BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Anker Roav BluetoothオーディオレシーバーB2で自宅や車をBluetooth対応にして音楽を聞く
NEW 新型Kindle Paperwhite 2018 お風呂読書バンザイ!防水機能がみんなに!IPX8キンドルペーパーホワイト第10世代
NEW 新型Amazon Echo Plus 第2世代とEcho Subのセットで家庭のオーディオ環境が変わる?


VAVA DASH CAMは未来のドラレコだった!アプリ GPS対応 駐車モニター機能付! 実機レビュー

気に入ったらみんなにシェアしてね

もはやドライバーの常識となりつつあるドライブレコーダー。危険運転車や暴力事件から身を守るにはドライブレコーダー(ダッシュカム)が唯一の手段になるのでしょうか。前回はAnkerのRoav DashCam C2を紹介しましたが、今回はクラウドファンディングサイト INDIEGOGO/インディーゴーゴーで65万ドル(6600万円)以上の支援を獲得した「VAVA DASH CAM VA-CD001」(ヴァヴァダッシュカム)を紹介。日本の輸入はRAVPOWERなどを扱うニアバイダイレクトジャパンさんが対応されるとのことで、製品提供を頂いたレビューとなります。

なお電源コードの取り回しは非常に簡単で、フロントガラスからAピラー脇のゴム下などを這わせればシガーソケットまで十分取り回せるので、車DIY初心者でも簡単に取り付けが可能です。

VAVA DASH CAM詳細情報CAMP FIRE

ドライブレコーダー VAVA DASH CAMとは?

Sponsored Link

クラウドファンディングサイト INDIEGOGO/インディーゴーゴーで65万ドル(6600万円)以上の支援を獲得した「VAVA DASH CAM VA-CD001」(ヴァヴァダッシュカム)。クリアでワイドなHD映像、駐車モニター機能、GPSユニットによる経路トラッキング、WiFi接続によるスマホアプリからの操作など、従来のドライブレコーダーではできなかった機能がてんこ盛りで詰め込まれています。一歩先の未来のドライブレコーダー、現実になりました。

 

まずは開封から。最近はスマホガジェット周りのメーカーからのドライブレコーダー参入が始まっており、従来のカー用品メーカーが販売するドライブレコーダーとは箱の感じがまったく異なっています。黒のパッケージがカッコイイ。ド派手な店頭向けのパッケージデザインではなくとても新鮮です。

パッケージ内容はVAVA DASH CAM本体、シガーソケットUSBチャージャー24W(5V/4.8A)、フロントガラスマウント用のアタッチメント(吸盤方式)、USBケーブル(GPSユニット付き)、丸型のシャッターリモコン、内装はずしのトリムリムーバーが入っています。

製品の使用にはmicroSDカード(別売)が必要です。

1分の動画ファイルでループを作るとおおよそフルHD(1920×1080)で135MB程度、それとあわせてSサイズ(640×360)の動画(縦横1/3なので1/9の動画)15MB程度ができます。1分で150MB必要となるため、1時間で9GB、スナップショットで撮る臨時の写真なども考えると、64GBくらいのMicroSDは必要でしょう。

MicroSDのCLASS速度の指定がありCLASS 10のものを選びましょう。VAVA DASH CAMは最大128GBまでに対応します。

Sponsored Link

VAVA DASH CAMをDIYで取り付け これは簡単ですよ

VAVA DASH CAM/ヴァヴァダッシュカムの取り付けは簡単です。本体はフロントガラスに吸盤貼り付け(日本の道路交通法的にはフロントガラス上部から20%以内に貼り付ければ問題なさそう)、本体と吸盤付きアタッチメントはマグネットでくっつき、回転できるので微調整や、自撮り用に回転も可能です。

第195条 5
(略)ただし、前面ガラスの上縁であって、車両中心線と平行な鉛直面上の ガラス開口部の実長の 20 %以内の範囲にはり付ける場合にあっては、この限りでない。

国土交通省 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2010.3.29】〈第三節〉第 195 条(窓ガラス) くわしくはこちらを確認ください。

トリムリムーバーで内張りを浮かせた状態にしてコードを這わせます。コードを固定するための両面テープ付きのフックも付属していますので、それで取り付けも可能ですが、コードは見えないほうがスマートですね。

たとえば、こんな感じでコードを這わせれば見えませんよ。フロントガラスからAピラー脇のゴム下などをはわせれば、コードが外に出てしまうことも少ないと思われます。トリムリムーバーが付属しているので初心者でも問題なしです。

シガーソケットからの電源供給はUSBチャージャーで行います。コードと電源ケーブルが一体化したようなものがドライブレコーダー専門メーカーでは多かったのですが、USBチャージャーとなっているのでかなり利便性が高いです。ポートは2つあり片側2.4Aとなっていますのでスマホの充電用にも十分利用が可能ですね。

 

取り付け後はこんな感じです。ミラーの下につけるとおそらくフロントガラスの上から20%のところには吸盤が張り付かないため道路交通法違反となりますので注意が必要です。

GPSユニットがついているのは面白いですね。ドライブの思い出づくりに一役買いますね。緊急時の証拠を撮るという受動的な使い方から、GPSや自撮り機能、アプリでのソーシャルシェア機能によりよりアクティブにドライブでレコーダーが使えるようになりました。

背面のmicroSDカードのスロットはカバーがやや硬いです。アプリ連携機能があるためMicroSDカードは要らないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、いったん本体側のSDカードに記録されたものがアプリ側にダウンロードされてきますので、MicroSDは必要です。

Sponsored Link

VAVA DASH CAMの使用インプレッション

実際にどんな感じなのかのちほどYouTubeにアップ予定です。

カメラレンズは155度の広角で、比較的明るめです。後に比較を出しますが、155度は思っていた以上に広い範囲が撮影可能です。
※我が家の車はフロントガラスに電熱線が入っているので少しモヤッとした感じになりますがご容赦ください。

時間と機材名、速度を画面に入れて録画が可能です。GPSユニットがついているので速度もいれられるので、こちらがスピード違反をしている場合には不利なような気がしますが、通常は交通法規を守って走行していたという証拠にはできそうですね。

初期設定で1920*1080の60fpsとなっているため、1秒間に60フレームの撮影で映像は非常になめらかになっています。通常30fpsが多いのでこれはいいです。

本体にモニターがないので運転の支障になることもなく、社内に馴染みやすいです。社内撮影には本体をぐるっと回せばバッチリ社内のみんなを撮影できます。動画で旅の思い出を撮るのもいいですね。

当然、車外に向けても車内に向けても155度の広角は役立って来ます。ドライブレコーダーがGoProてきな使い方もできるってことですね。むしろこっちの使い方のほうが楽しいかも。従来のドライブレコーダーの枠を超えて来ています。

VAVA DASH CAMとROAV DASH CAM、ドラレコ比較

VAVA DASH CAM道路全体を捉える広い画角155度

上段が前回レビューしているROAV DASH CAMで、下段がVAVA DASH CAMです。

左の写真は、同じタイミングで比較したもの。ROAVは広角145度に対し、VAVA DASH CAMは155度となっていてかなり広範囲の撮影が可能になっているのがわかります。F値2.0のROAVに対してもVAVA DASHは明るく写ります。

右側の写真は、右の軽自動車のナンバーが映像として認識できるタイミングで切り出したものです。VAVA DASH CAMは広角のため、遠めに車が写ります。車に寄らないと同じような解像度にならないですから、5mほど詰める必要がありそうです。停止線の位置を見るとわかってもらえるかと思います。

145度と155ど広角レンズの比較です。

左上と左下の比較は、右側の車を捉えるタイミングが広角なので早いということがわかります。並走する車がカメラの視野に入ったときの黄色い建物の位置を比較するとわかりやすいですね。

左上と右下の比較は、広角で入る範囲がわかると思います。かなり広範囲を拾えるので、右車線の車が前に出る時間分、余分に撮影できています。柵の葉っぱの幅を見れば広角レンズの周辺圧縮具合を確認できますね。かなり広範囲の情報を録画できています。

Sponsored Link

WiFiを介したスマホアプリ連携でSDカードの出し入れ不要!

これは革新的! 今までなぜこうなっていなかったのか、わからないくらい便利で、もはやこれなしには使えません。

アプリを使うことでデータのスマートフォンへの取り込みが一気に楽になりました。

いままでmicroSDを取り外してパソコンにつないで取り込むといった、面倒な動画データや画像データの取り込み作業が一切不要に! これは革新的です。この手の不便さの解消であたらしくプロダクトが生まれ変わる製品もたくさんあるはずですね。

アプリはWiFiでドライブレコーダー本体とつながり、本体内の動画データのプレビュー確認(解像度が低いデータを読み込みます)、HDデータのダウンロードができますし、スナップショットで撮った2K(1920*1080)データの取り込み加工が可能。

取り込みデータはInstagramばりのフィルターがかけられ、そのままソーシャルメディアへのシェアもできます。

カメラ本体の回転機能も合わせて使えば車での移動が楽しくなるはずです。

本体にモニターは付いていませんが、いつでもアプリで中身を確認でき、取り出せるのはとても便利ですね。

他にも超便利な機能がてんこ盛り

駐車モニター機能が付いている

ドアロックで作動するGセンサーを搭載しているので、万が一の緊急ビデオは、事故の5秒前から記録が残ります。320mAhバッテリーも内蔵しているので、駐車時衝撃に対する記録も残るため、かなり利便性が高いです。

他社製品は通常バッテリー配線キットを使うなど、駐車時の録画には導入ハードルがありましたが、バッテリー内蔵で導入が楽になりました。

GPSで経路を記録できる

電源ケーブルにGPSユニットが搭載され、走行した位置情報を保存し地図上に表示が可能です。

アプリで簡単に走行画像と同時に経路表示をすることが可能なので、旅行はもちろん、事故時の説明にも証拠として役立つかもしれません。

スナップショットボタン

2.4GHzの無線でつながるスナップボタンはアプリ操作をせずに、すぐに写真撮影が可能です! これは便利。

アプリとの連動もあるので、パソコンを介せず画像データ、動画データを取り込めるのは魅力的です!

VAVA DASH CAM詳細情報CAMP FIRE

クラウドファンディングは2018年4月22日まで! ぜひ未来を体験してみてください。

Sponsored Link

VAVA DASH CAMの製品仕様

CPU:NT96663 ビジョンプロセッサ:SONY IMX291 1/2.8 in RAM:2GB
内蔵バッテリー:320mAh
レンズ:フル6G+1 IRレンズ 角度:155度
Gセンサー:3軸加速度計 WiFi対応
解像度:1920*1080 60fps 初期設定、1920*1080 30fps、1280*30fps、840*480 30fps

※microSDカードが別途必要 説明書では128GBまで対応と記載あり。ドラレコは上書き保存するので64GBくらい(なんと今は2,500円程度で買えます!)を挿していれば問題ないでしょう。

VAVA DASH CAM詳細情報CAMP FIRE

日常的に運転する方、年末年始や夏休み、帰省や旅行で車を運転に、万が一の備えとして、安心安全に役立ちます。VAVA DASH CAMは本体がマグネット固定のため車内側へもカメラを簡単に回転できるので、今までできなかった自撮りスナップショット、自撮り動画も可能! アプリ連携もできるので、ソーシャルへの共有が簡単にできるようになりました。

まさに新時代のドライブレコーダー。これは今後の標準になってくる気がします! すばらしいです。

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。