NEW Anker PowerHouse II 400発売 超絶容量108,000mAh超大容量バッテリー ポータブル電源
NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

UMIDIGI A7 Proが発売!14,000円〜Antutu122,000 クアッドカメラが特徴のAndroid SIMフリー端末[PR]

Android

格安SIMフリー端末を発売する中国メーカー UMIDIGIより、UMIDIGI A7 Proが発売になります。以前にもUMIDIGI製品は紹介していますが、今回発売となるUMIDIGI A7 Proはクアッドカメラ(4つ目)を搭載、Antutuベンチマークも122,000を記録する格安端末の中でも、かなり高いパフォーマンスを発揮するモデルとなっています。1万円台のスマートフォンでこのパフォーマンスは優秀です。

Aliexpressで確認  UMIDIGI公式サイト 

5月26日0時米国太平洋時間でのグローバルセール開始ですから、日本時間は5月27日16時〜セールとなる予定です。

UMIDIGI A7 Pro 4眼レンズの意欲作


CPU:MediaTek, Helio P23, 4xCortex-A53, 2.0GHz & 4xCortex-A53, 1.5GHz
GPU:ARM Mali G71 MP2 700MHz
6.3インチFHD +ノッチありフルスクリーン
メモリは4 GB 、ストレージは64GB / 128GBから選択可能です。256GBまでのMicroSDに対応するなど、かなりの意欲作となっています。

ビデオカメラとしての性能は1080p/720pで30fpsで、4Kでの撮影はできませんが、静止画カメラとしての性能はこだわりのものとなっています。

4眼カメラは2cmまで近づけるマイクロレンズ5MP、16MPの超広角120度レンズ、F/1.8の16MPメインレンズ、5MPのデプスカメラの構成です。通信機能付きの16MPのコンパクトカメラと考えると見方が一気に変わってきます。

UMIDIGI A7 Proスペックと価格

UMIDIGI A7 Proは6.3インチで、サイズは158.7×74.9×8.5mm、重さは212gです。iPhoneの中でも大きめのiPhone XRは6.1インチで、サイズは150.9×75.7×8.3mm、重さは194gですから、iPhone XRよりもちょっと大きいサイズ感です。

機種名UMIDIGI A7 ProUMIDIGI A5 Pro
ディスプレイ6.3" 19.5:9 FHD+ Full Screen 2340*10806.3" 19:9 FHD+ Full Screen 2280*1080
カメラUltra Wide Macro AI Quad CameraUltra Wide Triple Camera
メモリ4GB of LPDDR4X RAM4GB of LPDDR3 RAM
ストレージ64GB/128GB Internal Storage32GB Internal Storage
ベンチマークAnTuTu V8: 122,547AnTuTu V8: 92,514
充電Type-CMicro USB
OSAndroid 10Android 9

UMIDIGI A6というのは名称がなく、A6は飛ばされ、A5 ProからA7 Proへ進んでいます。価格は64GBストレージで138.45ドル(15,000円くらい)、128GBストレージモデルが166.14ドル(18,000円くらい)かなりお得な価格設定です。

SIMスロットは、デュアルSIM対応とMicroSDスロット搭載。会社と個人携帯を使い分けたり、データSIMを補助で使ったりとSIMトレーが2つあるのは非常に便利です。

もうひとつの特徴としては4,150mAhのバッテリー搭載でしょう。iPhone 11 が3,100mAh、iPhone 11 Pro Maxが4,000mAh程度ですので、それなりのバッテリーの持ちが期待できるでしょう。

UMIDIGI A7 Pro無料プレゼントキャンペーンも実施中

UMIDIGIのWEBサイトでは、TwitterやYouTubeをフォローすることで「Giveaway」いわゆる本体のプレゼントキャンペーンが実施されています。10台が無料プレゼントされるのであわせてWEBサイトもご覧ください。

Aliexpressで確認  UMIDIGI公式サイト 

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました