BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW 鎧塚ショコラが無料でもらえる日産「nismo Amazing Chocolatier」丸ビルで開催中
NEW ケンタッキー食べ放題!好きな部位選択の自由権!チキン10個食べたら満腹だ 料金 時間 実施店舗
NEW プライムデー Artifit iPhoneカバーSGS国際安全認証 米軍MIL-STD-810G規格認証取得カバーが安い


RyzeTech Tello(テロー) DJIトイドローンとは 航空法対象外の80gドローン 初期設定方法

気に入ったらみんなにシェアしてね

「ドローンなんて手が出ないよ」とか「ドローンはちょっと怖い」ってイメージが強い方も多いかもしれません。ぼくもそうでした。でも今年中にドローンに触れてみたい、操作は覚えておきたいと考えていたので、まずは入門にトイドローン(おもちゃのドローン)を購入してなれるところからはじめようと思いました。

まさかこんなに楽しいとは! 食わず嫌いはよくないです。さわってみるもんですね。

DJIオンラインストア

DJI Ryze Tech Tello(テロー/テッロ)とは 特徴は?

Sponsored Link

 

Ryze Tech Telloとはどんな製品なのでしょうか。

ドローンのメーカーはDJIが有名だと思いますが、今回のTello(テロー/テッロ)の製造元は中国のドローンスタートアップ企業RyzeTech(ライズテック)で、DJIのビジョンポジショニングシステムを搭載し、GPSはなくても安定したホバリングが可能な製品となっています。

本製品の特徴は何と言っても、200g以下 80gの機体は通常のドローンでは規制される航空法の対象外となるところです。これにより通常DID(Densely Inhabited District)=人口集中地区では私有地も含め飛行を禁止されていますが、航空法規制外のトイドローンのため、DIDでも飛行が可能となっています。DIDの自宅庭でも公園でも飛ばせますよ。

ただ、人様の迷惑になるようなことはしてはならないのは、変わりありません。

RyzeTech Telloの特徴をまとめると以下となると思います。

  1. 航空法規制対象外の200g未満の機体 80g
  2. 最大飛行距離100m 最大飛行時間13分
  3. 500万画素静止画 720pHD動画
  4. アプリを使って飛ばすからプロポ不要
  5. スマートフォンVRセットに対応

ぼくのようなドローン初心者が、まずはじめてみよう、さわってみようと思ったときにまずはじめに使ってみるドローンとしては、とてもいい練習機です。結局楽しくてDJI Mavic Airを後に買うことになるわけですが。。

Sponsored Link

DJI Ryze Tech Tello(テロー/テッロ)開封 内容物

Tello本体については、DJIオンラインショップで買うのが一番確実ですが、楽天で購入するとポイントがついてくるのも魅力です。

さっそくですが、開封していきます。箱を開けるとすぐに機体がお出ましです。本体とプロペラガード、予備プロペラ4枚、プロペラ取り外しツール、充電池、説明書が入っています。ケースがないので、保管にはケースを買っておくのがよさそうです。

持ち運びの際にむき出しだと何かと不便ですし、車移動では周りのものが上に乗っかったりしても、プロペラを痛めてしまったりしますので、極力ケースはあったほうがいいと思います。また予備のバッテリーもいれられるスペースがあるものを選ぶといいですね。

Tello本体をプロペラガードなしで重さを測ってみたところ79.4gでした。かなり軽いです。いまどきスマートフォンでも150g近いため100g切っているものってあんまりないんですよね。持った感じ感動的に軽く、しかもこれがドローンだなんてなんだか不思議な気がしてきます。

アベンジャーズなんかで出てくる偵察用のミニドローンなんかが、サイズ的なイメージに近いですね。おじさん的にわくわくするサイズ感。価格も12,800円というお手頃価格です。

Sponsored Link

Ryze Tech Telloで撮影できるのは720p動画、500万画素静止画

 

正面に固定カメラを備えます。固定なので、下向きにカメラを振ったりはできません。ここは高価なドローンとは違うところです。ただ、固定だからといってまったく使えないかというとそんなことはありません。

