NEW 2020年Amazonブラックフライデーxサイバーマンデー Amazonデバイス編
NEW 2020年Amazonサイバーマンデーはこれを買え!アイテムをリストアップ(随時更新)
NEW 2020年Amazonブラックフライデーはこれを買え!アイテムをリストアップ(随時更新)
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

MagSafe Charger A2140をiPhone11Proで使ってみた!早く充電できる?ピタッと磁石でつく?R-NZ

実機レビュー

MagSafe Charger(マグセーフチャージャー)はApple StoreほかAmazonなどで販売開始されるワイヤレス充電モジュールです。モジュールとわざわざ書くのは、充電器が別に必要だからです。iPhone12Proと同時にたのんだのですが、もう届いたのでレビューしています。iPhone12の背面にバチッとマグネットでくっつくというのがポイントなんですが、iPhone8以上のiPhone SE(第2世代)を含む、iPhoneX、iPhoneXS、iPhone11系のワイヤレス充電対応モデルで充電に利用できます。iPhone11でまずは試してみます。

MacSafe ChargerはUSB-C 20W充電器が必要


YouTube動画もありますのでぜひご覧ください。再生しながら読むとより理解が深まります。YouTube登録もお願いします。型番はApple的にはA2140というモデルになっていますが、側面にR-NZと書いてあり、これはちょっとApple的ではない書き方とモデル名だなと思いました。

MagSafe充電器はApple純正のワイヤレス充電用の製品です。Apple Watchの充電同様、iPhoneの背面にピタッとマグネットでくっつくのが特徴です。いままでLightningケーブルでコネクタの抜き差しがあったので、その必要がないのと、iPhone12では(?)最大15Wの急速充電が可能というのがポイントです。

15W充電が可能というのはかなり進化していて、20Wの充電器とセットで使います。USB-Cの充電器が別に必要なので、注意してください。ちなみにiPhone12以上のiPhoneには20Wの充電器がセットされてくると思いますが、テストではiPhone11Pro付属の18Wの充電器を利用しました。

単品でも販売中です。20Wが2,000円で、18Wの旧モデルのほうが3,000円近くするようです。iPhone8以上の急速充電対応のiPhoneを持っている場合はUSB-Cでの充電が圧倒的に早いのでおすすめ、時間短縮は人生の時間の無駄を排除できますよ。

ちなみに純正のUSB−C Lightningケーブルは高いのでMFI認証のAnkerの物が安くておすすめです。

iPhone11 Proでも背面に吸い付いた! 少し弱いけど

iPhone 11 Proの背面にマグネットで張り付きました。専用設計ではないので単に張り付いてしまったのかもしれませんが、くっつきます。少し弱いですがこれなら、机に置いてあるMagSafe Chargerに向かって真ん中になるように置けば少しのズレでも問題なく補正されそうです!

このくらいの傾きであれば、なんとかくっついていられます。マグネットの強さはiPhone12で再度レビューしますが、これは便利かもしれないですね。

MagSafeというとMacBookの充電器のコネクタの先が、マグネットになっていた時代(USB-Cの前の時代)がありました。MagSafe、MagSafe2と進化していたのですが、iPhone用に生まれ変わって登場ということでちょっとうれしいです。

※磁力で正確な位置に装着できるのは、iPhone 12モデルとiPhone 12 Proモデルのみという仕様です。

iPhone Xはどうも5Wちょっとでしか充電できないらしい

MagSafe充電器はQi充電規格に対応しているので、多くの機器とのワイヤレス充電の互換性があるので、iPhone8以降のモデルやAirPodsのワイヤレス充電ケース、さらにはQi規格の充電器に対応した他のスマホ等も充電可能です。

で、肝心の充電結果ですがiPhone11Proが80%のバッテリー容量のときと、iPhoneが3%のバッテリー容量のときで試しています。結果はどちらも5W程度での充電で、15Wの充電には至りませんでした。

ちょっと残念。iPhone12以降のモデルのために作られた充電ケーブルだと考えれば、そりゃそうだよねと納得がいきますが、4,500円もしますのでちょっと数値で観てしまうと残念感が強くなります。iPhone12ではこれが15Wとになるのかと思うと、飛び跳ねて喜びますが、いまのところiPhone11ではこのような結果です。

ちなみに充電器も協力なRAVPOWERの2ソケット同時に合計90W出力がRP-PC128で試しましたが、これも同じ結果で5W程度となっていましたので、iPhone側の問題ですね。iPhone12でのテストに期待です。

MagSafe Chargerの動作保証端末

iPhone12での15Wのワイヤレス充電は非常に魅力的です。iPhone11Pro以上からUSB-CのLightningケーブルが添付され(iPhoneがUSB-Cで充電できるのではなく、あくまでも充電器側がUSB-CになったLightningケーブルです)、高速充電が追加の製品を買うことなくできるようになっています。iPhone11Proでは18Wの充電器でしたが、どうもiPhone12では20Wが標準となるようです(添付されてくるのかは未確認です)。

いままで5Wの誰も使わないような充電器が付属していましたので、大きな進化ですね。有線充電も速くでき、ワイヤレス充電も速いというのは、使い勝手の改善に次ぐ、時間節約面という機能を手に入れたのだと思います。いいね!

MagSafe Charger対応のiPhoneモデル

iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
iPhone SE(第2世代)
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus

MagSafe Charger対応のAirPodsモデル

AirPods Pro
AirPods with Wireless Charging Case(第2世代)
Wireless Charging Case for AirPods

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました