NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

Echo Show8が新登場!リビング用音声コントロール端末として期待大 ディスプレイ付Echoの大本命か

4.0
Amazon Echo

Amazon Echo Show8/エコーショウ8が発表、2020年2月26日から出荷です。Echo Show5の2019年6月の販売開始から8ヶ月、ついに8インチ画面が発売されました。10インチのEcho Showはありましたが、ちょっと大きすぎた感もあり、5インチだと寝室の時計にはいいけど、リビングには小さかったわけです。丁度いいサイズを目指したであろうAmazon Echo Show8。リビング用の音声コントロール端末として期待できます!

Echo Show8

Echo Show 8インチ ちょうどいいサイズ


Google nestが7インチと10インチ展開なのに対し、Echo Showは5インチ、10インチ展開で間のサイズには出遅れ感がありました。Echo Show8はその間を補うためのモデルです。エコーショーでは、AIスピーカー+ディスプレイという新境地を開拓したものの10.1インチHDタッチスクリーは通常使うには大きく、かつ価格も手軽なものではありませんでした。

5インチのEcho Show5は、ベッドサイドに置いておくにはいいサイズ感。現代の目覚まし時計現代のおすすめのサイズでしたが、リビングで使うには少し小さかったわけです。

そこで8インチの登場。お茶の間のEchoディスプレイ端末として、定着するのでしょうか。

寝室には5インチくらいがいいかな。目覚まし時計としてかなり便利に使っています。

10.1インチになると27,980円とかなので、この半額で8インチが買えるとなるとかなりお買い得感があると思います。

Echo Show8の機能を他のEcho Showと比較

Echo Showは、プライムビデオで映画を観たり、クックパッドのレシピを動画付きで見たり、ビデオ通話ができたりと、音声コントロールが可能なディスプレイ付き端末として生活の中にうまく溶け込みます。わが家の場合は日常に馴染んでいますが初めての方もいるので、機能を整理しておきましょう。

機種Echo Show 5Echo Show 8Echo Show
価格9,980円14,980円27,980円
特徴コンパクトでスクリーン付き
寝室などの利用に良い
8インチHDスクリーン付きで情報も、
写真も、エンタメも楽しめる
大きなスクリーン、パワフルでプレミアムな
音質 画面が大きいのでリビング向き
スクリーンサイズ 画面解像度5.5インチスクリーン
960 x 480
8.0インチスクリーン
1280 x 800
10.1インチスクリーン
1280 x 800
スピーカー1.65インチ 4W スピーカー2.0インチ 10Wスピーカーx2、
パッシブ低音ラジエーター
2インチ 10W スピーカーx2、
パッシブラジエーター、Dolby デュアル スピーカー付き
カメラ1MP1MP5MP
音楽ストリーミング
サービス対応
外部スピーカー対応Bluetoothのみ
DolbyテクノロジーDolby Audio
音声・ビデオ通話
家電操作
※対応機器必要
リモコン家電操作
※対応機器必要
スマート家電
簡単セットアップ
○「デバイスを探して」で
対応家電をセットアップ
温度センサー内蔵
カメラ操作カメラカバー、マイクとカメラを同時に
オフにできるマイク/カメラボタン付き
カメラカバー、マイクとカメラを同時に
オフにできるマイク/カメラボタン付き
カメラカバー、マイクとカメラを同時に
オフにできるマイク/カメラボタン付き
音声ショッピング
Prime Music
Amazon Photos
サイズと重量148mm x 86mm x 73mm
410g
200mm x 136mm x 99mm
1037g
246mm x 174mm x 107mm
1755g

Echo Show 8、Echo Show 10.1の価格が半分でありながら、上位機種のスクリーン解像度、ステレオスピーカーを手に入れたところでしょう。Dolby Audioなどの機能やカメラ機能は10.1インチの5MPではなく、5インチ同等の1MPだったりしますが、大幅にサイズアップされたディスプレイを持ちながら手軽な価格なのはポイントが高いです。

プライバシー対策はバッチリ 写真はEcho Show5

引続き、プライバシーを配慮したデザインとなっており、マイク/カメラボタンを押すとマイクとカメラをオフにすることが「物理的」に可能です。カメラカバーがスライドするので、撮られていないことが目で確認できる安心感があります。

Echo Show 8は、Echo Show5にはない高音質ステレオスピーカーを搭載し、さらに解像度もアップした8インチHDスクリーン搭載した意欲作。Amazon Photosの写真を表示したり、レシピ動画を観ながら料理をしたり、タイマーをセットすれば残り時間を画面で確認したりすることも可能。出かける前に天気を聞けば、画面に表示もされるし、音声でも伝えてくれる。リビングで、寝室でと、さまざまな場所でハンズフリーで話しかけ、必要な情報を取り出すという行動は、従来のスマホを片手にせかせかしていたものから一段違う次元です。

ちょっとだけ生活を豊かなもの(? すこしだけ便利にしてくれる)と変えてくれるでしょう。一方で、大画面の10インチモデルも気になる方もいると思います。

このページでは、10インチのEcho Showの特徴をあげています。大きい画面が良くてお金に余裕がある方はEcho Show10インチをおすすめします。

リビングならEcho Show 8インチもしくは10.1インチ。寝室ならEcho Show 5インチが利用目的や画面の目立ち度などから利用シーンが決まってくると思います。BlackHouseのおすすめは、Echo Show5もしくはEcho Show8ということで。

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました