BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 【速報】Amazonプライムデー2018年 特価商品まとめ!年に一度の一番安い日
NEW FlexiSpot V9 働きながらやせるデスクとLOCTEKモニタアームがプライムデーで激安
NEW Ankerのプライムデーセール最大50%オフをレビューと共にお届け Zolo Soundcoreも!


ハワイ州で日焼け止め禁止とは? サンゴを保護するため一部の日焼け止めが禁止

気に入ったらみんなにシェアしてね

夏休みにはハワイに行きたい! まとまった休みができると海外旅行に行きたい方も多いのではないでしょうか。7月3日ハワイ州のイゲ知事が特定の日焼け止めの販売を禁止する法案に署名し、ハワイ州で特定の成分の入った日焼け止めの流通を禁止することになりました。

今年2018年の夏休みになにか問題になることはありませんが、なんで規制になるのかなどを理解しておくと、今後の自分のアクションに変えられますね。

法律の施行は2021年1月1日 いきなり問題にはならない

Sponsored Link

今回の日焼け止め使用禁止、流通を禁止するのは「オキシベンゾン」「オクチノキサート」という化学物質が入った日焼け止め(サンスクリーン)です。これらの物質は海に溶けて、サンゴ礁を死滅させる可能性があるということで、販売、使用を禁止し環境保護に乗り出します。

法律自体は2021年1月1日に発行するため、2018年の夏休みや、来年2019年にも関係ないし、2020年も関係ない。

関係ないけれど、利用をし続ければサンゴ礁に影響がある。法律発行まで時間はあっても、もし可能であれば、今回禁止になる有害成分「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」の入った日焼け止めの使用をやめるという、環境保護のアクションを自らとるのもいいかもしれない。

Sponsored Link

手持ちの日焼け止めの成分を確認してみよう

持っている日焼け止めを確認してみると、今回の対象となる物質「オキシベンゾン」「オクチノキサート」は入っていないように思う人も多いと思いますが、実は「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」=「オクチノキサート」ということで、メトキシケイヒ酸チルヘキシルという記述があるものは禁止となります。

成分としては、結構上の方に書いてあるものなので、日焼け止めの主成分として入っていますが、今回の法律により、3500種類以上の商品が使用禁止になる想定だそうです。

おー。アネッサ パーフェクトUVにも入ってる!主成分とも言っていいレベルなんじゃないんですかね。

ビオレUVこちらもがっつり入っておりますよ。裏面の拡大写真もあるのでよく見てみてください。

NALC日焼け止め。こちらも入ってますねー。

Sponsored Link

ハワイ日焼け止め禁止への各化粧品、医薬メーカーの今後の対応

WBSによれば、資生堂や大正製薬などではハワイ州で流通するものへの対応を行う予定。今後ハワイ州だけでなく、世界でこのような動きは起きてくると思われ、対応を検討していくらしい。

ハワイ州観光局では、法律施行まで、自然、環境に優しい日焼け止めを使おうと啓蒙していくようです。

すでに、オアフ島、マウイ島でもプールのそばに、サンスクリーン、日焼け止めの無料ポンプが置いてあったりするので、環境にやさしいアクションをとってほしいということですね。

ちなみに2021年にはハワイでの指定物質が入った日焼け止めは流通禁止になっていると思うので、現地で買えば問題ないでしょう。

今年2018年、2019年、2020年の夏休み、正月、ゴールデンウィークの長期休みは問題ないでしょうけれど、美しいサンゴ礁を保つために、こういったアクションが必要なのであれば、意識を変えていくのは、ぼくら自身でしょう。

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。