Ryze Tech Tellのカメラは、動画では720p(1280×720ピクセル いわゆるHD)=92万1600画素で動画が撮影でき、静止画では500万画素(2592×1936ピクセル)の撮影ができます。500万画素のカメラで、電子手ブレ補正 EISがついていますので、ある程度の手ブレをカバーできます。ざっくり言うと500万画素で撮ったものを92万画素の動画で切り出すような感じになるわけで、ある程度のブレは防げる作りとなっているようです。

本体底面はDJIのビジョンポジショニングシステムにより地上との距離を測定し、安定したホバリングを実現できるとのことです。高価なドローンでは前後にもセンサーが付いていて衝突を回避するような仕組みとなっていますが、Telloでは底面のみにセンサーが付いています。

Ryze Tech Telloの電源の入れ方と充電方法

次にバッテリを見ていきましょう。バッテリーは板型チューインガムのような形状、とらやのスティック羊羹のような形です。この大きさで1,100mAhで3.8Vとなっています。このバッテリーで時速15kmで13分の飛行が可能となっています。

 

本体左側にマイクロUSB端子があり、そこから充電が可能。充電器は付属していないので本体にバッテリーを挿入した状態で本体を通して充電することになります。飛行時間は13分と短いため、可能であればバッテリーは予備を2、3個買っておくよりと楽しめますね。

本体右側に電源ボタン、こちらは押すだけで電源が入ります。基本的には安全のため、電源を入れただけでは飛び立つことはありません。電源を入れてアプリとの接続をしたのち、離陸ボタン、スライドスイッチでやっと離陸ですから安全面の配慮がなされています。

DJI公式オンラインショップでは純正バッテリーが最も安く早く手に入ると思います。現在5月末の出荷を予定しているとか。大人気ですね。

複数の予備バッテリーを手に入れたなら、本体だけでは充電が間に合わないかもしれません。その場合は複数個に充電が可能なバッテリー充電ハブを買っておくと便利です。

こういう複数個充電という発想は一眼レフカメラなんかだとごく当たり前のことですね。複数の充電池を持っていればそれだけ飛行時間も長くなります。ぜひお試しを。

Sponsored Link

Telloアプリで機体を操作 初期設定からアプリの使い方

飛び立つにはアプリをスマートフォンにインストールする必要があります。Tello本体の電源を入れて、アプリとの接続をWi-Fiで行います。スマホのWi-Fiをオンにすれば「Tello-000000」のように機体が現れます。

これを選択すれば接続完了です。アプリ側で名称変更やパスワードをかけることが可能です。

先ほども書いたのですが、アプリの作りはDJIの上位機種と同じなのでわかりやすいです。

画面の各種ボタン、インジケーターは上記のような役割を果たします。離陸および着陸は自動のため、ボタン操作とダイアログに応えるだけです。

右上に集まっているボタンが撮影まわりのボタンです。真ん中が静止画撮影(カメラマーク)、動画撮影(ビデオカメラマーク)の切替で、右端がその開始ボタン、シャッターになります。撮影された画像、動画の取り出し方ですが、アプリ内に保存されてしまうため「再生ボタン/Playback」ボタンを押し、必要な画像、動画をスマートフォン、iPhone本体へダウンロードしてあげる必要があります。

歯車マークの設定には、画質の選択、Wi-Fi設定、操作モード切り替えなどがあります。操作は「モード2」を推奨しています。「左スティック」が上昇・下降、旋回、「右スティック」が前進・後進、左右移動をアプリ上のボタンスティックで操作します。

旋回しながら前進後進を操作することが多いので、やはりモード2がおすすめです。

RyzeTech Tello(テロー) DJI 航空法対象外の80gのドローンの飛ばし方 実機レビュー
前回紹介したRyzeTech Telloの飛行をいよいよしていきます。...

RyzeTech Tello(テロー) DJI 航空法対象外の80gのドローンの飛ばし方 実機レビュー

いよいよ離陸です。

DJIオンラインストア

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェアしてね


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。