NEW 単機能でも十分な性能 Eufy Indoo Cam 2K 3,000円台で買える見守り・防犯カメラ
NEW 安い!Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt 4,000円台で買える 声がけや角度調整ができる見守り・防犯カメラ
NEW MagSafe Charger A2140をiPhone11Proで使ってみた!早く充電できる?ピタッと磁石でつく?R-NZ
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

スターバックスカードの入金キャンペーンは終了 STARBUCKS REWARDS/スタバリワードに完全移行

ライフスタイル

みなさん待ちわびている方も多かった、年末年始、春からゴールデンウィークまでのスターバックスカードの入金キャンペーンですが、残念ながら終了が決定しています。

スターバックスカード入金キャンペーンとは?


IMG_2268

以前の入金キャンペーンは、入金金額5,000円ごとに、サイズからトッピングまで何を追加しても1,000円(税別:926円)まで無料となるクーポン券がついてきました。

これが、実質最大2割引と非常にお得なキャンペーンだったわけですが、残念ながら、スターバックスリワード機能を持ったアプリによりデジタル化され廃止となりました。

【節約】スターバックスカード5,000円入金で最大2割引のドリンクチケットをGET 実施期間は?2017年
毎年2回やってくる、スターバックス好きなら知っておきたい、スターバックスカードの入金タイミングがやってきましたよ。節約に...

以前に実施していたキャンペーンは半年に一回実施されていました。

東京駅近隣の店舗に年末からヒヤリングしていたんですが「今年はまだ連絡がないんですよー、みなさん楽しみにしているのに」という声から「新しいアプリでスターバックスリワーズに変わりました」「終了しました。アプリになって紙のクーポンは廃止です」と、店舗により返答まちまちでしたが、アプリになってクーポンを渡すのは終わったと考えていいと思います。

スターバックスリワーズとは?お得なの?

同じくお得だったワンモアコーヒーについても、アプリなら100円(スターバックスカードのオンライン版で払う)、アプリ以外は150円になっており、デジタルシフトしています。

スタバ ワンモアコーヒーとは? チケットを活用すべし!ドリップコーヒー2杯目100円 カフェラテも!
スターバックスで「ワンモアドリンク」という仕組みがあるのは、みなさんご存知ですよね。私もよく利用しています。スターバッ...

リニューアルしたスターバックスアプリのポイントプログラム STARBUCKS REWARDS/スターバックスリワード。移行後は毎回のポイント付与になり、50円=1スターポイントがもらえます。

このポイントを集めて行くことでリワード(特典)をもらえるわけですが、通年で貯められるけれども、スターバックスカードに一気に入金することはなくなり、お得感は相当減っている気がします。

スターバックスアプリは二段階会員制

リワードを受け取るには、グリーンスターを集め、ゴールドスター会員に移行する必要があります。

ゴールドスター会員になるには250ポイント=12,500円相当のスターバックス利用が必要となり、なんだか面倒なことになりました。いまのところ、グリーンスターの大きなメリットはワンモアコーヒー100円でしょうか。そもそも100円だったものなのにね。。値引きするのならわかるけど、アプリ以外を値上げするとはセンスない。

スターバックスGreen Starの特典

新商品の先行購入

One More Coffee

1杯目のドリップコーヒーをWeb登録済みのスターバックス カードで購入の場合、2杯目のドリップコーヒーを100円

※2017年11月1日より1杯目のドリップコーヒーを上記以外の方法で購入すると2杯目は150円

コーヒーセミナー先行予約

オンラインストアでの買い物・限定商品購入

イベントなど会員限定の特別体験

スターバックス カードのオンライン入金、オートチャージ、残高移行、残高補償サービス

スターバックスGold Starの特典

Gold Starは150Stars毎に、店頭でお好きなドリンク、フード、コーヒー豆などと交換できるReward eTicketをスターバックス公式アプリまたはWebサイトで発行

Gold Star限定プレゼント企画

7500円ごとにリワードがもらえるわけですが、、5,000円でワンドリンクチケットがもらえていた頃の方が還元率たかかったな。。いつでも貯まるとはいえ改悪になった気がします。

スターバックスのデジタルマーケティング優先の失敗では

ここからはおまけなんですが、スターバックス側はなんとなくデジタル完全移行とか思っていると思うんですが、使う側のメリットが相当薄れていっている気がします。アプリ会員データを用いて、ユーザーの消費行動を把握したりプッシュ通知が出せるので、いわゆるデジタルマーケティング的にはいいんでしょうけれど、売上観点で致命的な問題を抱えているとぼくは考えています。入金額が結果として減っていると思うんです。結果として、スターバックスカードアプリからの売上減少になります。

入金キャンペーンがなくなったため、ポイントがだらだらつくので、ユーザー側の利用モチベーションが低くなる。

そもそもプリペイド式の利点としての機能、ユーザーから一気にお金を預かってしまうという機能が機能しなくなっています。

入金メリットがなくなったため、大量入金をしないから、そもそものチャージ額が少なく、スターバックスにわざわざ行って使おうって気にならないということです。来店頻度も減ります。

解決策は今まで通り入金キャンペーンを行いリワードを発行することです。ポイントがつくのは入金タイミングではなくてもいいのですが、入金促進キャンペーンを行っていかないとなかなか今までのようにはいかないと思いますが、どうでしょう。

ぜひ改善を!

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました