BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW Ankerのノイキャンヘッドフォン Soundcore Space NC,Vortexを続々投入 サウンドコア
NEW Soundcore Motion Q Ankerの大音量 完全防水対応Bluetoothスピーカー販売開始
NEW TaoTronics TT-BH07 低価格でも満足なタオトロニクスのBluetoothワイヤレスイヤフォン



RETHINK CAFE SHIBUYA(前編) うまい丼とコーヒー!作業ができてPloom TECHが吸えるカフェ

気に入ったらみんなにシェアしてね

渋谷と原宿の間、キャットストリートの表通りである明治通りの中程にあるRETHINK CAFE SHIBUYA/リシンクカフェシブヤは、今年11月末にオープンしたばかりの新店舗。床面積に対して席数が少なくゆったりとした店内は、カフェ、ランチ利用はもちろん、オフィスとしても利用可能。ちょっと違ったアイデアを得る場所して作業やグループワークの拠点としても機能する利便性の高いカフェになっています。これは使えます!(結構長くなりましたので前編、後編があります)

Sponsored Link

広々した落ち着いた店内 食欲を満たす充実のメニュー

明治通り沿いのこの店舗はガラス張りの外観が目を惹く店舗です。看板は小さめので、よく言えば街に馴染んでいるので、気づかないで通り過ぎてしまうかもしれません。ガラス張りの店舗外観に青のネオンサインが目印です。

店舗は2フロアの構成で、建物の一階部分がカフェ、二階部分がカフェ兼ワークスペースとして利用可能。

特に二階は最近のIT系おしゃれオフィスのような感じですね。

広く落ち着いた店内は、夕方のためか、ゆったりとした時間の流れていました。銀座や福岡にもRETHINK CAFEがありますが、渋谷店はスープストックなどを手がけるスマイルズがプロデュースしており、それぞれの店舗でプロデュースしている会社が違うようです。

今回はスマイルズさまより、お招きいただいての実店舗レビューとなり、ご飯はご馳走いただいています。

店舗の特徴は、カフェ兼ワークスペースとして利用できる店舗の設備も特徴的ですが、ただのカフェではなく「しっかり食べられる」というのがポイントでBlackHouse的にはこちらが特筆すべき点だと思っています。

Sponsored Link

RETHINK CAFE SHIBUYAのメニューと価格

RETHINK CAFE SHIBUYAは看板に(DONBURI COFFEE Ploom TECH)とカッコ書きで添えてあるように、どんぶりメニューとコーヒーのカフェなんです。

3つ目のPloom TECH/プルーム・テックというのは、「タバコ」は店内「全面禁煙」ですが、Ploom TECHのみ喫煙可能となっています。プルームテックはタバコという定義なので、「全面喫煙可 ただしPloom TECHのみの喫煙できる」というのが正しいでしょうか。PloomTECH以外のいわゆる電子タバコもNGです。

それではRETHINK CAFE SHIBUYAのカフェごはんメニューを見ていきましょう。

野菜を中心とした「DONBURI」メニューとドリンクのセットで980円〜と、立地のわりに飲み物セットで考えるとけっこうお得な価格設定。

クラフトビールも飲めて、長居して仕事していても問題なしといいますから、このお店、太っ腹です。

ドリンクはオーガニックコーヒー、アメリカンプレス、水出しアイスコーヒー、紅茶はキャラメルローズティーソーダ、クラシックチョコミルクティーなど、ただのアイスコーヒー、アイスティーとは異なるちょっと凝ったものになっていますよ。400円〜600円。

クラフトビールはアウグスビール各種が800円にて置いてあります。

ちなみに、Ploom TECHを推奨しているため、Ploom TECHユーザーはドリンクメニュー割引があり、コーヒーが100円で飲めるそうです。

え?そんなに安いの!?(値引額確認中)このお得な割引特典は、Ploom TECHユーザー本人のみ有効となっています。

Sponsored Link

どんぶりは好きなように作れる!トッピングは盛り放題

どんぶりの基本は780円、ベース+サラダ+メインと3つを選び、その後にトッピングとドレッシングを自分の好みでかける方式。ベースの大盛りは+200円です。

  1. ベース 大麦雑穀米128kcal、米麺143kcal、ライ麦石窯パン95kcal
  2. サラダ 緑黄色野菜8kcal、スーパーベジ7kcal、農園ハーブ野菜6kcal
  3. メイン ローストビーフ145kcal、オリジナルガパオ190kcal、スパイシー角煮308kcal、ネギトロわさび138kcal

これらの組み合わせでどんぶりができあがりますが500kcal程度と低カロリーで済みます。これに盛り放題のトッピングを乗せれば、男性でも十分な量のランチとなります!

選ぶのが面倒な方向けに、おすすめの組み合わせとしてレコメンドメニューもあるので「これください!」ってオーダーも可能です。レコメンドメニューはメインの4種類を網羅した形でお店がセレクトするベースとサラダの組み合わせで4種類あります。

考えたくない方はこちらを!

  1. 特製ローストビーフとスーパーベジのどんぶり(ベースはライ麦パン)375kcal
  2. オリジナルガパオと緑黄色野菜のどんぶり(ベースは米麺)492kcal
  3. スパーシー角煮とハーブサラダのどんぶり(ベースは大麦雑穀米)587kcal
  4. ネギトロと緑黄色野菜のどんぶり(ベースは大麦雑穀米)388kcal

ベースにトッピング、こだわりのホームメイドドレッシングをかけましょう。

トッピングは1回だけ乗せ放題になります。半熟卵、かぼちゃとクリームチーズのサラダ、アボカド、ポテトサラダ、自家製ピクルス、キャロットラペ、その他、フライドオニオン、さつまいもチップスなどが乗せ放題になります。

節度あるオトナな盛り具合がスマートでしょうけれど、オトクすぎる!

RETHINK CAFE SHIBUYAカフェ飯を実食

大麦雑穀米+ローストビーフの基本の盛りに対して、トッピングをしていきます。

アボカド!かぼちゃ!ポテサラ!フライドオニオンにドレッシングを回しがけして完成! ローストビーフもしっとりしていておいしい。

続いて大麦雑穀米+緑黄色野菜+オリジナルガパオ。彩りきれいですね。

 

こちらも、かぼちゃにポテサラ、アボカド。きれいに盛れるとうれしいですね。半熟卵もあるので、半分くらい食べた後に乗っけてみます。結構食べた感があってカフェご飯としては大満足です。

カフェのパンとかサンドイッチだとちょっとね…、って方にはぴったり。男性もこれで問題ありません。

RETHINK CAFE SHIBUYA後編へ

Sponsored Link

RETHINK CAFE SHIBUYA 詳細情報

カフェ、ごはん、シゴト、どれも譲れない欲張りなみんなへ。吸う人も吸わない人も、居心地がよく食事や仕事ができる場所として、JTが場所を提供してくれていました。

RETHINK CAFE SHIBUYA/リシンクカフェ渋谷
東京都渋谷区神宮前6-16-13 Naias神宮前 1~2F
11:00~21:00(1FのみLO 20:30)
席数 52席(1F:17席 / 2F:35席)
全面禁煙 ただし「Ploom TECH」のみ使用可能

BlackHouseオススメ度
★★★★

東京都渋谷区神宮前6-16-13

RETHINK CAFE SHIBUYA後編へ

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。