ユニクロフラワーで花のある生活 1束390円でおしゃれな花が気軽に買える

QOL

ユニクロが「ユニクロフラワー(UNIQLO FLOWER)」、お花屋さんをやっています。現在は、UNIQLO TOKYO(銀座)、UNIQLO HARAJUKU(原宿)、UNIQLO PARK横浜ベイサイド店などで展開されています。なんでユニクロがお花屋さん?と思われた方もいらっしゃると思いますが、これは「LifeWare」というコンセプトを体現する現れと言ってもいいでしょう。

UNIQLO TOKYO、HARAJUKUでお花屋さんやってます


UNIQLO TOKYOはマロニエゲートの横!マロニエゲート銀座銀座にあります

ユニクロの「LifeWear」とは、人々のライフスタイルのニーズを満たす、完璧な服づくりを目指すユニクロのコミットメントであり、その延長線で、生活の豊かさにたどり着いているのだと思います。生活の豊かさとは、花も一つの豊かさの象徴かもしれません。

店の外の花のカートに店の入口までお花屋さんになっていて、1束390円、3束で990円になっています。全体に少し落ち着いた花のセレクト。アレンジメントも販売されているのでひとつひとつ買うのが面倒な方はアレンジメントもよさそうです。アレンジメントはおおよそ1,980円のものが多く100円でリボンが付き、花の鮮度保持剤は20円です。


ブーケだと高くなっちゃうから変わった花を少し買うのがいい

この日は、ケイトウ、セロシア、グラジオラス、クルクマ、かすみ草、アスター、りんどう、スプレーマム、ドラセナ、テマリソウ、イタリアンルスカス、ドウダンツツジ、スプレーカーネーションなどが販売されていました。

銀座駅から見ると通りの奥側。無印良品銀座側にユニクロフラワーはあります。ブーケは2,000円くらいするので、誰かへプレゼントするにはいいですが、普段遣いするなら390円、990円で普段見かけない花や同系色のお花を揃えてグラデーションでアレンジしてみたりといろいろ遊べそうです。

季節感のあるアレンジメントもすてきですね。この日はお供え用のブーケもありました。

おじさんでもお花を買って帰ってみてください。大学生でも花のある生活を試してみてください。奥さんでもたまには花を食卓に花を飾ってみましょう。少しいつもと違うことをしたら新しいことがきっと見えてくるはずです。

青山フラワーマーケットなどでもおしゃれな感じのものは変えますが、一律390円というのは手軽な価格付でとても感心しました。たくさんのお花を買うのは、お金がかかりますが、週に一回、月に一回でも花のある生活、わるくありません。ぜひ近くに行った際にはおためしください。

タイトルとURLをコピーしました