BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Amazon echo dotが6月21日まで46%オフ 3,240円で激安ゲットのチャンス到来
NEW ミラクルエッシャー展2018 料金は?混雑は?子どもと行きたい!だまし絵だけじゃない魅力を再発見
NEW 最高かよ! Beoplay E8がAmazon Musicを聴くと100名 Amazonギフト券も1,000名に!


TaoTronics TT-DL043ワイヤレス充電機能つきデスクライトレビュー Amazon1位のLEDライトTT-DL13後継機

気に入ったらみんなにシェアしてね

RAVPOWERブランドを扱うニアバイダイレクトジャパン改めサンバレージャパンさんの取り扱う家電ブランド「TaoTronics/タオトロニクス」からLEDデスクライトTT-DL043が発売。この製品は、タッチセンサー機能付LEDデスクライトに、7.5W iPhone急速ワイヤレス充電にも対応したQi充電機能を搭載したLEDデスクライトです。

ヒカキンにも取り上げられ、Amazonで最も売れているデスクライトとなっている、従来品のTT-DL13 3,799円にワイヤレス充電機能を組み合わせた多機能モデルで、発売当初はクーポン割引を使うことで前モデルレベルの価格で購入が可能です。ただでワイヤレス充電機能が付いてくるのとほぼ同じですね。

Amazon1位の売れ筋ヒカキン紹介モデルTT-DL13の後継TT-DL043

Sponsored Link


3分40秒あたりから登場。

TT-DL13には従来モデルでQiワイヤレス充電機能はついていません。なお、レビューにあたりサンバレージャパンさまより製品をご提供いただいています。

Sponsored Link

TaoTronics TT-DL043 デスクライトなんてどれも同じそう思ってました

単機能が当たり前だったデスクライトが多機能になってしまうと後戻りができなくなる。従来なかったものが、技術の組み合わせによって、便利に組み合わされてしまうとこれが当たり前のように思えてくるから不思議です。

白の部分はプラスチック製、シルバーの部分は金属製です。LEDライトで色温度(色が蛍光灯色、白熱灯色の間で調節できる)が変えられる。明るさも調節できて、なおかつワイヤレス充電ができる。USB給電端子付きと、現代の机周りに必要な機能を備えています。

なにやらいろいろなことができるのですが、まずは開封していきましょう。

 

電気スタンドが入っているとは、思えない比較的コンパクトな箱です。箱の色づかいは他のTaoTronics製品とトーンが違うので少し驚きました。内容物はTT-DL13本体、アダプター、説明書、保証書です。

具体的な製品の特徴をまとめておきます。

TaoTronics LEDデスクライトTT-DL043は、高速ワイヤレス充電対応HyperAirテクノロジーによるQi充電ができ、かつ、7段階明るさ調節5色の色温度を選べる、さらに、USB充電ポートが本体スタンドの付け根に付いているという超多機能なLEDランプです。

 

ランプのヘッド部分は折りたためるので使わないときには、使えに出っ張らないように縦に折りたたみまとめておくことも可能です。本体裏のアームの付け根には5V-1Aで給電が可能なUSBポートを搭載。スマートフォン等の充電に便利です。

Sponsored Link

TT-DL043 LEDデスクライトの詳細をチェック!

本製品はLEDなので当たり前のことなのですが、消費電力が低いです。蛍光灯と比較して消費電力は約1/4となっていますし、電球自体の寿命は約8倍になっています。LEDなので熱くなることもないので、消し忘れの心配なども少なくてすみます。

ライトヘッドの可動域は広い

 

デスクライトのヘッドは、傾き135度、180度回転の調節が可能です。135度とは閉じた状態から1枚目のように開ききった状態でくの字に開きます。180度とは2枚目の写真のように向かって左に90度、反対側に90度と左右へ回転させ調節が可能です。

アームの可動域も十分

ライトアームは傾き150度、前後に倒せますし、90度回転センターから左右に45度づつ動かせます。もちろんそれ以上動かしたい場合は、本体の向きを変えてください。本体底の形状が四角くなく、丸いため本体が曲がって置いてあるとか指摘する超几帳面な人でも違和感がなく使えます。

Qi(チー)規格のワイヤレス充電も便利

 

本体のタッチパネルで電源オンオフ、色の変更、明るさの調節が可能です。メモリー機能が付いているので、最後に使用した時の設定を記憶、毎回明るさや色を指定し直す必要はなく便利です。

コードがいらないってかなり便利!

QiワイヤレスHyperAir高速充電器としても機能します。HyperAirワイヤレス充電パッドというものらしいのですが、AppleやSamsung機器だけでなくQi対応機器ならなんでも充電でき、従来の3.5W〜5Wのワイヤレス充電器の2倍速充電になります。iPhone X / 8 / 8 Plusでは7.5Wワイヤレス急速充電、Samsung Galaxy S8 / S7 / Note 8では10Wの急速充電が可能です。

※スマートフォンケースが4mmより厚い場合、最適な充電を妨げる場合があるのでカバーを取る必要があります。

ちらつきのないLED光、7段階明るさコントロール、5段階色温度はかなり便利

ちらつきがない。どんな機能を差し置いてもデスクランプとして満たしておく条件でしょう。これに付いては、まったく問題なく光のムラもなくとてもいいです。

作業内容にあわせてランプの色が瞬時に変えられるのはとてもいいですね。

 

かなり自然光に近い色合いが再現されますし、自然な色合いで見えます。5種の色温度に調整可能で2500ケルビンから6500ケルビンまでの暖色、寒色が選べます。クールホワイトでも青白すぎず、青めの白、2500ケルビンはロウソクのようなかなり落ち着く色味になっています。

1.クールホワイト(cool white):約6500K
2.白(white)
3.自然光(natural)
4.黄(yellow)
5.暖かい黄色(warm yellow): 約2500K

勉強、仕事には白、自然光がいいでしょうし、夜の読書なんかには黄色あたりがおすすめです。用途に応じて色味、明るさを変えられるのはLEDの恩恵です。

 

太陽光に限りなく近い「高演色性LED」を採用したことで、このような自然な色味調節が可能なんですね。

デスクライトの明るさは、7段階で調整が可能です。これも細かくていいですね。タッチパネルで直接希望の明るさの位置を押すか、スライドして明るさを調節できます。12個ランプが付いていますが、7段階の間はランプが2つづつ点灯しますので12段階ではなく7段階調節ですよ。

7段階で十分ですね。一番下でも暗すぎず、夜の利用には向いていますし、一番上は明るすぎるくらいなのでここまで上げずに普段は利用できます。明るさと色の組み合わせで5×7通りの色、明るさを得られどんな環境、時間帯にも重宝します。

低価格ながら多用途に対応でき、しかも充電ができてしまうという現代版に蘇ったLEDデスクライト。手元を見る作業ものや仕事や勉強にとても役立ちます。

古くなった電球や蛍光灯のデスクライトから多機能LEDデスクライトに、そろそろ買い換えてもいいタイミングかもしれませんね。

Sponsored Link

TaoTronics LEDデスクライト TT-DL043製品詳細

販売価格は、4,999円(税込)ですが、2018年6月15日(金)〜6月17日(日)23:59の期間限定で、クーポンコード「TTDL043R」で1000円値引きで販売されます。最初にも書いていますが、ヒカキンレビューのTT-DL13にワイヤレス充電機能が付いた上位機種ですが、このクーポンを使えばお得に購入できます。

作動電圧: DC 10V / 3A 電力(LEDパネル):12W
ルーメン: 410 lm USB出力: 5W
ワイヤレス充電出力:7.5W〜10W 電圧:100V-240V フルレンジ

この他、ワイヤレス充電なしのヒカキン紹介モデルはこちらです。ワイヤレス充電はこれからのスマホ充電トレンドだと思うので、ワイヤレス充電機能付きの方がいいと思います。ワイヤレス充電機単体は結構高いですから。セットがお得です。

クリップモデルもあったりします。こちらは充電式の単機能製品です。

他にオススメとしては、ベースのプレートが薄いアルミ合金のおしゃれモデル。調光5段階、色調節5段階となっていますが、スタイリッシュなものがほしいかたはこれですね!

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。