‎空気清浄機 正直レビュー hysure Q7 小型なのでクローゼットやワンルームレベルでの仕様を推奨 #pr

4.0
ガジェット

空気清浄機はみなさんお使いですか? わが家はバルミューダの空気清浄機や除湿機能付きのものはシャープのものを使っていたりするのですが、今回はhysureさんというメーカーさんの空気清浄機能と除湿機機能がついた小型空気清浄機を提供いただいたのでご紹介していきます。この製品の特徴はなんと言っても、小型空気清浄機であること除湿機能がついていることです。製品名称はhysureのQ7というものです。製品提供いただいていますが、金銭授受はございません。

見た目かっこいい!hysure Q7は7,000〜8,000円程度で変えるコンパクト空気清浄機


この製品はパット見た瞬間にデザインが結構いい線いっているのではないかと思い、複数選択が可能だった製品の中から僕の方から選ばせてもらったものです。こういったデザインは高級家電メーカーなどでお馴染みだったものですが、非常にきれいにまとまっており、なおかつトップのパネルの色が変わっているあたりの形状も空気の流れにあっているようで気になった製品です。

機能は空気清浄機としての機能と、除湿機の機能を備えています。どちらかと言うとフィルターが大きめですので、空気清浄機としての機能のほうがメインであり、除湿機はおまけという感じかと思いますが、こちらは開封してから見ていきましょう。


hysure Q7空気清浄機の製品特徴 1台2役

空気清浄機機能は、花粉、PM2.5の除去で99.97%の0.3μmの微粒子をしっかりキャッチする性能となっています。この性能がどのくらいなものかなのですが、すでにレビュー済みのバルミューダの空気清浄機が、0.3μmの微粒子を99.97%キャッチするということになっており、同じレベルの空気清浄機能となっています。そうなるとなんの価格差がということになるのですが、これは対応する広さによるということになるでしょう。

強力な除湿機能を搭載ということですが、容量1Lのタンクが搭載され、30℃ 湿度80%の環境条件で1日に最大750mlの水が除湿できる能力で、1日1回のタンクの水を捨てる作業はいらないということになります。期待が高まりますが、早速開封していきましょう。※あくまでも空気清浄機についた除湿機能でありもっと除湿機能が高いものはあります。

箱を開けると結構丁寧にスポンジの衝撃緩衝材が入っており好印象。空気清浄機本体と説明書とレビューしてねカードが入っています。製品の概要を見るとわかりますが、フィルター交換ができるタイプで交換間隔は3-6ヶ月です。連続稼働や部屋のきれいさなどにも影響を受けるのでフィルター状況を確認しながら対応すればよいでしょう。専用のHEPAフィルターはアマゾンだと1,000円ちょっとで購入できるのでかなりリーズナブルですが、楽天だとかなり高いですね。こまめな掃除でフィルター寿命を長引かせるのもいいと思います。

 

こういう空気清浄機にありがちなミスとして、空気がきれいになったような気がしていても、実際にはフィルターのビニールを取っていなかった! というものがあるでしょう。しっかりフィルターはビニールをはずして利用を開始しましょう。除湿機の方は水が満水に近づくと「浮き」が上がり満水を感知し除湿機能が止まるようにできていますので、水があふれることはありません。当たり前の機能ですがこのあたりに問題はありません。

空気清浄+除湿を思う存分に発揮するのはワンルーム、クローゼット

テストして感じられたのは静音性です。上面は電源、除湿機能オン/オフ、ファンの速度 高/低 が選べるタッチパネルになっているのですが、ファンが低の場合は通所の生活では音が聞こえないレベルだと思います。製品の対応できる部屋の広さは、約11〜15畳ですので、あまり大きなリビングルームなのでは他の製品が望ましいです。これは空気の撹拌能力によると考えていいと思います。ですので、hysure Q7がだめという話ではなく、コンパクトモデルで11〜15畳に対応するという製品であるということを認識した上で購入し、そういった広さの部屋で使う必要があります。

全体に静音であり、わが家はタバコをすいませんので、匂いはとくにもともとないのですが、運転後は部屋の匂い、生活臭などは薄れたように感じられました。このあたりはまた少し使ってみて追記していく予定です。見た目がシンプルで、音も出ず、部屋に馴染むデザインになっていますので、多くの方におすすめできる製品だと感じます。

湿度が高いと匂いが出やすくなると思いますので、この製品は除湿機能も兼ね備えておりそのあたりが理にかなっていると思います。本製品は何度も書きますが、稼働想定の床面積が11〜15畳であるため、それ以上の広さでは能力が落ちるもしくは期待通りの効果が得られない可能性がありますので、ワンルーム、1DKなどで利用するか、クローゼットで利用するなどの活用がいいと思います。

クローゼットでの利用も試してみましたが、1日に取れる水の量は750mlですので、2日かかってやっと満水になる程度になります。このあたりは強力な除湿機を使うともっと取れるのですが、ここは電気代と本体の価格などを加味して検討する必要があるでしょう。静かで低価格、じゃまにならないコンパクトさ、除湿も適度にできるそういった用途にhysure Q7は向いていると思います。

そんなわけで、わが家の場合は何度やクローゼットの利用をメインとすることにしました。もしそのような用途やワンルームで空気清浄機、除湿機を検討されている方がいましたらぜひどうぞ。

hysure Q7製品スペック

寸法:195*215*315mm、重量:2.7kg、電源:100-240V 50/60HZ 消費電力:45W
タンク容量:約1,000ml 除湿量:750ml(30° 80%RH)、適用床面積:約11〜15畳

タイトルとURLをコピーしました