いませんか。このあたりの話はまた今度。

タイトルとURLをコピーしました